寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

市街地を放浪・短期滞在する方法  


お金をかけずに市街地で寝泊りする方法です。

市街地でなるべく安く快適に暮らすためには、安アパートを借りて、家具も揃えて、電気水道を契約して、自炊をして贅沢を省いて、腰を落ち着けて長期的に生活するのが一番だと思います。

ここでは、小屋などの拠点が別にあって、一年のうちの何割かを断続的に市街地で暮らす、というような状況を念頭においています。

普段田舎に居てたまに都会に出るような暮らしの場合、家賃と並んで重要なのがフレキシビリティです。つまり、バック一つの荷物だけ持って、「今日入ります」と言って入って、「明日出ます」と言って出られる柔軟性・融通性のこと。インドやタイの安宿のような感覚で、日本の都会に滞在したいものです。

フレキシビリティのためには、
・家賃・光熱費以外の費用(初期費用や保証金の償却等、滞在期間に関わらず発生するお金)がかからないこと
・生活に必要な設備・家具が予め揃っていること
・退居を事前通知する必要が無いこと
などが重要です。部屋を貸す側にとってはありがたくないことばかりです。

これらを考慮して、僕の場合は、シェアハウスネットカフェ野宿の3種類をケースバイケースで使っていくような形に落ち着いています。

他にも、ドヤ街、サウナ、カプセルホテル、車でパーキング泊、ウィークリーマンション、ユースホステルなどいろんな手段が考えられますが、いずれもかかるお金のわりに大した利点は無い気がします。

滞在が数ヶ月ならシェアハウス、数日~数週間ならネットカフェ、お金が無い(あるいは宿を探すのが面倒くさい)場合は野宿、という感じです。

いずれにしても、市街地で、安く、フレキシブル、という三拍子揃ったお宿は、なかなか無いです。

いくら持ち物が少なくても、完全な放浪生活をするのは肉体的にもしんどいですし、実家や知人宅などを頼れない場合は住民票や郵便物その他でかなり苦労します。その点、維持費の掛からない田舎の小屋と、断続的な市街地の放浪生活というのは、相性がいいのではないかと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 市街地短期滞在
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ