寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

何ひとつ良いことが起こらない  


今はモアルボアルという所にいる。ここに来るのは二回目である。

セブシティからモアルボアルに来るローカルバスで、同じくモアルボアルにダイビングに向かうフィリピン女性二人と一緒になった。僕はモアルボアルは二回目、彼女らは初めてだったので、降車場所についてどうやら彼女らは僕をアテにしていたらしい。僕はといえば、全然記憶にないので、運賃集めの兄ちゃんをアテにしていた。で、結局、乗り過ごしてしまった。本来降りるべきだった場所までかなり長い距離をトライシクル(サイドカー付きのバイクタクシー)で走ることになって、彼女らが交渉してくれて、確かに「スリーシックスティーズ(60ペソ×3人)」と言っていた。彼女らと僕はビーチが違ったので、彼女らは先に降りた。そうして僕が目的地に着いたところで、トライシクルのドライバーが「150だ」と言ってくる。「いや、60って言ったでしょ」と僕。「彼女らは合わせて50しか払ってない。」いやいや、それじゃあ計算が合わないじゃないか、現地語わからないと思って口からでまかせを・・・。いろんな文脈や雰囲気から言って、彼女らがちゃんと払わなかった可能性はほとんど無い。でも、証拠は無い。もう面倒くさいので130出してサヨナラした。20まけさせたわけではない。「180だったはずのところを彼女らが50しか払わなかったんだから残りは130だね」と、せめてドライバーが作り損ねて失敗していたストーリーを完結させた。

とまあ、バックパッカーしてるとこんなことはいくらでもある。悲しいのは、あの種の人間が繕うフレンドリーな態度。「フィリピンは初めてかい?」「名前は?」「私は・・・て言うんだ、よろしくね」(笑顔で握手)それで結局、最後に嘘をつかれるか、ぼったくられる。それならいっそのことナイフでも突きつけてくれりゃいいんだ。

旅の風物詩として受け入れることはできない。悪人は悪人面をしていて欲しい。僕は、こうした「偽の経験」に対して、人間の脳がどのように対処しているのかよくわからない。非常に不快に感じる。日本でもそうだが、そうやって人の心に不信を招き、可能性を増やし、情報判断を複雑にさせている全ての人間に対して憎しみを感じる。人を信じるという数奇な機構が正常に機能している社会、それが「良い」社会だろう。そういう意味では確かに、資本主義は良くないというか、うざったい。

モアルボアルは本来静かな田舎町なのだが、安宿やショップがあるビーチ中心部はもう、夜まで大音量で謎の音楽が鳴り響き、バイクが屯しており、外見と値段だけ真似した偽の料理が跋扈し、全ての物価が狂い、「タクシー?タクシー?」「ウェアーユーゴーイン!」「マッサジー、マッサジー」というあのデリカシーとインテリジェンスとホスピタリティを一片も感じさせない下衆な声が飛び交い、既に何の趣もなく、観光地としては終わってしまっている。どうしてどこもかしこもこうなってしまうのだろうか。

ビーチにいると日本と同じくらいお金が出て行くのだが、ビーチから町までは3~4キロあり、屯しているトライシクルを使うと50ペソ取られる(地元民は10ペソ)。仕方が無いから僕は歩いて行ってる。で、途中で地元民を乗せたトライシクルを見つけたら止めて一緒に乗せてもらう。少し色をつけて15くらい払う。

とりあえず良くないのが、僕の唯一の趣味がダイビングだということだ。それこそ魚を釣って質素に暮らしていた第三世界の辺鄙な田舎町に生み出された超局所的な亜空間に行かざるを得ない。

理想を言うなら、安くて静かな宿、きれいなビーチ、旅行者を知らない地元民、ローカル食堂、シュノーケリングとハンモックでのんびりして、たまにダイビング。そういうところに行きたい。10年前のタオ島は奇跡だったのだ・・・。

それから、パソコンの故障とカードの不能が両方同時に来てゲンナリしている。パソコンのほうはCPUの問題らしく(DELLパソコンのビープ音7回)、一人ではどうしようもない。カードのほうはおそらく一度も使わずに放置してあったので停止されているようなのだが、カード会社に連絡を取る手段がない。旅行だけでなくいろんな出費が重なって、使えていたVISAカードもしばらく使えなくなった。こっちへ来てからそんなことばかりやっている。

もうどこの宿にもWi-Fiが飛んでいて、旅行者はスマホやタブレットを持ってきているのが前提となっている。安宿街で一時期盛んだったインターネットカフェはほとんど見当たらない。近くに唯一あったネットカフェは完全に地元の子供の巣窟と化しており、使っているうちにウィルスが10近く検出され、履歴を見たら過去の諸々がズラリと出てきたので、何もする気になれなかった。今は遠くまで来て、少しまともなネットカフェを見つけ、日本語入力をインストールして使っている。

はー、早くカードとパソコンなんとかしないと。いろいろ作業もできないし。ブログもネットカフェから書くと落ち着いて書けない。今読み直したが、長くてぐちゃぐちゃ。文句ばかり。消すかもしれない。


* * *

・ごはーん

P1050715.jpg

P1050714.jpg

ビーチからてくてく歩いてツーリストエリアを離れ、地元の学生に混ざってローカル食堂。手前はナスとひき肉の炒め物、奥は謎の肉。両方とてもうまかった。50ペソ(≒115円)。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: フィリピン

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ