寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

旅を続けたいカッポン  


今後の予定について、つれづれ書きます。

タイビザがあと一週間(10月6日)で切れる。つい昨日か一昨日あたりに一ヶ月のビザ延長をしに行ったような、そんな気がするが、時間が経つのがとてもはやい。タイ国内での延長はもうできないので、いずれにしても国外に脱出するしかない。

日本を含めて、どこへ行きたい何をしたいという希望はないので、必然的にお金と手間とで選ぶことになる。昔なら陸路でラオス・カンボジアあたりに入るのが筋なのだろうが、今はもう、LCCでクアラルンプールに飛んでも値段的に大して変わらない(タイ~マレーシアで5000円程度)。陸路越境などというイベントは煩わしいだけなので、近隣国にひとっとびということになりそうである。


クアラルンプールに飛んだとして、その先は未定。

選択肢1.ランカウイ島あたりでダイビング。高いお金を払ってまでやりたいかというと、別にそうでもない。最近はもう、お金のかかることは一切やりたくなくなった。「easy come, easy go」は自分には当てはまらない。お金のかからない生活をベースに、お金のかからないイベントを楽しみたい。

選択肢2.クアラルンプールに留まる。バックパッカーの評判がすこぶる悪い大都市クアラルンプールにあえて留まる。

選択肢3.日本へ帰って出直し。クアラルンプールからだと、羽田片道12000円ほど。日本へ帰る一番のメリットは、9月いっぱいで切れるクレジットカードの海外旅行保険がリセットされること。旅の途中で入れる旅行保険もあるらしいが、一ヶ月で15000円~かかるので却下(参照)。

選択肢4.タイへ戻る。マレーシアでちゃんとタイの観光ビザを取得して、またタイへ戻る。なんやかんや言って、結局タイが一番。

選択肢5.別の国へ飛ぶ。インドなど。これもチケットの値段で決めることになりそう。

選択肢が多すぎて、自由すぎて困る。何かミッションがあれば、行き先のことなど考えなくてもよくて気が楽なのだが。本当に小遣い程度の報酬でも、ここへ行ってこれを買うとか、誰かに何かを届けるとか、何かの写真を撮ってくるみたいな仕事があればいいなと思う。


これは生活の延長であって、「旅」という感覚はない。したがって、終わるも続くもないのだが、とにかく国外での非定住生活は続く気がする。

ちなみに、タイ語で末尾に「カップ」を付けると丁寧語になり、「カッポン」を付けると最上級の丁寧語になります。



旅を続けたいカッポン。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: タイ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


自分至上主義自己中生活の何が悪いの?

No Name #- | URL
2014/10/02 05:31 | edit



なにが小屋暮らし、Bライフやねん。
ただの自分至上主義自己中生活じゃねーか。

No Name #- | URL
2014/09/30 21:11 | edit



 今後も海外放浪ですか・・・?。小屋生活の面倒くささ、不便さに嫌気が射して来たかな。もういい加減小屋暮らしのBライフの看板外したらどうですか。

あすなろ #- | URL
2014/09/30 20:02 | edit



卍はいつも下品なコメントしかしないな。

No Name #- | URL
2014/09/30 12:30 | edit



これだけ(夏の時期に)離れて小屋は傷んでないかな、
小屋の中の荷物、家具類は無事かなとかへの言及は
記事には載せないのでしょうか。  その辺のBライフに
関する変容があれば知りたいっす。  (例えば住民票を
置く国内拠点という意味合いだけになったとか。)

  #- | URL
2014/09/30 10:05 | edit



カポッと久々に女抱きたいわなあ。カポカポッとな。

卍 #- | URL
2014/09/30 08:59 | edit



ダイビングに関してはランカウイなら有名なレダン島近辺にあるプルフンティアン島、カパス島ほうがいいですね。季節的にまだギリギリ大丈夫。
コストを考えるとタイに戻りタオ島でダイビングのほうがよさそう。
KLやペナンはご飯だけは美味しいのでそこまで悪く無いですよ。

僕ならそれでも陸路でラオスですけどねー。

プーケッター #- | URL
2014/09/30 08:40 | edit



海外生活の自給

滞在許可の制限がなければ、このまま海外に居ても生活できるサイクルが出来ているってことだと考えている。

ビザや永住権の事はとりあえず置いておいて、
生活拠点を海外においたままで、日本の確定申告や保険などの手続きは現地からすべてオンラインで処理するってのは無理だろうか。

新しいライフスタイルの提案を期待している。
寝太郎さんのミッションは「海外でもやっぱりBライフ」に尽きると思う

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/09/30 04:36 | edit



一週間でタイビザが切れるというが、普通のサラリーマンは年に一度一週間休暇を取るのが精いっぱいだったりする。それが就職してから定年まで続き、定年になったら健康不安を抱えながら与えられた余生を貯めこんだ貯金とともに生きる。子供の非行等、何事もなく死ねれば、よい人生だったことになる。

モスバーガー #- | URL
2014/09/30 03:20 | edit



easy come,easy goは自分には当てはまらない、のくだりを読んで「寝太郎さん貯めこんでるのかなー」とか下衆いこと考えてしまいました。早合点ですかね。

No Name #- | URL
2014/09/30 00:04 | edit



>寝太郎さんへ どうでも良い事ですが、選択肢「3」をお勧めしますよ!

どうでも良い事ですが、選択肢「3」をお勧めしますよ!

私の3000日以上の今までの旅経験から言わせて頂ければ、論理的に考えても、一度帰国した方が良いでしょうね!

理由
1. 海外旅行保険が切れること。
2. キャシュカードだか、クレジットカードだかの残高に不安がある事。
3. 山梨県の小屋は、ボロボロなので、2~3ケ月に一回は、屋根が落ちていないか確認が必要な事。
4. 日常的な旅にしろ、3ケ月位が、旅の一つの目安で、なんでもそうですが、腹八分目で止めるのが、一番思い出に残り、また、旅に出たくなるものです。

源さん #- | URL
2014/09/29 21:32 | edit



東大理Ⅱ合格(理Ⅲなら尚良し)がご両親の与えたミッションで、欲しい物も買ってもらえず、ひたすらガリ勉をさせられた印象があります。

燃え尽き症候群に苛まれる糸が切れた風船みたい。

No Name #- | URL
2014/09/29 18:49 | edit



フィリピンのアンヘルスに行ってください。

かわいい子と無料デートができるかレポートお願いします。

お金のいらないギャルがいるかなー?

あぼーん #- | URL
2014/09/29 17:39 | edit



楽しく拝見しています。
若い頃にタイ→パターンで色々旅しましたが、
陸路でカンボジアのバッタンバンって街も良かったですよ。
何も無い農村地ですが、カンボジア3番目の街です。
たしか、バスで7時間位だったと思います。

マレーシアはご承知の通り大都会でお金が
スグに無くなりますよw
ペナン島も良いですが、節約ならカンボジア!

No Name #- | URL
2014/09/29 17:20 | edit



大昔読んだ深夜特急でマレーシアならペナンが良いと言っていた

No Name #- | URL
2014/09/29 15:53 | edit



なにが寝太郎だよ
めちゃくちゃアクティブじゃねーか

No Name #- | URL
2014/09/29 12:55 | edit



ソムタムってソースが2種類あって
ナンプラーをかける方は美味しくない。
外人だと、わざわざ気を使って
ナンプラーと混ぜてくれるので
初めから壺を指指して、壺のソースを指定したほうが良い。

タムラーオ、タムタイなど中身の具で値段が違う。

寝太郎さんは初心バックパッカーとか言いながらソムタム派であり、
地元の人がたくさん集まる店に突撃するなんて、とても初心者とは思えない。

寝る次郎 #- | URL
2014/09/29 10:25 | edit



そのまま年越しとか

旅が日常になるのもいいんじゃないかと思う。

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/09/29 08:25 | edit



カッポムって聞こえます。
ムなのか
ンなのか
日本語だと
重要ではないです。

寝太郎さんの場合、
稼ぎがあるので確定申告の時期は帰国?
あとは日本も用事もないのでアジアぶらぶら。
ナイスですね。

寝る次郎 #- | URL
2014/09/29 08:24 | edit



中東で戦場見に行こうぜ

No Name #- | URL
2014/09/29 08:04 | edit



僕も自由になりたいカッポン

80 #- | URL
2014/09/29 05:30 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ