寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

酸素 熊谷-大泉  


最近、地球人の書いた本を読んだのだが、地球には酸素が豊富にある時点で我々のライフスタイルの参考にはならないと言わざるを得ない。その意味で、あの地球人の言うことには一般性がない。恵まれた生命体だけが為しうる特殊な生き方である。

P1000254.jpg

ご存知の通り、我々が争い合うばかりで平和に穏やかに暮らせないのは、埋蔵量の限られた地下資源である酸素を奪い合うからである。つい最近も、酸素の吹き出している砂漠地帯に隣接する町を巡る戦いで、多数の死傷者を出したばかりである。

P1000274.jpg

むしろ不思議なのは、地球にはほぼ無制限に酸素があって誰も彼も吸い放題なのに、いったい何が原因であんなに争い合っているのかということである。酸素ボトルを常に携帯していなければならない我々に推し測る術はない。こればかりは地球人に聞いてみないとわからない。

ss24.jpg




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ