寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

「一生留守にしておける家」を建てたい  


自分の小屋暮らしにおいて、狭さとか、生活の不便とか、暑さ寒さとか、虫とか、コンポストトイレの(見た目の)汚さとか、そんなものは苦でも何でもないし、こんな適当な屋根でも雨漏りはないし、経年劣化や腐食や虫食いも今すぐにどうというわけでもないが、唯一にして最大の問題はカビだと思う。それは自分の経験から言ってもそうだし、特に他の人の話を聞いたりブログを読んだりしていてもそう思う。自分の小屋はビギナーズラックなのか何なのか、ずいぶんマシなほうだと思うのだ。

僕が最初に建てているときの目的だった「一生寝転がっていられる」のは確かにその通りで、人が住んでさえいれば問題ない。それは僕が5年近く住んでいてそう思う。

しかし、「一生留守にしておける」かというと、そんなことはない。それは僕が小屋を建てていた時にはあまり思い至らなかった観点であり(と言うと、他の問題点は思い至っていたかのように聞こえるが、他の問題点については思い至らなくとも比較的何とかなるものばかりであるというだけのこと)、しかも「一生寝転がっていられる」のと同じくらい重要なのだ。

それで、自分の小屋はいずれ建て直さなければならないと思っている。本当は屋根か床が抜けるまで住んでみたかったが、カビだけはどうしようもない。時期は、おそらく冬が明けてから、次の梅雨に入るまでのいつか。

僕が今でも小屋に興味があるのは、他人のためではなく自分のためである。自分がもう一度建てなければならないと思っているから、今でもアンテナを張っている。

次は「一生留守にしておける」ことを主眼において建てたい。「一生留守にしておける家」は、電気無しで可能なのだろうか?山の中の土地でも遂行可能だろうか?スモールハウスのサイズで可能なのだろうか?基礎と基準法はどうしたらいいのだろうか?いろいろ勉強しなければならない。

専門家の建てた小屋などを見てみても、いろんなデザインや、環境性や、あれができるこれができる、「住める」ということはわかるのだが、「住まなくてもいい」かどうかはよくわからないことが多い。本当に解説して欲しいのは、そういう素人が頭で考えてもよくわからないところなのだ。

カビ対策以外にもやりたいことはたくさんあって、純和風の庵にしたいし、大きなガラスを使いたいし、デッキが欲しいし、薪ストを組み込みたいし、便器を介さずにダイレクトに土中に還元されるトイレシステムを作りたいし、、、etc。

同時に、お金をかければ理想を実現するのは簡単だが、どれだけ安くできるかが勝負。最初に建てたときは怖いもの知らずで、選択肢も限られていたし、何しろ基準がダンボールハウスだったから楽だった。次はいろいろ迷うだろうなぁ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: リフォーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


一例4

動物に対して

パチンコやボウガンがあるとさらに良い。
特に小石を使用出来るパチンコは安価でありながら強力な武器だ。
現在はスリングショットと言うらしい。
簡易に使えるのは乗馬用の長鞭。
使いこなせればイノシシを追い払う事も可能。

PPP #ImRkbPPI | URL
2014/12/24 16:25 | edit



一例3

寒さ対策
ハクキンカイロと着る毛布があれば何とかなる。
出来ればアルミ蒸着のスポンジ断熱シートも欲しい所だが。

暑さ対策
日陰は何故涼しいか?
直射日光による蓄熱が無い為だ。
従って家の暑さ対策は屋根や壁の2重化の他に、屋根に枝切ってきて置いておくだけでも効果がある。
あとは霧吹き。気化熱を利用する。
一定間隔で屋根にまんべんなく水が撒かれると蒸発すると同時に熱も持って行く。
身体に霧吹きで水をかければ非常に涼しいのと同じだ。

PPP #ImRkbPPI | URL
2014/12/24 16:09 | edit



一例2

三角棚栽培法
三角形に棚を作る。まぁ詳しくは検索したら良い。
ビニールに土を入れて、半分や1/4に切ったじゃがいもを栽培出来る。

獣害について。
廃材屋等で貰ってくる板にクギをしこたま打ち込んだ物を置いておく。
逆さまに置いておけば、被害は減る。
鳥は4角と中央に棒を立ててネットを被せると被害が無くなる。

廃材屋は宝の山だ。

PPP #ImRkbPPI | URL
2014/12/24 16:00 | edit



一例

例えば、冬でも大丈夫なコンポスト
発砲スチロールケース:衣装ケース:衣装ケース
衣装ケースと衣装ケースの間には「動かない空気」を閉じ込める工夫をする事。
何故なら、「動かない空気」とはポリウレタンよりも強力な断熱材である。
家にしても同じで、壁が2重であれば冬場の断熱は素晴らしく改善する。
逆に夏場は壁の上部を開口出来る工夫があると良い。
何故なら温められた外壁は内壁との間の空気を暖めるが、温められた空気は上昇する。
従って外気の熱は内部に伝わる事が無くなる仕組みだ。
これは屋根にも応用可能だろう。

これの応用例として。
黒く塗ったパイプに水を溜めて、太陽が当たる方を透明にした箱に入れる。
太陽熱温水器は結構使える。

PPP #ImRkbPPI | URL
2014/12/24 15:51 | edit



タイニーハウス

高床式にしながら固定資産税がかからないという意味でも
トレーラーに載ってるタイニーハウスって価値がありますね

ykatsu #JalddpaA | URL
2014/12/11 15:05 | edit



具体的にどのような感じでカビが発生しているか
帰国後に詳細な写真か動画付きで記事にして貰いたいです。
それが快適なビーライフを推奨してきたことの責任をとることになります。

No Name #- | URL
2014/12/04 12:07 | edit



寝太郎、これが答えや。

『高床で壁を無くして鉄格子にせい。冬はブルーシートを垂らせば良し。』

防湿、防寒、防犯、全方位に配慮した究極解や。

予言する。
おまん、来年には高床式鉄格子の住人や。
コンサル料をもらおかな。


卍 #- | URL
2014/10/14 23:57 | edit



カビ対策

カビの防止は地面から床の距離を取るのが効果的です。
神社のような高床式か、1mぐらい砂利や玉石の上に建築するか、コンクリートでベタ基礎にするかです。
基礎を作り建物を固定すれば固定資産税が課税されます。
高床式の場合も敷石は必要です。平安時代以前の建築や遺跡でこの敷石を
見ることができます。建物の高さより幅が大きいと建物は形状が安定します。

fugyaou #- | URL
2014/10/14 18:06 | edit



寝太郎さん、皆さん、こんにちは。

湿気やカビをどう防ぐかは大問題ですね。私も試行錯誤の連続です。

私は九州で一戸建てに住んでまして、一年中住んでいても湿気から家を守るのに
手間とお金がかかってしまいます。

長期の留守はしませんが、お盆に数日家を空けただけで畳にカビが生えたことも
あります。革製品、金属、木部も湿気で傷みます。押入内は特に要注意です。

除湿機とか除湿剤とかアルコール消毒とか床下換気とか色々やってますが、正直
言ってもうめんどくさい・・・

すみません、自分の話ばかりしてしまいました。

寝太郎さんの住居なら家を空ける前に浴室用の燻蒸剤を焚いておけば、しばらく
効果があるのではないかと思います。次回は試してみられたらいかがですか。

ミニマムに憧れる者 #- | URL
2014/10/14 13:24 | edit



ベーシックインカム

配給制には強制労働がもれなくついてくる。
さすがにそれはイヤなんで、最近耳にするベーシックインカム制度はいかかが!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A0

コストパフォーマンスの優れているBライフとの相性も良いかもしれない。
(この制度が採用されれば、Bライフ長者が生まれる可能性もある)

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/10/14 07:18 | edit



>ドッツさん

貴殿はコンテナを買うたことも無いのに、コンテナを勧めるの?
夏冬どんな煉獄になるかも知らんのに?

貴殿らしからぬチャチャやでこれは。
反省せい。


卍 #- | URL
2014/10/13 22:21 | edit



海上貨物用コンテナに一票

留守にできる家、面白いですね。

私は、すでに書いている人もいますが海上貨物用コンテナの利用に一票です。
木造は換気や外装の塗り替え、シロアリの脅威、天災対策などの定期的なメンテナンスが必要になってきて安心して留守にはできないかなと思いますね。
コンテナを日陰になるところに置くかして夏の気温上昇を極力抑えて中に置いてあるものが高温でダメージを受けるのを防いで。
穴をあけるか盛るかでコンテナを土に埋めちゃうのも中の温度上昇を防げていいかもしれないですね。
土に埋めちゃえば断熱材の施工もいらないかも。
考えてたらとても魅力的に思えて来たから余裕ができたらうちも埋めるコンテナの設置を考えてみようかな。

dosB69 #3un.pJ2M | URL
2014/10/13 17:11 | edit



もう小屋暮らしには疲れたってのが正直なところでしょ

No Name #- | URL
2014/10/13 10:34 | edit



寝太郎さん、台風大丈夫かなぁ。

天下一 #b6t4Lcr6 | URL
2014/10/12 23:54 | edit



素材を昔ながらの物を使えば湿気は大丈夫では??
壁は竹簀、土壁、漆喰みたいなもの。

お宝をしまってある昔ながらの倉なんかは、
何年も開けてなくてもカビ生えませんしね。

ただ施工、資材費は大変かもしれませんがw

通りすがりものですが。。。 #- | URL
2014/10/12 15:47 | edit



うんうん

壁をなくして、物語を語らず、自由な発想で生きるのがBライフ!

ログハウスを建てて田舎で自給自足みたいな事を考えていた私にとって、
建築許可の要らない六畳小屋を建てて住むってことは、思いもよらぬ発想で衝撃的だった。

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/10/12 13:03 | edit



寝たままではいられんのです

定期的に薬剤を撒くしかないでしょう
庭には除草剤
家には防虫防カビ剤
こまめにやるなら季節ごと
最低半年に一回

テントだってカビは生える #AvxfIHTw | URL
2014/10/12 03:03 | edit



本拠地であるアパートを借りっぱなしで、地方に勤務したことがあります。
毎週週末は戻ってくるのですが、寒冷地なので、水道が凍結するなどの問題はあります。

換気の問題と、水回りがどうなるか。ですね。
金属性のコンテナを購入して、そこに組み立て式の家を長期不在時にパーツとして保管するというのは手ですね。

とりあえず、コンテナで寝泊まりすつつ、再設営するようなイメージです。

nao #- | URL
2014/10/11 11:44 | edit



人が住まなくなった家は急速に荒れます。ホント、人魂があるのを信じてしまいます。実際は換気-空気の流れなんでしょうが。3-6ヶ月ごとに雨戸開けるだけでかなり違う。

で、普通だと一生留守にしておける家は無理。思いつくのは岩穴くりぬいたり洞窟の家。中国のどっかの遺跡を見た覚えがありますが、きれいに保存されていました。寒暖の差を狭めるのがポイントなのかも。

換気を良くしようと思いつくのは、いわゆるタイ族の高床式住居ですが、あれは長く持つって造りではないですね^台風きて壊れたら立て直すって感じでしょうか

ut #- | URL
2014/10/10 19:36 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/10/10 19:21 | edit



落ち着けって。

寝太郎、壁や。
壁をなくせばええ(意味深)

卍 #- | URL
2014/10/09 07:31 | edit



"Go home and love your family."
By Mother Teresa

たまには実家へ帰省してご両親に元気な姿を見せてあげてください。

No Name #- | URL
2014/10/09 00:07 | edit



建替えを視野に入れているとは意外でした。  私の勝手な想像では
寝太郎さんをサポートする人的ネットワークが実はあって、時々誰かが
小屋をおとずれ換気してるのかなーとか、そういうネットワークが
作れるごとき人間性がないと小屋を拠点にした外遊もできず、
一生その土地に縛られる生き方を小屋建築の時点で選んでしまうのか、
とか思ったりしておりました。  

ソーラー換気扇とかいろいろな案がありますが、実際どうでしょう。
前に湿気がすごいアパートに住んだことがあり、除湿機を買って
稼動させたところ電気代がすごいんです。  家賃低くおさえるために
そんなカビだらけの部屋に(住んだ後にあまりのひどさを実感し)
住んだのに、高額な電気代で意味なくなりました。
よく大家さんが空部屋にカビ発生しないように除湿機を無人の部屋で
回したりしますが、他に有益な方法が見当たらないからその選択肢を
選ぶのですよね。  
寝たろうさんの小屋に対するプロフェッショナリズム?はそうした困難な
問題を克服、改善しちゃうんでしょうか。 NHKのプロジェクトXを連想
させます。 また青色発光ダイオード、光らないとされた素材で発光させた
科学者達の執念に似た感じ。  長期間留守にしてカビ問題が起きな
かったらノーベル賞もんですよ。 特許とって大儲けできますね。
とはいえ今のところカビ問題はあるということが把握できました。
率直な記事を書いて下さり有難うございます。  
自分の場合(多くの人もそうでしょうが)今の仕事に縛られている生活が
時に嫌になり、やめて放浪するかあ、しかし貯金も底を突いて元の生活に
戻りたくなった時天涯孤独の身ゆえ緊急連絡先もないので再度アパート
借りるのも難しい、、自分所有の土地、小屋、うんBライフ、Bライフが
諸々の葛藤を解決するじゃないか、と思いましたが、小屋は帰ったら
住めたもんじゃない可能性大。 でも寝たろうさんのイノベーション待ち
請う御期待という感じですかな。 同時に何事も何かしら問題点はある
もので、そういういろんなのを抱えつつ人生の選択をしなくちゃいけない
んだなと、「めんどくせ」という当たり前のことも分かりました。
とにかく未開拓の分野をひとり切り開く寝たろうさんへの尊敬の念を
少し深めましたよ。  誰かに突き動かされてそうするんでなく、自分の
内側の感覚で実行されてるのは天性の才能と思います。  普通は
世間の標準を何も考えずに受け入れるのが楽なんであって、怠惰の
代表のように見えるBライフは、苦労も多そうで創意工夫も必要で
あーこりゃこりゃという感じですかな。すいませんまとまりませんでした。 

   #- | URL
2014/10/08 23:15 | edit



ゴメン、ポストも東屋もなしネ

実は長期間留守にしておいても気にならない家というのはとても興味がある。
私の場合、日本に土地を買ったとしてもビザの関係で最長6ヶ月しか滞在できない。なのでポストと東屋では心もとない。

んで、もっといい事を思いついた。コンテナです。
でもコンテナハウスじゃないです。資材としてのコンテナなら固定資産税もかからない。

10fの一番小さいコンテナに郵便物受け取り用の小さな窓を作ります。
もちろん雨水が入らないようにします。それだけ!

コンテナの中に家財道具すべてを保管しておいて、国内旅行や海外へ!
放浪から帰ってきたら、テントを設営してアウトドアライフ。

ただしテントはアメリカ人がオートキャンプで使う大型にこだわりたい。
http://www.walmart.com/ip/Ozark-Trail-20-x-10-Instant-Cabin-Tent-Sleeps-10/28911611
中は立って歩けて、ストーブやテーブルそしてビーチチェアと簡易ベットなどを置く。

台風が来たらすべて撤収してコンテナへ避難。
湿度が気になるなら屋根にソーラーパネルを設置して、24時間で除湿機を稼動させておく。予算はコンテナ込みで30万くらいだと思う。さらに電話一本で引越しも可能。

これでどーよ!

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/10/08 16:24 | edit



カビの生えたタイ女性のアソコに寝太郎さんの固い肉棒をウンザリするほど突っ込んで掃除してあげましょう

あぼーん #- | URL
2014/10/08 15:33 | edit



煩わしさから逃げれる場所が不変的に在るのは安心できていいかもしれませんね

No Name #- | URL
2014/10/07 12:56 | edit



Bライフは長くは続かない生活スタイルだということだね。
収入ある人はいいけど、高村さんの本を読んで限られた貯金を取り崩して生活を始めちゃった人は、今頃後悔しているのだろうか。
全ては自己責任の一言で片付けられる話ではあるんだけど。

No Name #- | URL
2014/10/07 08:52 | edit



頑丈な郵便ポスト

放浪する事を前提とするならむしろ小屋じゃなくて、
鉄で作った大きなポストと東屋ならどうだろうかと考える。

時々戻っては郵便物をチェックして、東屋の下でテントを張る。
今回みたいに台風が来たときは、ライダーズハウスや民宿へ避難。
もちろん気が向けばいつでも海外へ!

もし買った土地に洞窟なんてあれば、東屋さえも要らない。
(洞窟に住む場合に何か許可がいるのかは不明)

それから参考になるか分からないけど、
海外に長期滞在しているときはこんなんが便利。
http://www.dankedanke.co.jp/



★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/10/07 05:29 | edit



変なの

「一生留守にしておける家」なんて気負わなくとも、次はもう少し湿気に強い家にすればいいんじゃないですのん? 「一生ナントカカントカ」なんて、誰に対しての営業トークですのん?

猫 #- | URL
2014/10/06 22:45 | edit



アフィマン寝太郎は将来社長になり豪邸に暮らすのであ~る。

セリリン #- | URL
2014/10/06 19:43 | edit



うちの小屋は下がコンクリートなので夏は暑く冬寒い。
15年経ったがカビは無し。虫も来ない。
(物置として住んでいないからかもしれない。でも住んでも
きれいさを保てる気がする。)
見た目ボロイけど最初からボロかった。
(園児までに笑われた。)
外観はずっと変わっていないってこと。
今後も変わらないと思う。
金額は、戸を一部あるものを利用して大工さんに建ててもらって41万。

サンバー #1Ncfmy3k | URL
2014/10/06 17:19 | edit



海外も小屋もやっぱり楽しみ

「うーん」普通の小屋暮らしから次の展開があるんですね。
Bライフって型や物語に嵌めるつもりはありませんが、
やっぱり寝太郎さんの今後が楽しみです。

気負いせず、周囲の目を気にせず、自由にやってください。
もちろん海外でのBライフも楽しみにしています。

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/10/06 14:11 | edit



ソーラー換気扇

 激しく同意いたします。
 山林に住んで2年、アスファルトとコンクリートで乾燥した市街地では思いもつかなかった最大の敵です。空気が滞留するからと思い開けっ放しにしていたらよけいカビました。晴れに窓を開け、夜や雨は窓を閉めるのが一番ですが不在時にどうするか。
 換気扇をソーラーパネルで動かせば、自動でこの動作をやってくれそうです。発電量と負荷量をうまくバランスさせるのが鍵になりそうなので来シーズンの梅雨に実験してみるつもりです。

usamit02 #- | URL
2014/10/06 07:14 | edit



木炭を基礎にたくさん置いとくというのはビフォアフとかでもよくやってる。
後は信頼できる人に風通してもらうか、住んでもらう。

No Name #- | URL
2014/10/06 07:07 | edit



>にゅー

今は住んどらん。
今の俺は下層組織人や。去年言うたやろ。

卍 #- | URL
2014/10/06 02:52 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/10/06 02:12 | edit



卍さんてテント暮らしだったんだ
ベースは組んでその上にテントかぁ
ブログで発信し欲しいな

家建てる代わりにプレハブ買うのはどうなんだろう
プレハブっていっても結構おねだんするけれど・・・
プレハブに少しの間住んでみたことあるけど
夜になると雨音がすんごいうるさかったなぁ

にゅー #mQop/nM. | URL
2014/10/06 02:11 | edit



俺の話

俺か?

俺の場合は6ツ脚の高さ1300くらいの高デッキを造ってな、そこに庵ゆうんかな、壁なしの片流し屋根をかけた。
夏場はデッキの上に蚊帳吊って寝てた。
冬は寒いから四方にブルーシート垂らして、中でテントや。
13年経つがカビを意識したことは無いな。
脚が腐ったんで脚を付け替えたことはあったが、これは他の脚が生きてれば一人で人力でできる。

参考になるやろ。
礼は要らんよ。

卍 #- | URL
2014/10/06 01:38 | edit



やっぱし石造とかレンガですかねえ
日本の気候ならカビはものすごく生えるけど少なくとも躯体が腐って落ちる事はないと思う

あとはもう壁が椰子葺きの掘建て小屋にして、毎年立て替えちゃうとか

No Name #/MFldDro | URL
2014/10/06 01:28 | edit



何か家って生き物みたいですね。というか住まなくてもいい家って斬新。

No Name #- | URL
2014/10/06 00:49 | edit



もう海外で暮らせばいいんじゃないの?
アフィの収入があればどうとでもなるでしょ

No Name #Vw3fgwu. | URL
2014/10/06 00:26 | edit



新聞紙をひろげて置いておくと、留守にしていても、一定のカビ対策になります。
問題は梅雨時ですね。。2ヶ月に一回は帰りたいところ。

No Name #- | URL
2014/10/06 00:17 | edit



カビだらけの部屋に数日寝ると喉が痛くなって、咳き込んで、その後、喘息になります。
それに気がついて、カビ部屋から他の普通の部屋に移っても数日は喘息が治らないのですが、そのうちにカビ部屋に戻らなければ完治します。
住んでいないと住めなくなると言うのは本当なんですね。

寝太郎さんは明日から何処に行くか楽しみだな。
ただでタイにいる方法を寝太郎さんが編みだしてほしいな。

寝る次郎 #- | URL
2014/10/05 23:46 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ