寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

軽量一人用テント 東松山ー熊谷  


熱帯夜から一転して、昨晩は気温20度強で夜風が心地よかった。このくらいが一番よく眠れる。朝8:30頃まで熟眠。旅に出てから初めて深く眠った。

P1000190.jpg

昨日洗った靴がやはり乾いていない。しかたがないので甲羅干し。

P1000202.jpg

たまにはカンコウでも。

P1000204.jpg

馬頭観世音菩薩。「あなたの人生、馬く行く」。

P1000212.jpg

407号線沿いの洋食屋さん「らずべりい」でエビピラフセット。



P1000213.jpg

会計時、三十周年記念でティッシュ箱ケースを配っていたのだが、「旅行中なんで」と言って断ってしまった。少し野暮なことをしたなと思っていたら、「じゃあこれ持って行って、これなら途中で食べられるでしょ」と言って売り物のチュッパチャップスを二本引き抜いて渡してくれた。

P1000217.jpg

熊谷は荒川大橋に到着。こちらの橋の下の先住民は大々的にやっている。鶏を飼っていて、バーベキュー設備もある。

P1000239.jpg

ウナギ釣りをやっている人もいた。そういえば僕の相模川のテントサイトでも地産ドバミミズでウナギが釣れるそうだ。

P1000232.jpg

天気が大崩れすることはなさそうなので、たまには夜空の下で寝ることに。まあ、開放的な場所で寝るときの問題点は天気よりも夜露なのだが。

P1000233.jpg

このテントはいわゆる有名メーカーのテントではないが、ホームセンターレベルの安物でもなく、天頂にベンチレーションがついている。ポールはアルミ製で安心感があり、重量は1.4kg。テントの重量は高級品と安物でそこまで差はない。ちなみに鉄製のペグは途中で捨ててきた。ペグを打たなければならないような状況下で寝るつもりはない。



P1000229.jpg

Thank you, water. Thank you, God.

ss23.jpg

またウォーキングアプリの記録が消えた。

こんなに毎日毎日歩くつもりではなかったのだが、いったい何をやっているのだろうか・・・。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ