寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

滞在期間自由、泊り込みで瞑想修行ができるタイのお寺 Wat Tam Wua  


タイ北部、パーイから車で約2~3時間(バンで1時間半、ローカルバスで3時間)のWat Tam Wua Forest Monasteryでは、泊り込みでヴィパッサナー瞑想の修行ができる。

滞在期間は自由である。予約も何も無しで突然行って、好きなだけ滞在して、「明日帰ります」と言って帰って来ればよい。というか、Wat Tam Wuaには公式ホームページもメールアドレスも無いので、直接訪ねていくより他にない。

宿泊設備は豊富にあり、一人ひとりに個室(バンガロー)が与えられる。運悪く満室だった場合でもバンガローが空くまで雑魚寝部屋があるので心配無用。

P1060281.jpg

こちらは女性用のバンガロー(Kuti)。きれいで新しく、少し高い場所にあり、景観がとても良い。

P1060255.jpg

男性はこちらのバンガロー。古いが十分快適である。トイレ、シャワー、電気、扇風機あり。

P1060226.jpg

僕が滞在させてもらっていたバンガロー。

ご飯(タイ料理、ベジタリアン)は本当に美味しくて、おかわりもできる。グリーンカレーなどはさすがに辛いのが出てくるが、おかずは何種類も並んでいるので大丈夫。お茶やコーヒーも飲める。

一日3回、各2時間のグループ瞑想がある。グループ瞑想はウォーキング瞑想から始まり、普通に座って瞑想、最後に横臥瞑想という流れである。夜はchanting(詠唱)もある。

ヴィパッサナー瞑想は真剣にやるととても疲れる。ぼんやりとしているのでもなければ、好き勝手に記憶の糸を手繰るのでもない。あれこれ記憶や想像を彷徨ってしまいがちな怠惰な心を、能動的に現実に引き戻し、現実に留めておくのがヴィパッサナーで、普通の人にとってはエネルギーがいる。個人的には、一日3回各2時間、これ以上はできないと思った。

P1060242.jpg

メインの瞑想ホール(Dining Hall)。

P1060261.jpg

サブの瞑想ホール(Dhamma Hall)。ヨーロピアンの人が掃除してくれている。

外国人の受け入れを最初から念頭に置いて作られた瞑想センターで、僧侶の方も英語が話せるし、Wat Tam Wua専用の英語の冊子(というよりほとんど本、全150ページ)も置いてある。

P1060211.jpg

この冊子を書いた先生(表紙の先頭の人)が中心になって、わかりやすい簡単な英語で指導してくれる。瞑想経験は必要なし。ただ、英語が堪能でない限り丁寧な指導は受けられないので、先に日本語の瞑想合宿に参加するか、ヴィパッサナーの本を一冊読んでから行ったほうがよいと思った。

また、人の出入りが激しいので、僧侶の先生は「今日は新参者がいるので、最初から説明したいと思います」と毎日言っていたような気がする。基本的には敷居が低い初心者向けの瞑想センターだが、向上心がある人のために本もたくさん置いてあるし、僧侶の方はとても熱心に質問に答えてくれる。

P1060270.jpg

敷地はとても広くて、ダイナミックな景観の中にウォーキング瞑想のコースがある。

外国人(30人~60人くらい)の男女比は1:2くらいで、女性のほうが多い。ほとんどヨーロピアンで、日中韓が一割くらい。他に、大勢のタイ人(100人くらい)が突然来たり、突然居なくなったりする。

参加費はドネーション(寄付)方式である。ドネーションボックスが置いてあるので、好きなときに自由額を支払う。

持って行ったほうが良いもの:
・上下白の瞑想服(チェンマイの普通のお店で130B~。ナイトマーケットやパーイのメインストリートなどでは高くふっかけられる)。貸し出しもある。
・蚊対策。蚊帳もあるし、蚊はほとんどいなかったが、気になる人は念のため。
・朝晩はたまに寒いときがあるので、襟の見えにくい白いランニングシャツのようなものがあると、瞑想服の下に着込むことができる。羽織るものは白以外も認められている。

パーイからの行き方だが、バスターミナルからメーホンソン行きのバスに乗って、途中で降ろしてもらう。運転手も「Wat Tam Wua」と言えばわかる。ローカルバスは60バーツ(≒180円)で11:00発、ミニバン(エアコン、タイ語でロットゥー)は150バーツ(≒450円)。ローカルバスはよく遅れる(雨が降ると一時間遅れなど)し、坂道が多いのに馬力が無いせいで全然進まない。おそらくバンの2倍くらい時間がかかる。ミニバンがお薦め。メーホンソンからも同様にローカルバスとミニバンが出ている。

ローカルバスやミニバンはチェンマイ-パイ-Wat Tam Wua-メーホンソンで行き来しているので、チェンマイから直接Wat Tam Wuaへ行くこともできるし、チェンマイへ直接帰ることもできる。

ただ、ミニバンはツーリスト用のとローカル用のと二種類あって(車は同じ)、チェンマイからメーホンソンまで行くツーリスト用のミニバンは無いので、チェンマイの宿や旅行代理店でメーホンソン行のミニバンチケットを買うと結局ローカル用のチケットを代理で予約してくれることになる。それだと宿まで迎えに来てくれるが、値段が400~600Bととても高い。それなら自分でチェンマイのバスターミナルまで行って、窓口でメーホンソン行のチケットを買えばいい(250B)。あるいは、チェンマイ-パイ160B(ツーリスト)、パイ-メーホンソン150B(ローカル)を別々に買った方が安いが、たぶんうまく乗り継げずパイで一泊することになると思われる。というわけで、チェンマイから直接行く場合のお薦めは、バスターミナルで自分でローカル用のチケットを買う方法。一時間毎にバスが出ている(一番早いのに乗れるかどうかはわからない)。

その他、バンコクからメーホンソン行の夜行バスがあって、夕方出て翌朝着く。800~900B。いろいろ乗り継いで来るよりかなり便利だが、Wat Tam Wuaで降ろしてもらえるかどうか不明。カオサン発のツーリスト用の500B前後のチェンマイ・パイ・メーホンソン行バスもあるが、盗難事件が多いようであまり評判が良くない。

その他ピックアップタクシーや飛行機など、交通手段は全てWat Tam Wua内の掲示にまとめられている。

P1060112.jpg

運転手はちゃんと止まってくれるはずだが、もし忘れていたときのために、「Soppongの休憩所から約25キロ」と覚えておくと良い。1キロ毎に道標がある。「Baan Mae Suya」の看板と小さな橋のすぐ後に、Wat Tam Wuaへ続く道の入り口がある。ちなみにBaan Mae Suyaは寺から2キロくらいで歩いていける最寄の村で、何か調達するときはここを使う。

P1060115.jpg

「Tam Wua Forest Monastery」の大きな看板がある所で降ろされるので、あとは徒歩で1300m。道は絶対迷わない。

帰りは、9:30にローカルバスが入り口の看板のところを通る。あるいは、事前に言っておけば13:30にイエローキャブ(乗合タクシー)が来てくれる。パーイまで、ローカルバスは60バーツ(≒180円)、タクシーは80バーツ(≒240円)で、タクシーは敷地内まで来てくれる。その他、メインロードには一時間に一本ミニバンが走っているので手を挙げて乗せてもらえばいいが、満員のことが多々あるので事前に電話すると確実である(細かいことは、Wat Tam Wuaの掲示にまとめられている)。ちなみに僕は、世話役の女性がタクシーを呼び忘れていたので、ヒッチハイクで帰った。そういう手もある。

P1060127.jpg

いろいろ作法があるのだが、とりあえず外国人ということで大目に見てくれるので、興味のある人は臆せず参加してみるべし。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 瞑想
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


>「少しでも褒められてたり持ち上げられていたりするとリンクしにくいので、貶されていたり批判されていたりするとありがたい。」

そりゃ、人のブログをリンクするときの話でしょ。自分を褒めているブログをリンクすると、貶されたり批判されたりするから、嫌なんだよ。悪口言われて喜ぶ奴いるか?それもただの揚げ足取りみたいな。

No Name #- | URL
2014/09/02 05:43 | edit



ブログの更新を楽しみにしているファンも多いので更新してほしい。
日本は寒すぎる。シトシト雨が毎日続く。
タイのスコールの方がマシ。

ほへ太郎 #- | URL
2014/09/01 16:55 | edit



>誰が自分の批判なんて聞きたがる?

「少しでも褒められてたり持ち上げられていたりするとリンクしにくいので、貶されていたり批判されていたりするとありがたい。」
(by寝太郎)

No Name #- | URL
2014/08/31 02:26 | edit



信長の野望で米施して民忠を調整するのと一緒の作業だよ

No Name #- | URL
2014/08/30 20:57 | edit



みんなそうさ。誰が自分の批判なんて聞きたがる?アフィで生きていけるなら、それもまた人生。

No Name #- | URL
2014/08/30 05:59 | edit



批判に耐えられなくて閉めたんだよ
自分が気分いいことばかりならずっと開けときたいんだろうけど

ずっと閉めとくとアフィにかかわるから

No Name #- | URL
2014/08/30 01:26 | edit



このブログ読むと、なんか口出ししたくなっちゃうんだよね。なんでだろう?

モスクワ駐在 #- | URL
2014/08/30 00:39 | edit



このblog読むと、なんか口出ししたくなっちゃうんだよね。なんでだろう?

モスクワ駐在 #- | URL
2014/08/30 00:38 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/08/29 15:23 | edit



粘着質で気持ち悪い、一部の人たちに辟易したんでしょう
コメ欄などいらんよ

No Name #- | URL
2014/08/29 04:42 | edit



コメント欄のオンオフの理由が知りたい
エンターテイナーとして客との距離を一定に保つためですか?

No Name #- | URL
2014/08/29 04:41 | edit



コメント欄のオン・オフがダムの放流みたいで

No Name #- | URL
2014/08/28 23:53 | edit



寝太郎さんが瞑想が好きだなんて思えない。
施しを受ける旅が好きなのだ。

柳田國男は旅の語源を施しを受けながら旅することだとか何とか言ったって、東大前教授の山下先生が言ってたぞ。

だから寝太郎さんの旅こそ柳田國男が言うところの旅に近いんだと思うのだ。

イカの塩辛 #- | URL
2014/08/28 20:21 | edit



よく金あるな~

寝たろう金持ちじやねぇ

あの人 #- | URL
2014/08/28 19:57 | edit



結局のところ

寝太郎さんはこの場所で救われたのだろうか。
「救われたい」と言葉を残した時期に前後して、日本での瞑想合宿に参加されたわけで、何か深い考えがあったのだと私は想像しています。

「悟りなんて」の記事では、救われるどころか瞑想さえも受け入れる事ができなかったわけで、はるばる海を渡ったこの場所に何があるのでしょう。

瞑想に特定の場所や気分転換が必要なのかどうか、長い人生の中で瞑想なんて行為を一度もした事のない私は理解する事もできず、むしろ混乱して・・・

いやそれとも、もっと精神的に高度な領域の話しなのだろうか。

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/08/28 17:53 | edit



>イカ

寂しんか。
話聞くで?

卍 #- | URL
2014/08/28 08:41 | edit



昨年は、花火を観に諏訪にいったんだよね。

花火よりタイ生活の方が充実している。
日本はさらに寒くなってきた。
タイも寒いのかな。

イカの塩辛 #- | URL
2014/08/28 05:01 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/08/28 01:38 | edit



ビザ延長1900バーツはタイも坊主丸儲けですね。
とりあえずチェンマイで手続きですか。
もうチェンマイ到着してるのかな。

チェンマイまで難儀だ。
ビザ延長も難儀だ。
ビザを取るとなると、もっと難儀だ。
その様子もアップしてください。

イカの塩辛 #- | URL
2014/08/26 05:42 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/08/26 00:05 | edit



瞑想服って幾らする?ピンキリ?

No Name #- | URL
2014/08/25 23:51 | edit



Re: タイトルなし

> 過去、お寺の滞在期間が最長でどれくらいの人がいるのか気になります。

昨年、6ヶ月滞在していた人がいたそうです。

寝太郎 #098mQ.iE | URL
2014/08/25 22:40 | edit



日本は中部は今年は涼しいです。

パーイは人気の町ですが、国境まで遠くないですか?
ノービザの更新時、面倒じゃないですか?

ノービザ情報待ってます。
どこにでるのかな?タチレクかな?



イカの塩辛 #- | URL
2014/08/25 21:29 | edit



街中Bライフの完成形?

寝太郎さんのBライフが森の中なら、この方は街中Bライフの完成形ではないでしょうか!

▼ちょい古道具ライフさんの記事から
http://nobrin7.exblog.jp/21019930/
(なんと目からウロコ的な二階建て)

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/08/25 15:03 | edit



自分が気に入らなければ信者ごと切り捨てる
気が済めばコメ欄開ける
都合いいことだけ「わかるわー」といってもらいたい

そんな精神レベルの人間が瞑想したぐらいで何を得られるって?

No Name #- | URL
2014/08/25 03:13 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/08/24 21:48 | edit



ゴエンカ方式は合宿に参加した事ありますが
先に読んだ本は歩いたり動きのあるヴィパッサナーだったので
始めは、ん?と思いました。

ヴィパッサナー瞑想は、ブッタが亡くなり、しばらく空白の期間がある為
どれが本物なのかわからないと言う事らしいので

やはり色々な瞑想からヒントを得つつ、自分なりに
探っていくしかないように思います。

宗教も自分のが本物だと皆さん主張しますが、
枝分かれした先っぽで、我こそは真理なり!と言うのは何だか
おかしな話だと感じずにはいられません。


真実を求めるなら源流を辿るのが一番なのかなと思います。

ヴィパッサナー経験者 #- | URL
2014/08/24 21:11 | edit



寝たろう面白い奴だなぁ。人嫌いなのによくここまで親切丁寧に書けるな。もちろん好きに書いていいんだけどね

No Name #- | URL
2014/08/24 20:39 | edit



これ見ました?

http://rocketnews24.com/2014/08/23/474564/

No Name #K.YSh4yM | URL
2014/08/24 20:01 | edit



写真が綺麗でコメントしたくなりました。あの瞑想ホールの床を掃除している人とか、その時の空気感とか想像してしまった。素敵な所ですね。

大水青 #- | URL
2014/08/24 20:01 | edit



過去、お寺の滞在期間が最長でどれくらいの人がいるのか気になります。

えみ #- | URL
2014/08/24 19:11 | edit



コメント欄開けたのは何故ですか?
何故、そこには触れない?

No Name #- | URL
2014/08/24 17:20 | edit



俺がおまんでおまんが俺で

寝太郎、おかえり。
いろいろ言いたいことはあるが、まあええ。
俺はおまんの趣旨を受け入れる。

せっかいオババ連中は無視せえ。どうせ碌な事書かん。

卍 #- | URL
2014/08/24 16:50 | edit



瞑想修行は興味ある人多そうですね。
コレはストレートにアクセス稼げそうですね。

たまにわけの分からないねたろうさん独自の観念系の記事がありますが、あれも結構アクセス多いんじゃないかと予想しています。
ずばり、炎上商法ですね。

コメントの閉鎖と開放の加減も的確ですし、勉強になります。

私も、アクセス狙ったりしてますが、なかなか思うように煽りに乗ってくれないんで、難しいです。
まあ、もともとアクセスが無いんで効果も薄いんですが・・・。

ちなみにグーグルアドセンスの審査ってページビュー(1日)どれくらいになったら申し込まれました?

やっぱ、アドセンスが一番ですか?
一番収入に貢献している広告は何があるでしょうか?

あと、ブログプロバイダーはFC2ブログが一番ですか?
私はアドセンス狙ってるんで、Googleのにしてるんですが、FC2のメリットがあれば教えてください。

すみません、いろいろ質問ばっかで・・・。
応援しています。

じょい #- | URL
2014/08/24 14:43 | edit



あっ!

コメント欄が開いている。

女の子の笑顔がナイスショット!

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/08/24 14:20 | edit



森のお寺

どこに向かってるのかと思ったら、ここのお寺だったんですね。
僕もここで3日くらい瞑想したことがありますが、いいとこですよね。

Noppodol #- | URL
2014/08/24 11:49 | edit



なぜコメント欄を再開したんですか?
笹井さんの自殺をバカにして叩かれたから閉じたけどもうそろそろほとぼりが覚めただろうと思って再開したんですか?

No Name #- | URL
2014/08/24 10:20 | edit



パーイはガンジャ天国だと思いますが、お寺でガンジャは吸えるのでしょうか。

No Name #- | URL
2014/08/24 08:31 | edit



日本は福岡からのコメです。
写真があまりにも美しいので、すぐ近くを旅されているように思われます。
素朴で美しいタイの旅事情。
瞑想ホールの透き通るような床。
素敵ですよ。
ご無事での気まま旅を、冷夏の福岡から応援しています。

田沼 #- | URL
2014/08/24 06:59 | edit



粘着質で気持ち悪い、一部の人たちに辟易したんでしょう
コメ欄などいらんよ

No Name #- | URL
2014/08/24 02:13 | edit



コメント欄のオンオフの理由が知りたい
エンターテイナーとして客との距離を一定に保つためですか?

CJ #z8Ev11P6 | URL
2014/08/24 02:08 | edit



よくこんなところにふらっと行けますね。。
さすがです。

真ん中に出てくる女の子がかわいくてびっくり。これはいい写真ですね。この合宿所にいた子ですかね。

No Name #- | URL
2014/08/24 00:42 | edit



おおらかでいいですね。いつかいってみたい。
ネット依存気味の生活から抜けることができそう。

No Name #- | URL
2014/08/23 23:31 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ