寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

でたらめ山暮らし  


昨日今日と、むてっぽーさんのブログ「でたらめ山暮らし」(リンクはサイドにあります)を最初から全部読み続けています。昨日は晩飯を食べてからコーヒーを飲みながら夜0時まで、でも2008年分までしか読み終わらず、今日も晩飯を食べてからコーヒー片手に2時間、ようやく読み終わりました。


まず、自分と似ている部分が多かったです。暮らしの経過も、人間的にも。記事も共感するものばかりで、「拍手」を30回くらい押しました。違うところと言ったら、酒タバコを嗜むところと、平均身長に満たない自分より馬力がありそうなところ?むてっぽーさんのところは雪がすごいようですが、うちはカブ一台で年中生活できる程度です。その代わり、敷地は広いらしいので、少しずつ開墾する楽しみがあるようですが、うちは本格的に菜園をやるには狭すぎて、羨ましい。


むてっぽーさんが繰り返しおっしゃってたのは、家庭菜園も、開墾も、セルフビルドも、廃材利用も、自分の土地の木の利用も、割に合わないってこと。つまり、金額の上では「タダで作ったよ」と言えるとしても、とんでもないエネルギーと時間がかかる。むてっぽーさんは今のログハウスを作るのに6年かかったらしい。非合理的だなぁと思うけど、まったく笑う気がしないのは、そういう変な不器用さには共感できるから。結局、人の病気を治しますとか、ペンキを上手に塗りますとか、宇宙のことなら何でも知ってますとか、登記ならまかせてくださいとか言って、世の中の仕組みの一部分を受け持って、それ以外のことは他の専門家にまかせる、これが一番効率のいい生き方なんでしょうね。一部の人間にはそれができないわけですが。


ただ、セルフビルド、あるいは安価な建物に関しては、お金も時間もかけずにやる方法がいくらでもあると思うので、Bライフという一般的な概念として、不動産を安く済ませるという方向性を掲げるのは間違っていないと思う。


自分の家に電線を延ばすために自分の土地に立った電柱に、敷地利用料を払ってもらえるとは驚きでした。冷蔵庫さえ何とかなれば、電気なんて絶対要らないんですけどね。あと、野菜が全部数十円のスーパーとかいう反則技も使っているようです。下水処理と獣害対策の記述が無かったけど、どちらもなるようになるって感じなのかな。細かい感想を書き始めればキリがないですが、とにかく下手な本を読むよりずっと有意義な時間がすごせました。


ブログの中で、何度もホームページのことが出てきては立ち消えになっているようだけど、要点をコンパクトにまとめたページがあったら絶対に役に立つと思った。私ほど興味がある人でも、全部読むのはさすがにしんどかったので・・・


読んだり想像したりしてたら、またいろいろ作りたくなってきました。今の生活になんら不便はないんですが、不便がなさすぎてこれ以上の広がりも無い。ああすればよかった、こうすればよかった、てのも多いですしね。いろいろ話を聞くに、競売か何かの中古一戸建てもコスパいいなぁと思ってたけど、やっぱり手作りで理想の家を建てたい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ■未分類
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


8 ■Re:無題

>MMさん
おもしろそうだけど、冷蔵の原理よりも、どうやって密閉を実現するかとか、そういう細かな点が素人には難題そう
今年の夏は忙しくなりそう

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/02/12 17:29 | edit



7 ■Re:気化熱の利用

>しろわんさん
だから何者ですか・・・
夏は、無理して冷蔵するより、腐ってみやがれ的な対策をするほうがよさそうですね。漬物干物などなど

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/02/12 17:26 | edit



6 ■無題

なるほど、素焼きの瓶方式は難しいのでしょうか、
日本では
昔の水瓶は、室内でも冷たくなると聞きましたが、それで冷蔵効果が出るまでかは、実際に作ってみないとわかりませんしね。

あと、湿度の問題がありましたが、別のスタイルで
http://www.gizmodo.jp/2010/10/post_7893.html
ここの発明の内容なら、どうだろうかとは思います。
これも実際に運用してみて、様々なケースや不具合もあるので、運用の工夫はいるでしょうが、なかなか凄いと思いました。

MM #79D/WHSg | URL
2011/02/10 19:35 | edit



5 ■気化熱の利用

高温多湿の日本には向いていない方法です。
冷風扇を使っていましたが、湿度の高い日は効果がうすい状態でした。
砂漠などでは素焼きの甕に入れた水はとても冷たいらしいですが。

しろわん #79D/WHSg | URL
2011/02/10 11:29 | edit



4 ■Re:冷蔵庫

>MMさん
100年前までは氷の冷蔵庫すら無かったわけで、いろいろ方法はあるみたいですね。
現代で電気を引かないのは逆にお財布にも優しくなく、「電気を引かない生活」という言葉が先行しているだけかもしれません。それこそ「有機農業」に憧れるみたいなモンで・・・

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/02/09 22:42 | edit



3 ■Re:無題

>はっさんさん
合理主義ってのが何を意味しているのかわかりませんが、おっしゃるとおり、少なくとも概念だけがひとり歩きしている「エコ」ではないと思います。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/02/09 22:29 | edit



2 ■冷蔵庫

素焼きの瓶や金属の器などを二重にして間に水を
含ませた保持材を入れて、蒸発の気化熱を利用して電気を使わない冷蔵庫というのがありますよ

発展途上国などでNGOなどが普及を進めているそうですが、ランニングに必要なのは太陽熱と水だけですし、構造も発展途上国の人でも作れるので、
非常に簡便な構造で、複雑な加工器具も要りません

ネットで探されると見つかると思います、非電化工房さんの冷蔵庫よりももっと簡便です
http://www.monogocoro.jp/tag/冷蔵庫
ここにもあります

MM #79D/WHSg | URL
2011/02/09 21:14 | edit



1 ■無題

寝太郎さん提唱のBライフは言わば究極の合理主義なんですよね。
結果的にエコライフみたいに見えても「結果としてそうなっただけ」でエコとやらの為に余計なエネルギーやお金をかけてるわけではない、と。

色々と感化され中です

はっさん #79D/WHSg | URL
2011/02/09 04:24 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ