寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

夏場の湿気・カビ対策、DC12Vの換気扇を設置  


夏場の湿気・カビ対策で、ロフトとキッチンに換気扇を設置しました。

P1070709.jpg

購入したのは、パソコン用のDC12Vファン。1個357円で、6個買いました。大きさは12cm、風量は120㎥/h。

AC100Vの換気扇を買うか、DC12Vの換気扇を買うか、ずっと迷っていました。

802545.jpg

こちらが比較対象にしていたコメリの25cmの普通のAC100V換気扇(2980円)で、風量800㎥/hで6畳~8畳用だそうです。

ソーラーコントローラーのLoad(負荷)にはインバーターを付けられないので、AC100Vを使うならバッテリーを経由しなければなりません。そうすると、バッテリーが電気を搾り取られて充電すらされなくなったり、さらに搾り取られて死んでしまったり、留守中に何が起こるかわかりません。数字上はほとんど安心なはずなのですが、誰もいない小屋の中でインバーターの低電圧警報ブザーが延々と鳴り響いている様子がどうしても目に(耳に)浮かんでしまいます。

結局、DC12Vにして、バッテリーを経由せずコントローラーに直接繋ぐことにしました。曇天でもよほど暗くなければたぶんファンは回るのではないかと思いますが、その辺はこれから観察します。仮に回らない日があったとしても、バッテリーが死ぬよりはマシという算段です。

P1070711.jpg

既にロフトに二ヵ所、換気用の穴を開けてあるので、これをそのまま使います。この穴、斜めってますが、僕にのこぎりを真っ直ぐ挽く能力が無いのと、美的センスに溢れているのと、斜めになったことに気付いても絶対直さない性格のせいです。

P1070719.jpg

工作はいつもの通り適当で、美的センスに溢れています。

P1070726.jpg

こちらがロフト。ロフトは特に熱が籠りやすいので、4個設置。

試しに回転している羽に触ってみたらとんでもなく痛かったので、あとで上から網戸を張っておこうと思います。そういえば、昔エアガンを買ってもらった初日にどのくらい痛いのか試しにてのひらに撃ってみて悶絶した記憶があります。一昨日も、「危険!」と書かれたサル用(?)の電気柵があったので、試しに触ってみたら心臓が飛び出そうになりました。

P1070735.jpg

キッチンにも設置しました。こちらは2個。

P1070731.jpg

両方まとめてタイマーで制御します。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: リフォーム

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ