寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

ボルネオのダイビング事情はバックパッカー向けではない  


ダイビングなんて基本的に貧乏バックパッカーのするものではない、と言われればそれまでなのだが・・・。タイ、フィリピン、エジプトあたりでは、海パン一丁で行っても一本2000円くらいで潜れるところがたくさんあって、そういうのと比べてしまうとボルネオ島は気軽に潜りにくい。

ボルネオには二つの超有名スポットがあって、一つはシパダン、もう一つはラヤンラヤンである。この二つのスポットはバックパッカーには高嶺の花である。

シパダンのほうは、いわゆる外洋の峰。こちらはかつて世界一と称された経緯もあって、現在では一日に潜れる人数が制限されていて、かなり前(一ヵ月半程度)に予約を入れないと潜れない。もちろん、値段も高い。ドミトリーで一緒になったカナダ人がシパダンのすぐ近くにあるマブールという島でダイブマスターコースのために長く滞在したらしいのだが、結局シパダンには一回も行けなかったということである。

ラヤンラヤンのほうは、領海のために珊瑚の周りを護岸工事した人工島である。したがってビーチ等は無いのだが、2000メートル級のドロップオフがいくつもあって、アジアでは珍しい透明度と共に、大型回遊魚や外洋らしい魚影の濃さで有名。しかし、ここへ行くためには、島に唯一ある高級リゾートの専用機で1時間以上飛ばないといけないらしい。やはりお値段も目玉が飛び出る。

他にも小さな島はたくさんあってダイビングができるところも多いのだが、比較的浅い場所で珊瑚を楽しむマクロ派向け。ちなみにややこしいのだが、「マクロ」は「マクロレンズ派」、つまり小さな生物を観察して楽しむ派、対義語は「ミクロ」ではなく「ワイド」である。ざっくり言うと、近郊のサンゴ礁などがマクロポイント、外洋の峰などがワイドポイントであることが多い。

もちろんマクロも綺麗で面白いのだが、近場のポイントでさえ、小さな島には安い宿泊施設が無い(どんなに安くても一泊3000円はかかる)のでボルネオ本島からボートで行かなければならず、安いところでも二本潜って15000円~。

ボルネオ本島のビーチでも楽しめるところはあるが、透明度は数メートルしかないらしい。家族連れがシュノーケリングを楽しむ程度。

以上、ドミのダイバーに話を聞いたり、現地のショップを覗いたり、ネットで調べたりした、頭でっかちの情報のまとめだが、だいたい合ってると思う。一言で言うと、ボルネオのダイビングは大儀である。ボルネオが特別なのではなくて、ダイビングという大儀なマリンスポーツのご多分に漏れず、ということである。もちろんお金がある人はスペシャルなダイビングができる場所なのだと思う。

あと、ダイビングのために買ったコンタクトレンズ忘れた・・・・・・・・・・・・・もうどうしようもない。

完全に僕の準備不足、調査不足、体力不足にやる気不足、ダイビング的には詰んでいる気がする。唯一、何か積極的にやることがあるとしたらダイビングだと思っていたのだが、はてどうしようか。


※ ※ ※

・トロピカーナロッジ(コタキナバルのゲストハウス)

P1050664.jpg

ドミトリー(ファン):20リンギ(≒600円)

P1050673.jpg

部屋は快適、清潔。ホットシャワーもある。ファンだけでも夜は寒いくらい。大通りから一本逸れていて、静かで良い。


・ごはーん

P1050669.jpg

タイとかでよくラーメンみたくして売っているクィッティヤオ(米麺)を炒めたもの。2リンギ(≒60円)でパックに食べきれないくらいつめてくれた。

P1050671.jpg

味見させてもらってうまかったので買った。チキンを小さく切って揚げたもの。ブレストキューブ。ワンカップ2リンギ(≒60円)。

P1050674.jpg

屋台は結構早く(19時くらい?)にお開きになってしまうので、夜食用に買った。もち米みたいな感じ。中に何か入っていて、味噌っぽいが何だかよくわからない。一個10円くらい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: スキューバダイビング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ