寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

六日町300円キャンプ場 越後湯沢~南魚沼  


朝5時半起床。夜露がびっしり。

P1000766.jpg

洗濯物に埋もれて原型をとどめていないが、一応僕のバックパックである。

P1000775.jpg

立ち寄った中華料理店で「歩きながら食べて」とミニトマトをいただく。「歩きながらたまに休憩したときに食べて」なのか本当に「歩きながら食べて」なのか悩ましい。ちなみに歩きながら何かを食べることはまずない。

ss85.jpg

南魚沼市中心部の信濃川沿いでキャンプ地を探そうと思っていたが、グーグルマップで「キャンプ場」検索をかけたところ、市街地より2kmほど西へ入ったところに「上の原キャンプ場」というのがある。どうやら300円で泊まれるようである。寄ってみるか・・・。

P1000787.jpg

また地図を読み間違えたというか、読み飛ばしたというか・・・。キャンプ場はかなり高いところにあった。

P1000784.jpg

照明の一切ないトンネルを通り・・・

P1000797.jpg

近くの「ひいらぎ山荘」で受付を済ませる。

P1000801.jpg

キャンプ場到着。謎の多いキャンプ場であった。

P1000803.jpg

謎その一、全体が斜面になっていて、フラットな場所がほぼ存在しない。かろうじて僕がテントを張ったあたりが平坦と言えなくもない(あと少し離れた奥のあたりはオートキャンプの人がいたのでもしかしたら平坦な部分があるのかもしれない)。Wifiが付いてようが、ジャグジー風呂が付いてようが、砂金が撒かれていようが、平坦でないキャンプ場はキャンプ場としては落第点である。そもそも一体どうしてここをキャンプ場にしようと思ったのか・・・。

P1000806.jpg

P1000815.jpg

謎その二、足湯があるが熱すぎて足を浸けられない。

P1000819.jpg

謎その三、ほぼ売り切れでコーヒー一択の自販機。

P1000820.jpg

謎その四、やたらと綺麗なウォッシュレット。Toilet seats have bidet functions even at camping sites in Japan!! Japan sugoi!!

P1000809.jpg

水場もあるし、山荘の人はとてもいい方だったが、少なくとも徒歩で寄る場所ではなかった・・・。

P1000811.jpg

愛靴にも申し訳なかった。

P1000814.jpg

特に売店もないので、食料確認。緊急食SOYJOY、メロンキャラメル(残り一粒)、朝食で買いすぎてしまったおにぎり一個(偶然)、中華料理店でいただいたミニトマト(偶然)。今夜はミニトマトばかり食し腹を下してあの豪華なトイレ、そうかそういう天の計らいか・・・。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ