寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

自我が幻想ってどういうこと  


このコメントがズバリ、仏教関係の本によく書いてある謎の主張そのものです。

>確固たる信頼を持って感じていた「私は私である」という感覚自体が、立脚点が無く信用するに値しないあいまいな空想にすぎなかった、と理解可能だとすればどうでしょうか?
>「実は自我が無い」というのは、正確には「自我と呼んでいた感覚は空想にすぎなかったと理解した」ということで、"呼んでいた感覚"そのものは依然としてあるわけです。幻想だと理解しつつも存在する。その"呼んでいた感覚"を無くすことができると。

「自我を消すことができる」というだけでなく、「実は、今現在感じている自我も幻想(空想、勘違い、言い方は何でもいいですが)に過ぎない」ということを彼らは言います。僕にはこの文章は、賛成反対の前に意味がわからないわけです(したがって反対です)。

「ラーメンがあると思ったら幻想だった」これはわかります。実はラーメンは無かった。ラーメンがあると思った知覚、感覚、判断が間違いだったということです。

でも、「自我」って、自分が感じている感覚そのものでしょう。ですから、そう感じているか否かが全てです。感じているにもかかわらず、「実は、存在しない」とか「実は、幻想だった」とか、意味が分かりません。

まあ、別にそういう思想的立場が存在しないわけではないです。今すぐ結論が出るような話でもありません。しかし、僕が言いたいのは、もしも自我の存在・非存在を真剣に問うているならば、もっと考えるべきことがたくさんあるだろうということです。そういう可能性に思い至らない・思い悩まないということは、彼らにとっては真理などどうでもよく、何らかの目的の踏み台にするためにある一つの考え方をほとんど盲目的にとっているのだと、そう思わざるを得ません。

それは、「万物は移り変わるのです」という主張にしてもそうですし、「自由なんてありません、ただ物事が起こっていくだけなのです」という主張にしてもそうです。そんな簡単な話じゃありません。もちろん「分子原子レベルまで感覚を研ぎ澄ましてお悟りになられたのです」などという脅し文句は論外です。生き方の基盤にしている事実・真理が根拠薄弱・子供騙しなのです。

自分にとって「自我」というのは非常に大きな問題です。「自我」があらゆる苦悩の根源であることなんて寝小便をしていた頃から知っています。ですから、「実は自我なんて存在しないんですよ~、それを悟れば解放されますよ~」みたいな主張は聞き捨てなりません。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 仏教
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


史上最強の哲学入門読んだ感想でいうと

・"ミリンダ王の問い"を考えると、
そもそも世界のすべては存在しているといえるのか、
"区別していること"を存在しているといっているだけでは?

・また、私が見るもの聞くものは確定できない
 (映画のマトリックス的な意味で)

・↑の反論でデカルトの"我"があるが、

・そもそもその”我”ってなにか?というと、
"認識するものだよね
けど、
・(サルトルでいう意識→認識するもの⇔認識されるもの
 を鑑みると、)
 認識するものは認識されるものとは言えないから
 我というものが○○ではない、◇◇ではない、と
否定でしか表現できない。
私が認識するものだとすると、
①認識されるもの(認識対象)とされるあらゆるものは非確定
②認識するものは”○○でない”としか表現できない
(○○である!と表現できない。)
 じゃあ私も世界も実体は非確定じゃん!
私も何もあったもんじゃないよ→無我
ということでは?
説明下手で済まんかった。

No Name #- | URL
2015/01/28 21:40 | edit



リアルにあるのは自我ではなく、「自我がある」という感覚があるだけということだと思っています。

tripod31 #- | URL
2015/01/10 18:14 | edit



「仏教を学んだ者」さんと似たようなコメントですが

はじめまして。私は仏教についてはあまり詳しくないのですが、今仏教伝道協会の仏教聖典を読んでいて、このエントリを思い出してコメントしようと思いました。この本には53ページに「心もまた、そのように、無情であり、苦しみであり、実体ではない。」と書いてました。また、このページでは心=自我に近い書き方をしていて、52〜53ページを俯瞰的に読むと「自我はふわふわしていて、あるんだかないんだか煙みたいだったり、変わったりするものだ」と言ってるように感じました。なので仏教的には「自我は実体ではない」といいたいんだと思いました。ところが、人によっては「自我はない」と解釈しちゃったりするのかな、と思いました。「実体」がないだけでまるっきりないわけではないという認識です。ちなみに上座仏教はご存知ですか?シンプルで、私は日本の仏教(?)よりこっちのほうが好きです。

miura #- | URL
2015/01/07 00:42 | edit



自我について

挨拶をする私がいる、挨拶を返すあなたがいる、これは客観的な事実ですよ。
挨拶を返してくれる人がいるから私は嬉しかった。これは主観的な事実ですよね。
挨拶をする意味を論じより、挨拶をして浮かび上がってるくる事実。つまり私が嬉しかった事実が非常に重要だと思います。
「考えるんじゃない、感じんだ」てのは正しいと思います。カントも「意味より強度へ」と言ってますしね。自我とは関係性から浮かび上がってくる存在で単独では存在しないが故に自我は無いと結論付けでいるのはないでしょうか?

かえる #- | URL
2014/12/29 16:03 | edit



「幻想にすぎない」というのは、「無常である。よって執着の対象たりえない」といった意味でしょう。
全ては無常(変化し続けている)というのを実感するために瞑想などの行法を用いているのです。
「本当に無常だ」とわかった時点がいわゆる悟りじゃないでしょうか。
最初から無常に納得する人ほとんどいませんが、瞑想を続けることで無常を確認することは可能だとされています。
西洋哲学にもいろいろあるのでしょうが、様々な概念や思惟などは全部妄想だとされますので、西洋哲学的立場を守りたいなら仏教には見て見ぬふりをするのもいいかもしれません。

サンジェルマン #- | URL
2014/12/23 14:46 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/12/22 00:07 | edit



自我=自分という感覚から脱却する方法は、呼吸を観察する事がポイントになると思いますよ。ぜひ調べてみてください。

観察 #mQop/nM. | URL
2014/12/20 11:32 | edit



量子論的なんですよ。
バリバリ文系な私ですが、子供に聞かれて答えられないのは嫌なタチなんで量子論の軽い読み物を数冊読みました。
なんか似てるなーと思ってたら、そんなことを言い出す坊さんまで現れました。

マボロシ #- | URL
2014/12/17 19:48 | edit



↓アリは地球のことを言語化していない

No Name #- | URL
2014/12/16 18:02 | edit



我思うゆえに我あり、ですよ。そもそも人間の感じている、自我や心や意識なるもの
は、脳内の神経細胞の集合体がシナプスと電気信号を介した複雑なネットワーク
ですよね。私がこの文章を書いて、そしてそれを理解しているのもまた、電気信号の
ネットワークに過ぎない・・・・DNAによってプログラムされた行動をとっているに過ぎないわけです。しかしこれを考え出すと、まるで合わせ鏡の世界のように、無限の疑念のいたちごっこが始まってしまう、だから人間ごときにそこまで理解することなど不可能ですよ、アリが地球のことを考えるのと同じようなもの。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/12/16 17:49 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/12/16 15:12 | edit



自我を()付きで消すことは

他人を、大勢の他人を利用することに用いられてきましたし

現在もそうです。他人の自我を消してる側も、誰かによって自我を消されてるケースもあります→自我を自覚的に在るものとして認識している側によって

No Name #- | URL
2014/12/16 15:04 | edit



寝太郎さんは仏教に関心を示しているのであって、単純に批判しているようには全く見えませんが。仏教の可能性について言及しているようには見えます。

このように思索を淡々かつ根源を叫びながら進めている記事が続いても、違和感がないような空間であってほしい

山小屋の記事などは過去の記事を遡ってい楽しむこともできるわけだから

No Name #- | URL
2014/12/16 14:52 | edit



>にもかかわらず、自分から教えてくださーいと口を開けて近寄っていって、自分にあわせたやり方で教えてくれなきゃ分かりませーんと屁理屈こねるって、もはや知的遊戯ですらない。
ただの愚痴の垂れ流し。


宗教の立場であればなおさら言葉を尽くすものだと思います

No Name #- | URL
2014/12/16 13:23 | edit



哲学界隈での自我の定義と仏説にいう自我の定義が一致してないのでは?
噛み合ってない。

サンジェルマン #- | URL
2014/12/16 13:13 | edit



こんなん所詮言葉遊びだと思ってます
昔は最高の暇つぶしでインテリの遊びだったんでしょうね

t #- | URL
2014/12/16 13:02 | edit



下の仏教を学んだ者ですが、あまり文脈を分からずに投稿してしまい失礼いたしました
少し補足させていただきます

したがって、寝太郎さんが疑問に思われていることや批判は至極当然です
彼らが分かってて言っているのか知らないだけなのかは不明ですが、「自我など幻想だ」と体験によって理解できるという主張は、前回の記事で寝太郎さんがシンプルなこととして書かれた反論を避けられません
釈迦が説いたのは、「自我がないと認識すること」ではなく、「自我もまたそれ自体に依拠して存在するわけではないと認識すること」です

空や無我の概念を聞いた人は、当然寝太郎さんと同じ疑問を抱きます
仏教者がそのことに無自覚だったはずもなく、同様の議論が、たとえば『中論』の中でも展開されています
「あなたがたが主張する空が真実なのであれば、一切は存在しないことになる」
という反対者の頌から始まる、まさにここと同じ議論に、仏教者はちゃんと正面から答えています

自我が無い
という言葉の表面だけをすくいあげて、だから自我をなくせばいいんだ、自我がないことは体験で分かるんだ、と主張することは、寝太郎さんの仰る通り思考停止であり怠慢です

No Name #- | URL
2014/12/16 12:49 | edit



宗教って論争とか戦争を生む以上に救いを生んでいるのだろうか。

bu #- | URL
2014/12/16 12:26 | edit



私は学問として仏教を専攻していました
一応断っておきますと、自分で瞑想することはありますが、どの宗派にも属していません

無我とか空といった概念は、中国に入った際にあてがわれた漢字のイメージが先行して、とかく誤解されやすいものです
この点であまり意見が噛み合っていないのかなと感じました
たしかに、今ここに現に感じられる自我が幻想だと言われても、意味不明です

仏教が主張しているのは、「この世にはなーんにもないよ!」ということではありません
そうではなく、「それそのものが確たる実体をもって在るものはどこにもないよ」ということなのです
つまり目の前のコップがないと言っているわけではなく、そのコップには確たる実体(自相)はないよ、すべては因縁でできていて無常だよ、と言っているわけです
自我についても同じです
自我もコップも、あるといえばあるのです
ただそれが、それそのものとして(自身に依拠して)存在するわけではない、とうことです
よりインド的な観点に引きつけて言えば、輪廻の主体として残り続けるような在り方として存在するわけではない、ということです

このような発想は、当時の人々の言語的特徴から生まれてきます
したがって、とても難解ではありますが、サンスクリット語で仏典を読まれると、より理解が深まると思います

No Name #- | URL
2014/12/16 11:49 | edit



仏教批判が終わったらイスラム教批判もやってくれるんですよね!?
楽しみに待ってます

No Name #- | URL
2014/12/16 11:23 | edit



まぁとことんやったらいいよ

いくとこまで行って

寝太郎さんのスタイルで

t #- | URL
2014/12/16 11:08 | edit



そもそも執着を捨てる気がない人間が、執着を捨てよと教えている人間のことを理解できるわけがない。

にもかかわらず、自分から教えてくださーいと口を開けて近寄っていって、自分にあわせたやり方で教えてくれなきゃ分かりませーんと屁理屈こねるって、もはや知的遊戯ですらない。
ただの愚痴の垂れ流し。

No Name #- | URL
2014/12/16 10:49 | edit



なんでそんなに仏教の事が気になるのか。
間違ってると解ったなら、もう放っておけばいいのに。
ヒマすぎてオモチャでも探してるのかな?

まっさん #- | URL
2014/12/16 09:29 | edit



私は仏教のことはわかりませんが、科学的な立場では分子や原子は量子と呼ばれるような不確実な存在であるとされています。量子が不確実な存在であることを象徴することとして、量子がどの位置に存在するか測定するという行為自体が原子の位置を決定するという現象が挙げられます。もし、人間の思考も量子力学的なものであれば、自我の存在を知ろうとする行為が自我の無存在を決定する可能性もあると思います。より具体的な言葉を使うなら、脳内の思考に用いる多数の粒子の量子状態が重ね合わせ状態であれば漠然と自我があると感じ、いざ自我の存在を確かめようした場合にはその量子状態が収縮し、自我は存在しないことが決定するということもあり得るということです。もし、彼らが本当に原子や分子レベルまで意識を集中できるとすれば可能かもしれませんし、体験主義的であることも理解できます。
自分は信じられませんけどね。

No Name #a2H6GHBU | URL
2014/12/16 09:00 | edit



形而上学の、自己同一性の問題と同じなんじゃないですか?
身体説か、
心理説か、
という少し古い議論と、
個体説か、
自我説か、
という新しい議論。

アートマンを巡るインド思想の議論も、自己同一性の議論だと思われます。
その中で、ブッダは五蘊非我(身体、感覚、記憶、感情などは自己ではない)を説かれていたと思います。

No Name #- | URL
2014/12/16 07:55 | edit



悟ることをさも簡単なことのように表現する風潮も気になりますね。

他人に伝えることは簡単かもしれませんが、
悟りと呼ばれる到達点に至るには、本人が思索を深め統合する必要があります。
個人の体験であるため、そこへ至る道はおそらく一つではありませんし、
もともと思索に向いていない脳の構造を持っている人にとって
悟ることが即幸せであるとも思えません。
(到達点ですら人によってまるで違う可能性も大いにあります)

脱線すみません。

せぴあいろ #- | URL
2014/12/16 06:53 | edit



自我が消えてるというなら「悟れた自分」ですら消えてそうに思います

No Name #- | URL
2014/12/16 05:51 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ