寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

発言における自己同一性の重要性  


発言というのは事実上、そのほとんどが評価や解釈や物語から構成されている。知識や事実に言及しているように見えても、ほとんどの場合その真偽は確認できないのであって、その知識や事実の使用にも発言者の評価や解釈や物語が反映されている。そして、評価や解釈や物語というのは、評価者や解釈者や物語の語り手の知識や価値観、物語の描き方に本質的に左右される。

つまり、「彼は素晴らしい/ろくでもない」「彼はこういう人間なのだ」「彼はこういう目的で行動しているのだ」などと言った、評価、解釈、物語に関する発言は、「自分にとってそう見えているだけ」という決定的な反論の可能性を常に内包していることになる。

したがって、発言を説得的なものにするためには、「自分にとってそう見えているだけではない」ということを明らかにするためにその努力の九割九分九厘が割かれなければならない。そしてそれは本来は、言葉を尽くすことによって為されねばならない。

ところが、純粋数学のような本当にごく一部の分野を除いて、どんなに小さな主張であっても、「自分にとってそう見えているだけではない」ということを本気で説明しようとしていると、一冊の本になってしまう。

そこで重要なのが、自己同一性・アイデンティティである。つまり、その人のそれ以外の言論や、その人のバックグラウンドとどのように繋がっているのか紐付けされるようにしておかねばならない。前の発言と今の発言が同一人物であることをはっきりさせるということが最低限の必要条件なのである。

そのためには、実名やプライベートや身体を晒す必要は必ずしも無い。実名を晒すということは、自己同一性を確保するためのごく簡単な方法の一例に過ぎない。たとえばブログのような媒体で、言葉を積み重ねていくだけで充分である。

芸術は違う。芸術は「私にとってはこう見えるのだ」ということを存分に垂れ流してよい、むしろ垂れ流せば垂れ流すほど価値があるとされる場所である。居酒屋の酔っ払いの会話も違うし、何らかの現実的な活動のための発言も違う。それらの言葉は人の心身を動かすためだけに放たれる。

繰り返すように、もし自己同一性を確保しないのならば一つの発言で言葉を尽くすべきだし、言葉を尽くす余裕が無い(普通はそんな余裕は無い)ならば自己同一性を確保すべきである。断片的でしかも自己同一性の無い発言というのは、無意味であり、会話は成り立たないはずである。

もしも、断片的かつ自己同一性を確保しない発言で会話が成り立つとすれば、それは単に、人間の持っている価値観の最大公約数を取って、その狭い言語空間の中に留まっているに過ぎない。これが、匿名的な言論空間がしばしば、人の外見や経済的観点、優劣、勝ち負けなどの決まりきった「最大公約数的言語」に収縮してしまう理由である。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 表現

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ