寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

ロケットストーブについて  


ペール缶、砂(パーライトのほうがよい)、ステンレス煙突で、ロケットストーブを作りました。掛かった費用は煙突代のみ(1000円程度)です。

P1030377n.jpg
P1020994n.jpg

ペール缶と煙突を使ったロケットストーブは、毎日フル稼働すると穴が開いてしまうらしいです(うちはなぜか使えている)。場所を固定してしまうのならブロックかレンガで作った方が耐久性の面から良さそうです。

P1050414n.jpg

現在は、基本的な調理は全てロケットストーブでまわしています。薪ストーブでは使いにくい松や、その辺の得体の知れない枯れ枝など、何でも燃料にできます。一番良い点は、風の強い日でも安全に火を使えるところだと思います。カセットコンロと併用してゆくと便利です。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 生活概要
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ