寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

自我が幻想ってどういうこと  


このコメントがズバリ、仏教関係の本によく書いてある謎の主張そのものです。

>確固たる信頼を持って感じていた「私は私である」という感覚自体が、立脚点が無く信用するに値しないあいまいな空想にすぎなかった、と理解可能だとすればどうでしょうか?
>「実は自我が無い」というのは、正確には「自我と呼んでいた感覚は空想にすぎなかったと理解した」ということで、"呼んでいた感覚"そのものは依然としてあるわけです。幻想だと理解しつつも存在する。その"呼んでいた感覚"を無くすことができると。

「自我を消すことができる」というだけでなく、「実は、今現在感じている自我も幻想(空想、勘違い、言い方は何でもいいですが)に過ぎない」ということを彼らは言います。僕にはこの文章は、賛成反対の前に意味がわからないわけです(したがって反対です)。

「ラーメンがあると思ったら幻想だった」これはわかります。実はラーメンは無かった。ラーメンがあると思った知覚、感覚、判断が間違いだったということです。

でも、「自我」って、自分が感じている感覚そのものでしょう。ですから、そう感じているか否かが全てです。感じているにもかかわらず、「実は、存在しない」とか「実は、幻想だった」とか、意味が分かりません。

まあ、別にそういう思想的立場が存在しないわけではないです。今すぐ結論が出るような話でもありません。しかし、僕が言いたいのは、もしも自我の存在・非存在を真剣に問うているならば、もっと考えるべきことがたくさんあるだろうということです。そういう可能性に思い至らない・思い悩まないということは、彼らにとっては真理などどうでもよく、何らかの目的の踏み台にするためにある一つの考え方をほとんど盲目的にとっているのだと、そう思わざるを得ません。

それは、「万物は移り変わるのです」という主張にしてもそうですし、「自由なんてありません、ただ物事が起こっていくだけなのです」という主張にしてもそうです。そんな簡単な話じゃありません。もちろん「分子原子レベルまで感覚を研ぎ澄ましてお悟りになられたのです」などという脅し文句は論外です。生き方の基盤にしている事実・真理が根拠薄弱・子供騙しなのです。

自分にとって「自我」というのは非常に大きな問題です。「自我」があらゆる苦悩の根源であることなんて寝小便をしていた頃から知っています。ですから、「実は自我なんて存在しないんですよ~、それを悟れば解放されますよ~」みたいな主張は聞き捨てなりません。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 仏教

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ