寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

対応が悪い宿の使い方  


安宿が面白いのは、同じ値段でも設備からロケーションからスタッフからあらゆる面でピンキリで、何があってもおかしくないというところ。日本の宿だったらある程度均一化されていて、最低限の設備・清潔さ・サービスが保証されている。だから、日本の宿で「部屋を見せてください」なんてことは滅多にない。その代わり、その安心にかなりの高額を支払う。

タイでも既に均一化されてきてはいるものの、それでも「ありえない宿」というのはたまに存在する。100B(≒300円)くらいだとどんなボロにあたっても怒る気はしないが、逆に信じられないくらいいい宿のときは嬉しい。これも「生活のベースを低く保つ」ことのメリットの一つだと思う。良くなくてあたりまえ、良いことがあればラッキー。人生、良いこと尽くめにしようとすると、疲れちゃうからね。

最近行ったチェンマイの「Walkinn Guesthouse」は本当に酷い宿だった。名前を出しているのは処罰感情からではない。名前を出したところで大した影響はないだろうし、面白いものが見れるので是非行ってみてほしいし、どうせBooking.comでも見ればすぐにどの宿かわかるからだ。

P1060421.jpg

一回目に行ったとき、受付のようなところでひょろ長い年齢不詳の少年(10代後半?)が大きなヘッドホンをはめてマウスをカチカチやっていた。何やらゲームに熱中しているようである。「予約したんですけど」と言ったら「ちょっと待って」と言われ、ゲームが一段落するまでしばし待たされる。僕はそれでもいろんな宿を経験してきたし、そのときも「ゲームでもしてんの」と笑って待っていた。応対は極めて雑だったが、一回目はそれだけのことだった。

最近、もう一回利用した。チェックインしようとしたら、やはり少年がゲームをしていてこちらを見ない。「予約したんですけど」と言うと、ヘッドホンを外して舌打ちし、突然ブツクサ言いながらキレはじめた。おそらく「なんでこんなタイミングで来るんだよ」みたいなことを呟いているのだろうと思う。もちろん僕の顔は覚えていないし、別の中国人の予約者と混同してパニックになっている。僕に向けた言葉は「パスポート」が最初で最後だった。乱暴に邪魔者を処理すると、またヘッドホンをかぶってしまった。

この少年はオーナーの息子らしく、朝の9時から夜の12時までずっと同じ机でゲームをしている。宿の客は出入りの際、その前を必ず通らなければならない。Booking.comのレビューでは「彼のゲームを決して邪魔してはならない!」みたいな冗談レビューもあった。たまに絶叫が聞こえてくるのだが、おそらくゲームに勝ったか負けたかのどちらかであろうと思う。

チェックアウトのときもゲーム中で、唯一放った言葉が「ブランケットは上?」だった。一瞬、何を問われたのかわからなかったが、つまり「ブランケットを持ち去ったりしてない?」ということだ。確かに僕は山高帽にスーツの英国紳士ではなくサンダルにTシャツの貧乏バックパッカーだが、いくらなんでもそんなこと聞くかね。というか、たとえバックパックの中にブランケットを忍ばせていたとしても「この中です」とは言わないだろう。

しかし、そのスタッフの対応を除けば、実はロケーションもよく、120B(≒360円)のわりに設備もよく、部屋も清潔で、とても良い宿なのだ。

P1060414.jpg

そして、少なくともこの宿の対応には「嘘」や「虚構」がない。虚構によって値段が上がっているということもない。彼はゲームが面白く、客なんてどうでもいいのだ。そのことによって僕は何の損もしないし、笑顔で迎え入れられたからといって何の得もしない。

それどころか、Booking.comのレビューでもこの息子のことばかり挙げられていて、その一点によって評価は最悪である。まともな神経の人なら絶対に二度と訪れないし、おそらくチェックインの時点でお断りするだろう。おかげで、この宿はいつ行ってもガラガラ、広々としたドミトリーを僕一人で使い放題なのだ。僕はこの悪い宿を喜んで使いたいと思う。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: タイ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


お前の両親はお前の事心配しないのか?

山田 #- | URL
2014/10/31 11:40 | edit



昔メーソットで掘っ立て小屋にゴザを敷いただけの安宿に泊まったけどゴザの下に無数の虫が蠢いていてそれ以後どんな宿でもましと思えるようになった。支那などはサービスの意味を知らない服務員が受付でケバブを食いながら面倒くさそうに対応するし、正直受付の人間の対応とかどうでもいいね。この宿は過干渉とは程遠いとても良い宿みたいね。

No Name #- | URL
2014/10/04 22:15 | edit



寝太郎さんは、他人の言動に左右されない方ですか?
私は左右される方なんで、嘘でも虚構でも対応が良い方がいいなぁ。ある程度は。
対応が良く見えて、サービスが悪いのも嫌ですけども。

No Name #- | URL
2014/10/04 22:11 | edit



酷い宿なのかそれとも良い宿なのか どっちなの?

No Name #- | URL
2014/10/04 19:44 | edit



寝太郎さんは自由を重んじているので、他人とかかわりたくないんですよね。
人に頼るのも頼られるのも、人を支配するのも、人に支配されるのも、性分に合わない。

無無 #LkZag.iM | URL
2014/10/04 11:14 | edit



変なガキが受付やってる以外は良いゲストハウスなんですね。
今度、行ってみよう。

洗浄カメレオン #- | URL
2014/10/03 22:09 | edit



寝太郎さんは今はB&Bライフです。

BED&BREAKFAST生活。
底に流れるものは同じです。
朝飯と寝床を自分で作らなくなっただけ。
誰にも邪魔されない自由な生活に何らかわりはないのです。

寝る次郎 #- | URL
2014/10/03 09:18 | edit



ゴメンなさい!

このブログを寝太郎さんの非定型的な定型物語として読んでしまっていた。

人を型に嵌めちゃだめなんですね。
小屋にこだわらず、日本とか海外にもこだわらずBライフ続けてください。

あっ、もしかして「Bライフ」って型に嵌めてしまったかも・・・

そのー、つまり、うーん、成り行きで生きていってくださいって言うのも失礼だし、
やっぱこのブログ難しいわ。

でも毎日、ブログの更新を楽しみにしています。

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/10/03 07:55 | edit



僕は寝たロウさんが、昔、バイト先の上司に凄くムカつかれていた理由がわかってきました。ありがとうございます。

お願い #- | URL
2014/10/03 07:15 | edit



Bライフ(スマートライフへの出発点)
??????????????

??? #- | URL
2014/10/03 03:44 | edit



ブログを読まれている皆さんへ 寝太郎さんは今、怠惰中(次のステップに向けて休憩中)で~す(^o^)

まず、長文になる事をお許し下さい。

寝太郎さんは、ベースとなる、山梨県の小屋での食生活を含む生活システム及び、短期アルバイトや論文のためなどの情報取得の生活システムとの2システムを、大体確立したので、休憩中なんですよ。

Bライフ(スマートライフへの出発点)を始めた人にはわからないかもしれませんが、ベースが出来たと云う事は、山で言えば、峠で一服して団子を食べている状態なんですよ。
私も、1つ目の小屋と、井戸工事や電気工事が終わり、取りあえずのベースが出来た時、6ケ月間位、旅モ~ドに入りました。
例え、基礎の無い小屋を建てるのだって、とても大変な事なんですよ。
しかも、私と同じように、重機も使わず、電動工事も余り使わず、小屋を建てると云う事は、本当に大変です。

私的な話ですが、昨日、無事、約100日間の旅から帰還しました。
また、私のコメントに、批判が出ている事と、今月6日から、3ケ月間フルタイムのお仕事に入るので、コメントはこれで最後にします。
不快な思いをされた皆さんには、
ここで深く謝罪させて下さい。

最後に、寝太郎さんへ
あなたの社会性だけが悪いのではなく、日本社会がガラケーな事がもっとも、大きな問題なんです。

では、皆さん、お元気で~ぇ(^_-)

源さん #- | URL
2014/10/02 22:06 | edit



写真で見る限りかなり清潔なGHですね。

ys #- | URL
2014/10/02 12:47 | edit



タイでたまにこういう対応されるけど、タイだとなぜか笑って済ませられる。

No Name #- | URL
2014/10/02 08:02 | edit



10月下旬になると、オンシーズンになるので
そのドミトリーも毎日欧米人で満員になっちゃうのかな?

寝る次郎 #- | URL
2014/10/02 06:58 | edit



チェンマイ行ったらぜひその宿に泊まりたい!

あはっ! その宿、実は安くて快適な宿なんですね~♪
この記事読んだ日本人客が増えて、ゲームができなくなるかもしれないですよ。

この前サブウェイでサンドイッチを注文したら、なぜか機嫌の悪い店員さんに、パンに乗せたはずのレタスとピーマンを目の前で捨てられました。

自分の感情を何も知らない客に剥き出しにしてくる場面にはよく出会う。
またかーと思いながらお金を払って店をでました。
(日本じゃないし、もう慣れた)

あっ、でもサブウェイにはまた行きます。
だって12インチサイズが5ドルのキャンペーンがあるんです。

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/10/02 02:07 | edit



すでに配信業がメインで、ついでに宿の管理人やってる説まである
そういう生活もまたいいな

No Name #- | URL
2014/10/02 01:28 | edit



毎日朝9時~夜12時までぶっ通しでゲーム出来るとかすげえ根性だな
その様子をtwichとかで配信すれば結構有名配信者になって
小銭稼げんじゃねえのその少年

No Name #- | URL
2014/10/02 01:25 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ