寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

空港に住む  


東南アジア諸国の空港のトイレは、ウォッシュレットが単なる長い水道のホースだったりするので非常に便利です。

P1060809.jpg

洗髪できるのがありがたいです。排水溝があるのでうまくやれば体も洗えそうです。簡単な洗濯もできます。使用後は「来たときよりも美しく」。

日本のトイレはハイテクで有名ですが、ウォッシュレットが下からニョキニョキ出てくるノズルで、Bライフのことを考えていないので失格です。

P1060811.jpg

空港にはもちろん電源もありますし、WiFiも飛んでますし、食べ物も売ってますし、空調完備ですし、横になって寝れますし、何より人がたくさんいるから目立たないですし、住めます。

成田なんかも、昔は空港泊ダメだったらしいですが、今は認められています。住む場所に困ったら空港行くのも手です。

ゆっくりしながら、次どこ行こうか考えてます。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 旅一般
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


低所得民家では、そのウォシュレットを使って体を洗っている人、多いです。シャワーと同じ水を使ってますから、衛生面の問題はなし。
あとは日本の常識を捨てられるか。
清掃用ホースとかいうコメントをされている方は東南アジアに行ったことないのでしょう。

noktan #- | URL
2014/11/13 10:21 | edit



清掃ホースではありません、断言します。

肛門を洗い清めるためのホースです。もちろんビデとしても使います。

セスパトナム #JalddpaA | URL
2014/11/10 11:54 | edit



それはウォシュレットなのか?

そのホースの先に直角ノズルでも付いていて、それを寝太郎さんが外したのかもしれないけど、そもそもダボダボと水が出る状態でウォシュレットになるのか疑問。ただの清掃用のホースじゃないのかとも思う。ブログネタとしてはおもしろいので追加の検証を望みたい。

昔山登りしていた頃、松本駅でステーションビバークと称して野宿したが、それはそれは快適な場所だった。今では無理らしいが今回の記事で新たな展望が開けた。(以下の記事を発見)

▼関西空港野宿編
http://weblog.nojukuyaro.net/2014/03/post_498.html

▼羽田空港野宿編
http://weblog.nojukuyaro.net/2013/07/post_476.html

▼成田空港野宿編
http://weblog.nojukuyaro.net/2014/03/post_497.html

国際空港は野宿に最適なんすね。
ネットと電源があって、シャワーもある。関空は毛布まであり!
もはやBライフに六畳小屋さえも必要のない時代になった!

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/11/10 08:18 | edit



インドネシアは来年1月にビザ無料になるので延長2ヵ月滞在出来るが安宿ないから空港泊も検討したが空港コンビニが高かったら空港泊も不可能だ。

寝る次郎 #- | URL
2014/11/10 07:49 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/11/10 01:21 | edit



減量中のボクサーが

喉の渇きにたまらずに便器に顔を突っ込む話しは聞いた事がありますが寝太郎さんをそこまでストイックにさせる源は何でしょうか?非常に興味あります。

天下一 #b6t4Lcr6 | URL
2014/11/09 23:35 | edit



ウォシュレットホースで顔や頭を洗うのは衛生面から止めた方が
あと、日本のウォシュレットがそういう用途に使えないのは普通の日本人のトイレスタイルを考えたら普通の事であり、そもそもウォシュレット自体がBライフには不釣合いな高級品だからだと思いますが

No Name #EmaqmLXY | URL
2014/11/09 15:21 | edit



チェンマイ空港も24時間体制になったんですね。
近頃は、安宿を探すのに大変苦労してます。
24時間体制の空港を住居にするのも良いですよね。

次はペナン島のジョージタウンの安宿に長居しようと思ったら
既に世界遺産に登録されていてレトロな安宿が安宿じゃなくて
高級ゲストハウスになっていて驚きでした。
安宿命の僕にとって、かけがいのない東南アジアの安宿が、
どんどん消えていくのは悲劇です。

寝る次郎 #- | URL
2014/11/09 13:17 | edit



世間と自分の認識の差を利用して、安く済ませるのがBライフだと思うから、これはこれでいいんじゃないかな。楽しくブログ読みました。

モスバーガー #- | URL
2014/11/09 06:22 | edit



寝太郎さんの野宿編を読んで今年2月から3月に空港野宿を3週間ほど実践しました。欧米人に長期滞在者が多数居て縄張りもありました。コンビニ、クーポン食堂、無料で見れるtrue店のネット、エアコン、
居心地は、良かったし良く眠れました。
洗髪はペットボトルに水を入れてしました。
誰でも出来る空港野宿だと思います。

野宿旅行、テント生活、山小屋暮らしは、僕にとっては、無理でもゲストハウス暮らし、空港暮らし、寺暮らしは可能です。

寝太郎さんはオールラウンドに出来るから煌めく才能でしょう。

都会の路上生活の人たちもワキアイアイ楽しそうですよね。
東南アジアでは野宿は野犬に襲われる可能性が大きいので止めた方がいいと思います。

寝る次郎 #- | URL
2014/11/09 01:48 | edit



>寝太郎

この記事は共感できん。
言うたよな、「卑屈の罠」
Bライフの宿敵や。

肛門と頭を同じホースで洗う。
これな、ぎりぎりやで。
おまんは、「へ?僕は気にしないよ?」て言うんやろうけど。

”気にしないから平気”
仮にこれがBライフの肝だとするなら、そのサスティナビリティに疑義有りや。
万人が互いに”気にしない”、ばらばらのアトムとして存在する世界だけがBライフを許容できることになる。
僕のイデオロギーを実現するために社会が変われや、ゆうとるように聞こえる。
Bライフの看板と真逆やん。

最低限の相互関係だけで他は"気にしない"社会が理想、なんて言わんでくれな。
程度問題に持ち込むのは詭弁やで。
他人の肛門と自分の頭を同じホースで洗う時点で、おまん一線越えかけとる。
空港泊の許可云々に至っては詭弁の極み。

寝太郎さん。
最低限の格好付け、忘れないでくれな。

卍 #- | URL
2014/11/09 00:04 | edit



下手すると、便器にまな板渡して調理もできるかもしれません。

No Name #- | URL
2014/11/08 23:15 | edit



流石に

自炊は無理でしょうね(^-^)

天下一 #b6t4Lcr6 | URL
2014/11/08 19:23 | edit



私も空港に住めるんじゃね?と思ったことがあります。
実践してレポートお願いします。

通りすがり #- | URL
2014/11/08 13:43 | edit



もう止めて(涙)

便器の上に置いてあるのはシャンプーとコンディショナーですか?不特定多数の人がお尻に使用したウォシュレットのノズルで洗髪するなんて、いくら何でもやり過ぎ…。

寝太郎さんのブログで久々に心の悲鳴が上がりました。

No Name #- | URL
2014/11/08 11:58 | edit



寝太郎さんのBライフを読んでから会社を辞め、今は自転車で日本一周してます。(190日経過)
もうすぐゴールなので、終わったら自分で家建てて住んでみようかなと考えてます。
てか、空港に住むのアリですよね。24時間空いてるフェリーターミナルもなかなか良かったですよ。
住所がおけないですけど。

今東京で、山梨を通るときに寄らせて戴けたらなと思いましたがいらっしゃらないのは残念です。また機会あればお逢いしたいです(^^)

テニスこぞう #- | URL
2014/11/07 00:02 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ