寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

存在感ない  


存在感、ってあるじゃないですか。存在感ある人、存在感ない人、とか。

あれは声が大きいとか、体が大きいとかそういうんじゃなくて、なんか、自分の周囲の人間の意識の中に自分を存在させようとするパワーの違いというか、近づいて物理的に出会うだけでなく、人と人とが出会うという現象を成立させようとするパワーの違いというか、とにかく命あるものだけが持っている超自然的な能力だと思うんです。

僕なんて、なにかの料理屋で座っても気付いてもらえないどころか、オーダーしても忘れられてます。牛丼屋は食券式の所しか行きません。最近では異なるカオソイ屋さんで二度、忘れられました。別にそんなに混んでるわけでもないのに。そういうときはどうするかと言うと、確認したりするのは恐ろしくてできないので、気付かれないようにそっと店を出ます。

瞑想センターから帰るときも、世話役の女性の人にソンテウ(乗り合いタクシー)を呼んでもらうよう頼んだんですが、完全に忘れられてました。頼み事をするときに、なるべく相手の意識の中に存在しないように、一瞬そよ風が吹いたくらいの感じで接触します。ヨーロピアン女性が頼んだ反対方向行き(メーホーソン行き)のソンテウは呼ばれていたのに、僕が頼んだパーイ行きのソンテウだけ忘れられていました。仕方がないからヒッチハイクで帰りました。

いやほんとに平均的な存在感がある人間様の中で生きていくのはすごく大変で、猿や犬なんかの存在感にも全然負けてます。多くの人は、通りで犬が歩いていたことは覚えていても、僕とすれ違ったことは覚えてないと思うんですよね。存在のレベルとしては、中身があるんだかないんだかわからない、だいたいジャンボタニシくらいだと思います。

他人とは物理的に出会っても、精神的には出会わない。しかもそれに慣れちゃうと必要なときに「存在の力」を使えなくなる。人と話すのって、完全に用件だけを伝えるんじゃなくて、「出会う」ということが九割だと思うんです。用件もないのに「出会う」ためだけに人と会う人もいますし。存在の力だけで生きているような人もいますし。

こちらがちゃんと存在を示そうとしないと不機嫌になる人も多いです。「無視されている」とか「興味を持たれていない」とか思うのかもしれません。でも、存在を示すのってすごく疲れます。基礎代謝が普段の二倍くらい必要な感じです。ヘトヘトになります。面倒くさいです。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ■未分類
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


自分もいつからか存在感がないですね。
昔は目立つ、もしくは悪目立ちするってよく言われてたんですが。
色んなことがどうでもよくなって省電力状態で生きてるうちに
欲がどんどん薄くなって、気付けば存在感もなくなりました。
招待された集まりでも来てたことに気付かれなかったりします。
中途半端な石ころ帽子をかぶってる感じです。

たろ #- | URL
2014/10/22 12:18 | edit



『白鳥麗子でございます!』って漫画の話。

主人公の麗子は恋人の哲也に愛されている自信だけで生きています。

でも、自信が無くなると半透明になって、存在感が薄れます。

このブログのレベルに似つかわしくない例えですみません。

No Name #- | URL
2014/10/21 23:42 | edit



存在のタエラレナイ軽さ

CJ #z8Ev11P6 | URL
2014/10/21 09:58 | edit



やっていることは異端でネットでは注目されるが

生命力というかオーラが全くない人がときおりいる
それがネタロウさんだな

他人に対して悪意も好意も持たない人は他人からそういう扱い(存在がきずかれない)
を受けるのだろう
しかし利点もある なにかしらの犯罪で特に後進国では成功率があがる

CJ #z8Ev11P6 | URL
2014/10/21 09:58 | edit



ネットでは存在感あるのに

リアルでは無いとは面白い人ですね

iijmioman #- | URL
2014/10/20 22:09 | edit



自分の場合、気づかれてるのに無視されます

No Name #- | URL
2014/10/20 01:34 | edit



文章見る限り、コメント欄の連中がそう簡単に共感出来るもんじゃないと思うけどな

No Name #- | URL
2014/10/19 21:58 | edit



「出会う」って難しい事なんですね。

普通の人が高度な技術を使って生活してるみたいに見える。
しかし、存在感が無くてかえって目立ってしまう事はありませんか?

不便ですね。

No Name #- | URL
2014/10/19 21:33 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/10/19 21:33 | edit



すごくわかります。私もよくそういうのに当たります。
お店で無視されるってこと、意外と多くの人が経験していると思いますよ。
注文まではできても、作る人が忘れていて、なかなか来なかったりとか。
一度そんなことがあると、次からは、またそうなるのではないかと恐れるようになります。トラウマというか。
まあ、お店では気付いて欲しいけど、通常の生活の中では、存在感のない人になりたいと思ってます。消えてしまいたいと思うこともあります。
今は会社辞めて、自由な暮らしを手に入れたばかりなので、もう誰からも干渉されたくないってところなもので。
幽霊のように、出たり消えたり、できたらいいですね。

レモン #- | URL
2014/10/19 09:12 | edit



それって悪くないって!

コンビニや駅で「あっ寝太郎さんだ」ってみんなから言われると、Bライフとしては不便だと思う。少なくとも私はこのブログが良い意味で存在感を発揮していると思っている。

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/10/19 08:50 | edit



私も似たようなものなのでお気持ちはよくわかります。
でもヒッチハイクできるなんてすごいですね。
私も昔ちょっとだけやったことありますが今は無理です。

ところで、それなりに存在感がないとヒッチハイクなんてできないのでは?

一応ツッコミいれておきます(笑)

No Name #- | URL
2014/10/19 08:45 | edit



>存在感ない

気持ちはわかるけど、共感は出来んな。

おまんの場合、「無い」ことで自己主張しとる。
並外れた「無さ」が有るわけや。
それって「存在の力」ごり押しマンと同じことやろ。

批判しとるんと違うで。
パワー系と同穴ムジナやということ。

卍 #- | URL
2014/10/19 08:27 | edit



あいつらオーラを出す特殊な訓練受けてるから

No Name #- | URL
2014/10/19 08:22 | edit



びっくりするほど同じ気持ちです。

No Name #- | URL
2014/10/19 07:40 | edit



無い方がいいんじゃないかな?

人って、主導権を持ちたい側の人間の方が多いから、実際の社会では存在感の強くない方が好かれると思います。
日本人というだけで、世界的に見ると、存在感が薄いような~_~;

アロンディ #mQop/nM. | URL
2014/10/19 06:37 | edit



ほんと、他人との関係、めんどくさいですな
自分は空気のようになりたいのに、職場にいると、
媚び、諂い、無視、陰口、根回し、なんでも出てくる。
いちいち感情がかき乱されて本当に疲れます。
最低限のお金さえあるのなら、そうした世界と無縁になりたいと
思ったりします。
労働それ自体についてまだ感じる価値があるので、実行はしていませんが。

No Name #- | URL
2014/10/19 06:11 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ