寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

徒然書きます  


しこたま採ったゼンマイは、炊き込みご飯にし、天ぷらにし、卵とじにし、ラーメンに入れ、スパゲティに入れ、などしていたらようやく無くなった。はっきり言って何の味もしなかった。炊き込みご飯はご飯が、天ぷらは衣が、卵とじは卵が、ラーメンはラーメンが、スパゲティはスパゲティが美味しかっただけである。これだったら、その辺の毒もなければ味もしない雑草を食べても同じことかもしれない。

前も思ったのだが、食べられる植物と食べられない植物との違いは結局のところ何なのだろう。いちいち七草などと指定しないでも、その辺の雑草もおかゆに入れて美味しく味付けして食べれば結構食べられるのでは。ほとんどの昆虫はから揚げにすれば食べられるのと同じことで・・・。

DSC_0495.jpg

それで、次はつくしの番。一ヘクタールほどの土地に足の踏み場もないくらい生えていた。これだけ見てしまうとありがたみもなくなる。

P1070681.jpg

つくしの盛り付けはフレンチスタイルである。

最近は動物が頻繁に訪ねて来て、猿、鹿、アナグマからはじまり、今日は何かをくわえたネコ、揚句にキジがやってきた。写真撮ったのだが、どこにいるかわかるかな。

P1070678.jpg

何日か好天が続くと、これまでの三十数年間のデータをコロッと忘れ、この国は天気の良い日ばかりだと推論してしまう単細胞な僕です。

P1070675.jpg

おかげでソーラー発電のバッテリーもいつ測っても13.5V~14.0Vで、つまりほぼ満タンってことです。もったいないと思いつつも、この超省電力ノートパソコン以外に特に使い道が無いんですよね。早く換気扇を取り付けたいところです。

P1070673.jpg

ちなみに僕の電圧はマイナス0.03Vでした。

P1070662.jpg

ロケットストーブを点火して、ご飯を炊いて、一品作って、食べて、食器洗って、コーヒー淹れて、パソコンの前に座るまでの一連の作業を何百回と繰り返してきたせいで超速でできるようになってしまって、もうお嫁に行けないんじゃないかと思う。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 小屋の日常

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ