寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

おかゆ食べたい・・・  


あぁついにマンゴーも・・・まずい・・・。食べすぎて飽きたという可能性もあるが・・・。

昔、何度もこういう事態、つまり味覚や食欲を犠牲にして抗生剤や解熱剤を摂取しなければならない事態があったはずだが、はて、一体どうやって回復まで体力保ってたんだっけ?点滴とか打ってたんじゃないっけ?食べ物を食べないで点滴も打たないとどうやら人は死ぬらしいですよ・・・。

はぁ、おかゆ食べたい・・・。真っ白なとろとろのお粥に梅干を添えて、鰹節を散らし、醤油を垂らして、スプゥンで一口ずつ食べたい。

Google先生、和の国より遠く離れたこのような地において、わがままは百も承知なのですが、わたくしめの近くにおかゆやさんはありませんでしょうか。

P1050813.jpg

あった。

P1050814.jpg

あったぞ。

P1050815.jpg

SMショッピングモールのフードコートの中にあった。トッピングにより、30~40ペソ(69~92円)也。

P1050816.jpg

なんか少ししょっぱい???本当にしょっぱいのか、自分の舌がおかしいのか、もはやわからない。サラダもしょっぱく感じたので、もしかしたらそういうことかもしれない。まあ、ちょっと期待外れだったものの、完食。ごちそうさまでした。

ぼけなすfuckingATM野郎に盗られたクレジットカードを奪回してからも、暗証番号を勘違いしていたりして、タクシーも乗れないくらいの現金不足まで追い込まれたものの、なんやかんやで本当にギリギリ滑り込みセーフで「開通」した。ひと安心。滑り込みアウトだったらどうしてたのかはよくわからない。体調悪くてそれどころじゃなかった。

まあ、食欲無いだけで戻しちゃうわけじゃないんで、適当に栄養は送るんで、あとは僕の体、特にマクロファージとか、ヘルパー・キラーT細胞とか、がんばれー。僕はキンドル無料本とか読んで待ってるんで、フレーフレー。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: フィリピン
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/07/27 18:03 | edit



もう、河川敷に帰ってください。いや、河川敷が嫌いになったんでしょう。
なんだかんだ言って、人が周りにいる方が良いのでしょう。

やっぱ河川敷より宿ですよね。寝たロウさん

もぬけの殻 #- | URL
2014/07/27 17:26 | edit



おもしろいです

No Name #- | URL
2014/07/27 17:11 | edit



今回のネタは面白くないね

No Name #- | URL
2014/07/27 17:07 | edit



なんだか

なんだかお金とか体調不良とかいろいろあっていつも何かに追い詰められている感じで何のための旅行なのか分かりませんね。

ラッシー #- | URL
2014/07/27 14:32 | edit



弱ってるときは余計に日本食が恋しくなるのでしょうね。
しょっぱかったとは言え、食べたいおかゆに近いものがあったのはよかったですね~。

私は梅干し毎日食べてます♪
ばあちゃんのつくった梅干しに母がつくったらっきょう漬け、
自分でつくった紫蘇ジュース。
親子三代のコラボレーションで苦手な夏を乗り切りますよ~。

自分の体は無数の細胞の集合体なんですよね。
自分の意識はその細胞たちのお世話をしていると言えますよね~。
そう考えると、自分の体を大事にしてやろうという気持ちが起こります。
どうぞ、ご自愛くださいね。

おばちゃん #02S5XAik | URL
2014/07/27 06:54 | edit



マラリアの予防とかは流石にしてますよね?

No Name #- | URL
2014/07/27 05:09 | edit



ふれーふれーね、た、ろ、う、の細胞っ!

an #- | URL
2014/07/27 05:03 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/07/26 23:02 | edit



達人バックパッカーの寝太郎さんにむかって上から目線でアドバイスしてる人がいてビックリ。
そういうのを釈迦に説法て言うんですよ。

みつを #- | URL
2014/07/26 22:29 | edit



俺はこの旅日記は好きだが、ネットでどうでもいい偉そうな
指示、講釈を垂れる趣味は無い

No Name #- | URL
2014/07/26 22:14 | edit



この旅日記には飽きれてるが、弱ってる奴をネットで叩く趣味はない。

ルーガウだと、元々味付けがされているので
おかゆとはだいぶちがう。
ま、食べたいものを食べるのがよいと思う。

それと、10ペソ、20ペソにこだわるな。それは
チップだと思え。チップを払ったら名前を聞け。
名前を聞いたら、翌日はそいつを使ってやれ。

No Name #- | URL
2014/07/26 21:53 | edit



医者の石原ゆうみ先生によると、空腹状態の時に免疫細胞は
ウィルスや病原菌をバクッバクッと貪食するそうで、それにより
病気は治ります。 夜寝る前に食べてはいけないのも、日々
体内に侵入してきた異物を寝ている間に免疫細胞に排除して
もらうためであると。

病気の時に「体力をつけないと!」とか言って何か食べ物を
食べると、血中にブドウ糖が大量に供給され、免疫細胞はそれを
食べて満足しもはやウィルス等を攻撃せず、逆にウィルスや菌も
ブトウ糖を食べてることで力倍増、ますます繁殖し体を蝕む結果と
なります。  病気になって食欲が落ちるのも、実はこうした体の
自然な抵抗力環境養成のためで、戦う優先順位を考えた場合、
飢えた狼のような免疫細胞を育てることこそ上位にくると。それは
空腹であるべきということです。 そうした非常時にしばらくの間
食べなくたって人間は平気ですし、平時でも時折行う断食は
健康を著しく増進させます。 以上石原先生の著作からでした。

猫田ポン吉 #- | URL
2014/07/26 20:57 | edit



無理をせず帰ってこられたらどうですか?
そちらの国よりも少し食べ物は高いけど
水も食料も安全で清潔ですよ。

バッタモン #- | URL
2014/07/26 17:24 | edit



うは

良かったー

ギリギリでハラハラ

Google先生頼りになるなぁ

kaz #- | URL
2014/07/26 16:51 | edit



20万円復活。
あと7ヵ月はアジアで暮らすんですか?
帰国は来年2月かな。
2月は東京でも寒いなあ。

世間は住みづらい #- | URL
2014/07/26 16:27 | edit



おれはみずげり止まらないもう一週間、海のすぐ近くなんだけどあまり海みにいってなくて宿でだらだらしてもう十日目
早くよくなるといいね、それにしても抗生物質えらくたかいね

yasu #- | URL
2014/07/26 16:25 | edit



開通って・・・何が?

出歩いているくらいだから回復に向かっていると思うのだけど、

開通ってのはカードの全機能が開通したって事?
「ここの読者はそれを心配していたと思うよ」

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/07/26 16:23 | edit



かわいそうに。苦しみの時間が長いわ。。。
胃も弱っているんだろうね。
でも、おかゆが食べられてよかった。
カードが使えるようになって安心した。

今の時期、やっぱりおかゆか、うどんかな。
素うどんか、卵とじうどん。
おでんの大根、豆腐。
卵豆腐。
消化の悪い固形物は、今は取らない方がいい。
下したり戻してしまうかも。

サンバー #1Ncfmy3k | URL
2014/07/26 16:01 | edit



しかし! ここから事態は急転回していくのでした (続く)

    #- | URL
2014/07/26 15:57 | edit



始めはちょっとした幸福を呼ぶ小さなお花、
そのお花とともに眠っていたはずの寝たろう先生だったのが、
今や生きる奇跡の現人神として、世界中にムーブメントを
起こしました。  

都市で不満を持って生活していた人間から、
戦争中の兵士までBライフ本をむさぼるように読み、
みな争うことの愚かさ、空しさを心から実感。
世界に真の平和と落ち着きがやってきました。

寝たろう先生は皆から愛され、たくさんの寄付が届くようになり、
本人は望んでないのに、いつしか巨大宗教法人の頂点に
立たざるをえなくなりました。


    #- | URL
2014/07/26 15:53 | edit



熱帯地域には慣れてない人がなる病気は多いから注意しないとね。本当に寝込んでしまって動けなくなることもあるよ。

ひろし #- | URL
2014/07/26 15:49 | edit



「お~い、ブログが更新されたぞぉ! Bライフのブログが更新
されてるぞぉ!」

「そんなばかな? 一体あれから何十年経ってると思ってるんだ。」

しかしそんなばかなことはあったのでした。  彼は倒れた後、
実ははいつくばってジャングルにたどり着き、そこに潜み
マクロファージなりキラーT細胞を復活させ健康体を取り戻して
いたのでした。

世界中のマスコミがこの件を取り上げました。 サムライ日本人
数十年の時を経て復活!  ジャングルからwi-fi使って執念の
ブログ更新!  センセーショナルな見出しが躍りました。 
「恥ずかしながら生きて帰って参りました。」
カメラのフラッシュを浴びながらの第一声

すげー!Bライフってすげーな。 究極のサバイバル術だ。
それに本人は謙遜してるが何気にフィロソフィーも深いぞ。
ブッダやキリストに通じるものがある。

世界中の人が復刊した彼の著作を読み漁りました。 

    #- | URL
2014/07/26 15:46 | edit



怒れるスピリットを鎮魂するために、立派な祭壇が設けられました。
長老が「そうだ!彼は倒れる直前”はぁ、おかゆ食べたい・・・。真っ白なとろとろのお粥に梅干を添えて、鰹節を散らし、醤油を垂らして、スプゥンで一口ずつ食べたい。”と言っておったぞ。」と言いました。

そしてお粥が神前に捧げられましたが、災厄は一向に収まりません。
う~む・・・  一同首をひねりました。  どうしてだろう?
塩辛かったのかな?   よし作り直し。
と試行錯誤が繰り返されていた丁度その時 (続く)

    #- | URL
2014/07/26 15:29 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ