寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

『絶望の国の幸福な若者たち』古市憲寿  



タイトルが秀逸である、なんとなく著者の名前を知っている、なんとなく著者と顔の系統が似ている、などの非合理的な理由で手に取った本。しかし自分にとって、不思議な本だった。

そういえば、秋葉原の事件を題材に小説を書こうとしていた田中慎弥がその理由を「犯人と自分の顔が似てると思ったんですよね。顔が似ているというのはあなどれないもので」と(考えてみれば当たり前のことを)言っていたのを思い出した。

この本を読み始めて期待するのは、我が国の絶望でもなく、若者の幸福でもなく、絶望なはずの状況でなぜ若者はそんなに幸福なのかというところだろう。

なるほど我が国の絶望的状況については、人口比率の問題を中心に広く読みやすくまとめられている(この本の大半がそれに費やされている)。若者が「幸福だと感じている」という事実についても、データが並べられている。

しかし、その二つを繋ぐ鍵が「コンサマトリー(自己充足的)」の一点しか述べられていない。コンサマトリーというのは「「今、ここ」の身近な幸せを大事にする感性のこと(p.104)」だそうである。

つまり、若者たちは「今、ここ」にある「仲間のいる小さな世界」の中で生きているので、

なるほど、多くの若者が生活に満足してしまうのも頷ける。幸福度研究によれば、幸せを感じるのに大事なのは実際の所得水準よりも、社会問題を「認識」しているかどうかだから、「今、ここ」を生きている若者ほど幸せなのは、当たり前と言えば当たり前である。(p.252)

として、ざっくり総括されてしまっている。

その「なぜ」の部分はいわば著者の想像力や解釈の力の見せ所だと思うのだが、どうしてそう考えるのか、総体としての「若者」をどこで見たのか、その理由が全く見えてこない。周りを見ていてなんとなくそう思う、ということだろうか。少なくとも、社会問題を認識しているかどうかということに関して言えば、過去の時代に比しても、誰もが多かれ少なかれ認識しているのではないだろうか。

邪推すれば、それはただ単に「正直、出会ったことがない、行ったことがない、見知らぬ人や物や場所のことは「どうでもいい」と思っている(p.295)」という著者の自己投影に過ぎないのではないかとすら思われる。

いや、もちろんコンサマトリーを重視している人もいるかもしれないし(僕自身もとても近視眼的である。コンサマトリーという言葉が適切かわからないが)、著者も「「若者」の全てを記述することなんてできない(p.15)」と予防線を張っている。しかし、一人ひとりの人間ってそんな単純なものではないような気がする。それをズバリ「若者は」として総括してしまうその度胸が自分には怖い。

僕は「人間の一般像」というものが全くわからないために、人間の集合を扱う文系科目は専らダメである。「一般の人間」としてどういうものを思い浮かべていいのかわからないのである。もちろん「若者」も然りである。端的に言うと、他人が何を考えているのかあまりよくわからない。その自分のダメさ、自分がこういった論考を不思議だと感じる部分をまざまざと見せつけられた一冊だった。

ただ、繰り返しになるが、事実やデータに関しては学者らしく丁寧な良い本だった。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 社会・経済
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ