寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

新著に関連して2  


僕は高校時代のあるトラウマをきっかけに、自分の中に閉じこもって思考するようになった。自分は自分の中に巣食う非合理的なものに頼らまい、負けまいと必死だった。

けれども、思考すること、理解すること、言葉にすることは、ときに非常に偏った認識を生み、極端な世界像を描き出す。考えれば考えるほど見えなくなってゆく「生」の側面がある。

その中で新著に書いた、「家族」や「病気」といった概念に関する軽率な言及を、端的に、心の底から後悔している。自分は思考の城の中にいて、何も感じなかった。

病気の人もそうでない人も、家族がいる人もいない人も、まずは安穏な生活を得られますように。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 出版
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ