寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

世を忍ぶ仮の姿  


どうせ野菜はいまにたくさん食べられるという皮算用のもと、最近まったく野菜を摂取していない。

P1020572.jpg

メインエリアのほうはだいたい最初にやるべきことはやった。あとは枯葉か刈草でマルチをやるくらい。昨日はパクチーを薬味エリアに投入、そしてインゲンとメロン、シュンギクの発芽を確認。

P1020563.jpg

これがインゲン。むくり。

P1020569.jpg

こちらはメロン。ザ・双葉という感じ。

P1020558.jpg

トマトの芽は凛々しい。

P1020560.jpg

オクラは口髭っぽいなと思った。

メインエリア(550平米)は一応、セオリーとされているものに則って品行方正にやったつもりなので、サブエリア(380平米)のほうはもう少し我を出してやりたい。実はサブエリアのほうが若干土が柔らかい。

P1020526.jpg

穀物などいろいろ比較検討の末、結局、買ってきました食用大豆1kg。直売所にて、

-これ、芽出ますかね。
「出るわよ。出るけど、選別してないからどんなのが出るかわからないわよ」
-今年の豆ですか。
「今年っていうか、昨年採れて、今年売ってるのね」

らしい。まあ、賭けてみましょう。

P1020553.jpg

おにはそと~、でもよかったが、それはいくらなんでもやりすぎ。大豆はダイズにしましょう。一応線を引いて、だいたい均等になるようにポトポト豆を落として、ガガガっと表面を耕耘機かけて土とまぶした。そして仕上げに仙術で雨雲を呼んでおいた。作業時間は数時間。

メインエリアは世を忍ぶ仮の姿。そちらを見て地主さんもお役所の方も「お、ちゃんとやっとるな」と。まあ、お役所の方にはこのブログあっという間に知られてるのだが・・・。

僕はマルチシートがあまり好きではない。あれはシーズン終わったらただのゴミになる。家ではプラスチックごみなんていくらでも出るしそれに慣れているが、畑でそれをやるととても違和感がある。そもそも、マルチを敷く作業は農作業って感じがしない。もちろん、最初が手間なだけで、今の石油価格でのポリマルチの採算性や利便性は普及率が物語っているのだろうとは思うが。ましてや重機を入れて、化成肥料を入れて、ビニルハウスを建ててとなると、それはもはや「石油の宴の時代」を土の上でやっているだけな気がする。石油がどうというより、土いじりをしてまで世の中の忙しいペースに合わせたくない。

だからと言って、野菜は野菜である時点で既に自然ではないので、種を蒔いて終わりとはいかないし、自然農法なども不自然な野菜を自然にするために逆に手をかけてやらなければならないという本末転倒な印象。本来自然という無常の中にあるべきものをどうやって安定的・独占的に作り続けるかという試行錯誤は農の宿命なのだろう。残念ながら僕がやっている「自然農法エリア」は全く土ができていない状態で、今のところただの無栄養の不毛地帯にすぎないので、もう少しそのあたりを経験して、どこか自分なりの落としどころ、しっくりくる線の引きどころが見つかれば、将来的にも農に携わっていくのではないかと思う。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


our civilized life

>自然落下も自然消滅も意志に基づく能動的なエネルギーは必要ないのに、自然農法だけ変なの、くらいの意味です。
 了解です。ただ、農法(農業)が、不自然の始まりだという感じはしています。
 もうちょっといえば、悲しいかな、言語とそれゆえの自意識をヒトがもちはじめたとき、我々のめんどうな不自然は始まったように思っています。「はじめにエクセスがあった」(浅田彰)って、そういう意味だと理解しました。大昔の話です。
 野菜うまいな体験(断食後)、おめでとうございます!

 トマトは強いので、きっちりテープでとめれば復活の可能性があります。ただ、やっぱり不自然な連中には支柱がふつう必要なのかもしれません。ミニトマトはまがって地面をはってくれますが。それでも、トマトやキュウリの首が風で(メイストーム)へし折られないように、割り箸と麻ひもで守ってやることはできたと思いました(100円ショップ)。高く伸びたがるやつらには、支柱で(森で拾える?)支えをしてやる必要が生じるかもしれないことは、ちょっと考えておいてもいいのかもしれません。

 役所とのつきあいですが、販路のことを考え始めてもいいのかもしれません。うんざりするかもしれませんが、出口のことを。新規就農者がいちばん悩む点です。野菜がうまいからといって飛ぶように売れることはなく、それなりの道筋をみつけておかないと、商売=農業はなりたたないみたいです。これには時間をとられるみたい。しばらくは「がんばってる」でお許しいただけるのかもしれませんが。リアルな話ですいません。
 Welcome back to the civilization. Sad.

文太 #cciLdnBs | URL
2017/06/04 02:33 | edit



Re: 本末転倒?

自然落下も自然消滅も意志に基づく能動的なエネルギーは必要ないのに、自然農法だけ変なの、くらいの意味です。


> 寝太郎さん、こんにちは、文太です。
>  別にからむわけじゃないし、自然農法の布教活動をしているわけでもないし、僕の農法はそっち方向をめざしつつ、手抜きでなんとかならないか、という程度のものなので、大したことではないのですが。
>
> >自然農法なども不自然な野菜を自然にするために逆に手をかけてやらなければならないという本末転倒な印象。
>  「本末転倒」は言い過ぎというか、珍しくちょっと言葉遣いが乱暴かな、という感想をもちました。農作業全般があんまりに疲れるから、このやろう、という気持ちがこもっていたのだとすれば、分かります、分かります、と申し上げたいのですが。
>  もともと不自然な野菜は、どんな方法でも手をかけてやるしかないのじゃないかな、と思います。で、手のかわりに化石燃料(無機でも有機でも肥料や農薬)を使うか使わないか、かな、と。化石燃料依存をなるたけ少なくしたい(観察と手作業による人間の労働エネルギーで外からのエネルギーの代わりをさせる)、そんなものを「自然農法」派の人たちはめざしているのではないかしら。慣行農法より自然農のほうが手間がかかるのは、真面目にやればまず間違いないと思います。慣行農法が必要とする外からのエネルギーとは、ふつう「お金」に還元されてしまうものなのでしょう。不自然な連中(野菜)を不自然な存在(人間)が自然に近づけるには(適度の収穫を得て、おいしくする、本来の味を取り戻させる)、不自然で人工的な方法しかないという意味ですよね。
>  いずれにしても、やたら手間がかかります。それは畑の規模にやっぱり比例すると思う。基本、人力の作業なので。
>  ちょっと飛びますが、メロンはその後どうですか? 1晩でということなので、ウリハムシにやられたというより、別の理由で苗が弱り、弱った植物が好きな虫が「しめしめ弱っちいのがいるぜ」と寄ってきたようにも見えたのですが? 風で葉っぱがひっくり返っていたのかしら。うちではピーマンがそんな感じのときが今年ありました。あんなにドラマチックじゃなかったけど。うまく活着しない、というのがメロン栽培の難しいところだとは聞いたことがないな、とも空想しましたので。メロンは難易度が高そうで挑戦したことがないから、何も知らないのですけれど。

寝太郎 #BB2ws5Oo | URL
2017/06/03 03:11 | edit



本末転倒?

寝太郎さん、こんにちは、文太です。
 別にからむわけじゃないし、自然農法の布教活動をしているわけでもないし、僕の農法はそっち方向をめざしつつ、手抜きでなんとかならないか、という程度のものなので、大したことではないのですが。

>自然農法なども不自然な野菜を自然にするために逆に手をかけてやらなければならないという本末転倒な印象。
 「本末転倒」は言い過ぎというか、珍しくちょっと言葉遣いが乱暴かな、という感想をもちました。農作業全般があんまりに疲れるから、このやろう、という気持ちがこもっていたのだとすれば、分かります、分かります、と申し上げたいのですが。
 もともと不自然な野菜は、どんな方法でも手をかけてやるしかないのじゃないかな、と思います。で、手のかわりに化石燃料(無機でも有機でも肥料や農薬)を使うか使わないか、かな、と。化石燃料依存をなるたけ少なくしたい(観察と手作業による人間の労働エネルギーで外からのエネルギーの代わりをさせる)、そんなものを「自然農法」派の人たちはめざしているのではないかしら。慣行農法より自然農のほうが手間がかかるのは、真面目にやればまず間違いないと思います。慣行農法が必要とする外からのエネルギーとは、ふつう「お金」に還元されてしまうものなのでしょう。不自然な連中(野菜)を不自然な存在(人間)が自然に近づけるには(適度の収穫を得て、おいしくする、本来の味を取り戻させる)、不自然で人工的な方法しかないという意味ですよね。
 いずれにしても、やたら手間がかかります。それは畑の規模にやっぱり比例すると思う。基本、人力の作業なので。
 ちょっと飛びますが、メロンはその後どうですか? 1晩でということなので、ウリハムシにやられたというより、別の理由で苗が弱り、弱った植物が好きな虫が「しめしめ弱っちいのがいるぜ」と寄ってきたようにも見えたのですが? 風で葉っぱがひっくり返っていたのかしら。うちではピーマンがそんな感じのときが今年ありました。あんなにドラマチックじゃなかったけど。うまく活着しない、というのがメロン栽培の難しいところだとは聞いたことがないな、とも空想しましたので。メロンは難易度が高そうで挑戦したことがないから、何も知らないのですけれど。

文太 #aBg4C5Hk | URL
2017/05/30 22:36 | edit



寝太郎農園楽しみにしてます

大きめの風呂桶状のたらい(アマゾンとかで3000円くらい?)を
水を汲みたい場所の近くにおいて雨水を溜めておくと便利かもです。

ボウフラ対策としてパオパオ(不織布)をかけて
上からパンツゴムで縛って置けば大丈夫。

あとはポイントごとに焼酎の4Lペットボトルを置くとか。
(でもこれは結局汲まなきゃいけないので大変かも)

りん #uebO3AU. | URL
2017/05/27 08:36 | edit



Re: タイトルなし

> 畑への水やりはジョウロをもう一個買ってきて
> 両手でやるとかなり早くできますよ。
> ジョウロなんか400円ぐらいで買えますからね。

一応HCで売ってた最大のジョウロを使ってるんですよね。もう一つだとアイソメトリックトレーニングが捗りすぎる

寝太郎 #098mQ.iE | URL
2017/05/26 09:33 | edit



Re: タイトルなし

> 大豆の種まきは、ちと早いのでは?

夏蒔きのほうがよい(コガネムシなど)という話をチラホラ聞きました。時すでに遅し。

寝太郎 #098mQ.iE | URL
2017/05/26 09:31 | edit



畑への水やりはジョウロをもう一個買ってきて
両手でやるとかなり早くできますよ。
ジョウロなんか400円ぐらいで買えますからね。

実用 #- | URL
2017/05/26 07:43 | edit



大豆の種まきは、ちと早いのでは?

No Name #- | URL
2017/05/25 23:38 | edit



マイクテスト、マイクテスト

No Name #- | URL
2017/05/25 20:38 | edit



てすとてすと

No Name #- | URL
2017/05/25 20:36 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ