寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

『「我」を張らない人づきあい 仏教対人心理学読本』  


「苦悩の根源である自意識への執着をやめて、自分のエゴに拘ることをやめれば、こんなに楽にストレス無く生きることができますよ」。このように甘く囁く、仏教の教義に現代的文脈を絡めた本は無数にある。僕は嫌いである。二重の意味で。

まず、生き方として嫌いである。くだらないストレスからはさっさと逃亡すればいいが、自意識と矜持を捨ててなんになろうか。自我に、執着に、自意識に、自尊心に、揉みくちゃになって生きよう。とはいえ、生き方は人それぞれで、勝手にすればよい。他人に口出しするようなことではない。

僕が本当に嫌悪するのは、「自我を軽減すれば楽に生きられますよ」とだけ言っていればよいものを、そこから百歩進んで、あるいはそれを説得力のあるものにするために、「本当は自我なんて無いんですよ」と言い始めるケースである。このケースは本当に多い。

たとえばこれ。
私たちは皆、「建前の鎧を脱いで武装解除した自分」を誰かに受け入れてもらいたいと飢えています。(p.12)
と始まり、他人から評価されたりモテたりするために一生懸命「建前」を磨く一方で、いくら頑張ってもモテているのは「建前」のほうで「本当の自分」ではないという虚しさに、現代の誰もが苛まれているという。導入はとてもわかりやすく、筆もうまい。

以下、この苦悩から抜け出すための考え方が書かれているのだが、その論理の最大のハイライトが、「実は自我なんて存在しないんです」というところである。認識や記憶などを一つ一つ見ていって、「どこにも自我なんてありませんね」と言う。

確かにその通りで、認識にも、記憶にも、感情にも、刺激にも、どこにも「私」なんてものはない。にもかかわらず、誰もが「私は私だ」と感じている。この超弩級の不思議、奇跡、驚きこそが探究の出発点であるはずなのだが、それを無視して、一目散に「だから自我なんてものは幻想なのです」と言い切る。

これはおそらく、哲学的に言えば非常にマイナーな還元主義的立場で(たぶん純粋哲学者にはウケが良くない)、たとえば、「色というのは本当は電磁波と脳刺激に過ぎない、それらのどこを見ても色なんて無い、だから本当は色なんて幻想なんだ、色なんて無いんだ」というような議論に近い。

僕には、この今まさに感じている「私は私だ」という感覚が「幻想である」というのがどういう意味なのかよくわからない。「煩悩を小さくしていけば、私という感覚も薄れていく」という立場はまだ理解できる(賛成はしない、煩悩だらけだろうが悟りを開こうが自我は存在し続けると思う)が、さらに進んで「実は自我なんて無いんです」というのは何を言っているかすらわからない。

だいたい、この本の最初のほうで「本当の自分=暗黒領域=煩悩=アイデンティティ=エゴ=自我」と定義され、「そのアイデンティティを削ぎ落とせばいいのだ」というふうに話が進んでいくにも関わらず、「本当は自我なんて無い」と言うときの「自我」は「私は私である」という形而上学的自我に摩り替わっているのだ。そうでなければ、「煩悩」と「自我」がイコールだとすれば、ただ単に煩悩があるときに自我があり、煩悩が無いときに自我が無い、それだけの話である。

まあ、細かいことはどうでもいい。僕が言いたいのは、「自我が存在するか否か」「自我とは何であるか」「何を以って自我が存在すると言えるのか」というビッグクエスチョンをためらいも無く出してきて、速攻で答えを与え、平然としているその態度が不誠実だということである。「自我があるかどうか」という問いにまともに向き合う気など最初から無いのである。

再度強調すると、「自我を軽減すれば楽に生きられる」ということと「自我なんて本当はないんだ」ということは全くカテゴリーの違う話である。「あの世があると考えれば誠実に生きることができる」と「あの世がある」とが全く違うのと同じことである。「輪廻転生があると考えれば安心して生きることができる」と「輪廻転生がある」とが全く違うのと同じことである。

この本の中で「嘘は内部分裂を招き、苦しみを生む」と書かれていて、まさにその通りだと思うが、本当かどうかよくわからないことを骨組みにして生きる道を決めるというのは、嘘以上の苦しみと自己不信を生むことだと思うのだ。

その苦しみをごまかすための麻薬は、この本の帯が物語っている。

「自意識」への執着を、そっと手放す― すると、人づきあいのストレスが消える。

ストレス無く生きたい、だから自意識を手放したい、だから「自意識なんて無いんだ」と思いたい。

人を不幸にしたいという衝動に駆られて事実を勝手に決めてしまおうとする人はたくさんいる。宗教が厄介なのは、人を幸福にするために事実を決め付けるところである。人間の「幸せになりたい」「救われたい」「自由を感じたい」「もっと楽に生きたい」という欲望は巨大であり、しかも「人を不幸にする」よりも本人に全く罪悪感が無いので、そこに付け込んで人の事実判断能力を鈍らせる。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 仏教
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


小池さんの出された書物を1冊だけですが、何年か前に読んだことがあって、
欲望があったら満たした方がいいと仰っていました。
今、自我が無いと言い切ってるのを知り、何を仰っているのかわからなくなりました。
>著書『坊主失格』では、奇行癖、同時交際、妻や母親に対する暴力、恋人の自殺未遂を告白しているみたいで。
ななしさん、そうなんですか・・・教えてくださって、どうもありがとう。
ああ・・・って感じです。
私は、暴力振るう人間が大っ嫌いなのです。
過去のことなので、許す心も必要なのですが、元々の気性はカッとなると、
力の弱い女に暴力という権力を振りかざして抑え込むのかと。

サンバー #1Ncfmy3k | URL
2014/12/15 12:10 | edit



>ななしさん 僕のコメントは、宗教と自我についてのコメントです。言いたいのは、宗教がどのように自我を侵食するか、ということです。人生ではありません。

>卍さん 特にいばってないです。あなたのコメントの方が、いばって見えると思います。

あまりここでやり取りしても仕方ないですので、ご意見のある方は、メール下さい。

モスバーガー #- | URL
2014/12/14 21:13 | edit



コメント欄は、自分の人生についてぐだぐだ語るところじゃない。
はっきりいって興味もないし、余計なこと書かないでほしいね。どうでもいいんだよ。

No Name #JDUwZfwQ | URL
2014/12/14 20:36 | edit



子供やね

>モス

たかがセックス。
俺だって色々やってきた。
いばるなよ。

卍 #- | URL
2014/12/14 18:16 | edit



にゅーさん

コメント、読んでくれたようですね。
捕捉しますと、出会って、一目惚れして、学会も彼氏もみんな捨てろと言い続けて、3年後にそういう夜が来た。その前日、彼女は、学会も彼氏も捨てて僕のところに来ると泣いた。でも結局、家族の囲い込みがあって届かなかった。結局は別の人と結婚したけど、それ以来、宗教について考え続けている。どこまでが自我で、どこまでが別のものかとか、宗教を持たない我々にも、別の形で刷り込まれたステレオタイプがあるんじゃないかとか、ステレオタイプを取り除いたあとに一体自分に残されるものはなにかとか、そういうことをです。

モスバーガー #- | URL
2014/12/14 16:47 | edit



こちらの著者の本は一冊も読んでいないので的外れかもですが気になったので

>「自我があるかどうか」という問いにまともに向き合う気など最初から無いのである。

この問いに(も)とことんまでまともに向き合ったのがブッダをはじめとしたアジアの修行者です。思索のみではなく、探究法として肉体的な経験を使いました。瞑想ですね。
究極的には分子・原子レベルが知覚可能なまでに感覚を研ぎ澄まし、観察を繰り返すことで汚濁を浄化しているうちに「気づいたら自我が薄くなっていた、そのうちに無くなった」「自分と呼べる物質的なコアが実際にはどこにもなかった」ってことだと思います。
汚濁、つまり渇望や嫌悪といった肉体的な反応を滅却していく過程でそれらと自我との因果関係を体験的に理解したと。

>本当かどうかよくわからないことを骨組みにして生きる道を決める

上記のようなことが本当かどうかよくわからないのも無理はありません。普通に暮らしていても理解できなくて当然だと思います。ブッダは瞑想で実体験したことしか話していません。だから原始仏教は自分も徹底して肉体的な経験を平静かつ客観的に見つめることでようやく理解可能になります。本を読んだり思索をするのみで先人が言っていることを理解するのは無理です。

私はヨーガや瞑想をかじった程度ですが、自分の肉体的な経験によって先人が言っていることがどうやら本当なのだとわかりかけてきました。たしかに片鱗が見えるわけです。すると書物の理解度も段違いになります。

実際、私も初めは疑いを持っていましたけど、正しい方法で続けたら誰でもきっと理解できると思いますよ。繰り返しますが、肉体的に経験しないと本当の理解はできません。

インテ #- | URL
2014/12/14 06:59 | edit



>好きになった人が学会だった。彼氏がいた。どうしても好きだと言って、セックスした。そのあと学会に勧誘された。

彼氏持ち&学会員な女だと知ったうえで、自分からどうしてもとお願いしてセックスさせてもらった間男が
「計算ずく」だの、「「自我」が怖い」だの、んなこと言える立場かっていう・・・
宗教とか哲学、以前の問題だw

にゅー #mQop/nM. | URL
2014/12/14 04:05 | edit



中村元さんの著書にあたっては如何でしょう。
仏教を包括的な視点で述べているものが多いです。

No Name #- | URL
2014/12/13 23:34 | edit



寝太郎さん、中村元さんの著書にあたっては如何でしょう。
仏教を包括的な視点で述べているものが多いです。

No Name #- | URL
2014/12/13 23:34 | edit



エークセレント!
素晴らしい

まら #- | URL
2014/12/13 15:58 | edit



Bライフは楽な方法を選べばいい

例えば小屋暮らしが行き詰っても誰かに迷惑がかかる訳でもないし、困るわけでもない。確か小屋はBライフの一つの手段であったと思うし、現在進行形の外こもりもその一つではないかと思う。

六畳小屋以外に何か新しいライフスタイルが確立できるなら、それもまた良いものだと考える。Bライフ(エゴ?)を追求して生きるその先が知りたい。

★かもめスタジオのかなも #NZD5K3i. | URL
2014/12/13 14:28 | edit



何かを探求しようとする時広い心、素直さ、謙虚さは必要不可欠な資質であり、時としてエゴはその対極にあります。

t #- | URL
2014/12/13 10:27 | edit



好きになった人が学会だった。彼氏がいた。どうしても好きだと言って、セックスした。そのあと学会に勧誘された。
宗教って怖い。外見は上品で、奇跡みたいにきれいで、でもその中には自我がない。自分自身を捨てて、自分の中に自分ではない別のものを入れてしまった人たち。
真剣に悩んだ。でも、どうしても自分を捨てたくなかった。良心と理性があるのに、なんで宗教が必要かどうしても分からなかった。その人のことは懐かしい。今でも胸が痛くなる。でも、結局は自我を優先した、あの時の判断を後悔してはいない。彼女はあのとき、完全に計算ずくなのに、計算ずくだとは認識していなかったのかもしれない。答えを知るのが怖い。
宗教に染められた「自我」が怖い。本当は悪意なのに、悪意を悪意とも感じられなくなるのかもしれない。

モスバーガー #- | URL
2014/12/13 05:32 | edit



宗教はまだマシだな
結果がどうであれ人を幸福にしようとしてる時点で
世の中には
人を不幸にするために事実を
決め付ける輩がいるようだ

No Name #- | URL
2014/12/13 00:05 | edit



同感です。この本には探求がない。端的に、墓場の文章です。

寝太郎さんの探求と洞察の方が、はるかに響き、苦悩が光ってますよ

No Name #- | URL
2014/12/12 23:22 | edit



その方の本、よくある自己啓発の本だと食わず嫌いしてたけど、ちょっと興味が湧いて来ました。自分の目で確認してみます。

No Name #- | URL
2014/12/12 23:08 | edit



坊さんの修行とマスターベーションはおなじですよね?

t #- | URL
2014/12/12 22:22 | edit



ちなみに、無意識に自分に都合のいい妄想をしてしまうことを
心理学用語でコントロール幻想と言うそうだ。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/12/12 21:22 | edit



自意識や自我を捨てたら、それはもはや人間とは呼べないでしょう。
ようするに仏教ってのは、早い話がぜんぶあきらめろっていう逃げの宗教ですか?
私はあまり仏教詳しくないので、何とも言えないですが。
前の記事で、運についてのコメントを書きましたが、人間は運さえもコントロール
できると思い込んでいるんですよ、たとえば宝くじなんかがいい例ですよ。
ロト6やナンバーズなんかは、自分で数字を選ぶことができる、この選ぶという行為が実は全く意味がないんですが、なんだか自分で選んでるほうが当たるような気がするっていう、まあ実にバカな話です。しかもこの宝くじに、あの売り場は当たりやすいだの、山口県が当たりやすいだの、みずがめ座が当たりやすいだの、思わず吹き出しそうになるバカげた話を大人が真剣に話してるんですから。でも、これも歪んだ自意識が生みだした妄想かと思うんですよね。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/12/12 21:14 | edit



塩沼亮潤

No Name #- | URL
2014/12/12 20:56 | edit



寝太郎さんの考えていること、よく分かります。

俗流に流布される仏教をベースとした言説において、
当為と存在の区別が曖昧であると。

幸福になるために「いまここ」を「生きたほうが良い」、ということと
「いまここ」だけが存在し過去未来は存在しないのだ、ということは
まったく位相の異なることだと自分も思います。

もう少し考えてみると、当為がまさに存在を存在たらしめる
可能性があるとも思うのですが(まさに唯識的?)、
そのことに言及する人もいません。

つまり、宗教者であっても自分の使っている言葉や論理を
深く吟味していない、ということだと思っています。

aoifukawawa #- | URL
2014/12/12 19:52 | edit



著者について

著者は大学の先輩にあたる人なんですね。西洋哲学を専攻されていたみたいで。ひょっとして、同じ教室で授業を受けたことがあるとか。

著書『坊主失格』では、奇行癖、同時交際、妻や母親に対する暴力、恋人の自殺未遂を告白しているみたいで。そのうち読んでみたいと思っています。

「俺はこうなんだよ!ああなんだよ!」と強烈な我を張っている人間で、まともに結婚生活が続いているケースは見たことがありません。

No Name #- | URL
2014/12/12 17:26 | edit



僧侶である前に自分自身の考えは

私は現役の僧侶です

僧侶をやる以上表面は教理(宗派などにもよりますが)を説かないと宗教(職業)として成り立たなくなってしまうので

まぁ私のように(職業)と書いてしまっている者は本当の宗教家ではないのでしょうが、ホンネとしては衣をまとっていない時間は寝太郎さんの意見に賛同しちゃいます

私の知っている限り私も含め自意識への執着を捨て去った僧侶には会ったことがありませんので・・・

みすち #- | URL
2014/12/12 15:59 | edit



面白いです

自我が思わないと自分は存在しないと思われますが、

だからこそ、人として自分という存在を在らしめないと、人として成立していかないという矛盾を

生き抜くしかないように私は思います。

もこもこ #mQop/nM. | URL
2014/12/12 13:47 | edit



思考の作り出しだ迷路に迷い込んでる感じだね。自己と他者、世界との違いを認識するところからエゴ、自意識は出発する。でもよくよく見れば自分も他人も大して変りない人間だ。同じ塵からできている。ただ個別の意識を持っているに過ぎない。そういった視点で見ると自己と他者の境界というものも限りなく薄いものになっていく。他者との違いにばかり意識をフォーカスするのか、同じつながりを見つけることができるか。
考えがすべて他者とは一致することはありえないけど誰もがただ生きる以外にも何かをもとめる人間であるということにおいては全く同じじゃないか。

t #- | URL
2014/12/12 13:23 | edit



山小屋の事とか、貧乏旅行の事書いて下さいよ
ありきたりの宗教感は、別のサイトに任せましょうよ

1 #- | URL
2014/12/12 13:06 | edit



寝太郎氏はそもそも「絶対的な真理」なるものがあると考えているのか
仮にそうだとして、それを把握したいと思っているのか
それとも、ただ考え続けることに意味があると思っているだけなのか

アワビ通信 #- | URL
2014/12/12 12:54 | edit



結局は

結局ビジネスなのではないのでしょうか。本が売れればとか信者獲得とか。
お金という便利なものが
出来て、人はそれに振り回されてますね。

パンダ #- | URL
2014/12/12 12:54 | edit



他人が書いた本なんて気にしなくていいんじゃないかな。
正解なんてないし。

bu #- | URL
2014/12/12 12:24 | edit



お互いに「自我」と呼んでいるものの正体が食い違っているように見えます。

それから、

>認識にも、記憶にも、感情にも、刺激にも、どこにも「私」なんてものはない。にもかかわらず、誰もが「私は私だ」と感じている。この超弩級の不思議、奇跡、驚きこそが探究の出発点であるはずなのだが

ブッダもその疑問点から出発して、「自我はない」という結論に達したのかもしれないですよ。

この本の作者にせよブッダにせよ、たしか何十年も苦しんでようやくその境地にたどり着いたはずですが。どうして速攻で答えを出してくると決め付けられるんでしょうか?

「自我はある、それにもみくちゃにされて生きたい」なら、もちろんそれはOKですけど、自分とは違う意見を批判せずにいられないのはどうしてなんでしょうか?

ミロロン #eqP7eH0Y | URL
2014/12/12 11:10 | edit



労働教と家族教はホント相手にしててやっかい

No Name #- | URL
2014/12/12 09:07 | edit



宗教が厄介なのは、人を幸福にするために事実を決め付けるところである。はそのとおりだと思います。
 結局答えなんてないんだから、どうでもいいなぁ~と思っています(^^ゞ。なので、それらを押し付けようとする人からは必死で逃げます。

いずいず #- | URL
2014/12/12 08:40 | edit



宗教って物を考えるのが苦手な人がとりあえず幸福な考え方を手に入れる案内書なのかな。

「自我はないんですよ」って言われて、「そうか、自我はないんだ」と実直に信じてしまう人向けというか。

ターティ #- | URL
2014/12/12 07:29 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ