寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

歩き縛りをなんとかしなければ 桐生-前橋  


いつの間にか歩き縛りみたいな感じになってしまっている。非常に良くない。いずれやめるのだから、どこかで早いうちにやめなければいけない。少しは歩こうと思って準備はしてきたものの、何がなんでも歩くという予定ではなかった。今日も・・・

P1000384.jpg

朝起きると洗濯物がプラネタリウム状態。

P1000386.jpg

荷物パッキングして、とりあえず行きますか。

P1000390.jpg

道すがら、無人販売みたいな有人販売発見。トマト一袋100円。

P1000388.jpg

こういう時のために唯一の調味料として塩を携帯している。

P1000344.jpg

ちなみに持っている食料はこれで全て。調味料として、塩。非常用食料として、SOYJOY。水筒用として、麦茶。それから、おまじないとして、マルチビタミン(&ミネラル&アミノ)。

P1000394.jpg

テントを張れそうなところを探しながら進む。こういう小さな橋は放置されて荒れていることが多く幕営には適さない。

P1000395.jpg

めちゃくちゃ怪しい。

P1000401.jpg

「レストランもやってますか」と入ってゆくと、何やら慌てた様子で奥の方へ引っ込んで、「○○さん、レストランだって、できる?できない?」とか言い始めたので、「お忙しければいいです」と逃げ出したい気持ちになる。別の従業員に「忙しいということはないですよ」と迎えられ、何やら明らかに従業員の使っている部屋のようなところを横切り、奥に案内されましたはヴィクトリア調の一室。恐る恐るメニューを開くと、「ステーキ」の文字と、4桁以上のお値段が目に飛び込んでくる。「すみません、パンください・・・」「あ、パンもお付けできますよ(ステーキに)」「あのおもてのやつ・・・」

P1000402.jpg

最初からこれでよかった。おばちゃんがおまけでラスクをつけてくれる。道路に座って食べましたとさ。

ss27.jpg

10キロ地点くらいからテント張れそうなところを探しはじめたが、歩き続けること30キロ、野宿砂漠地帯であった。

P1000414.jpg

辿り着いたは結局、前橋のネットカフェ。もう歩けない。12時間1905円は悪い値段じゃない。

P1000415.jpg

左足のマメは自然治癒したものの、右足のマメがひどいことになっている。足の付け根のリンパ腺が少し痛むので、雑菌が入ったかもしれない。歩き縛りを、なんとかしなければならない・・・。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ