寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

来ちゃった・・・  


最初の立ち上げの頃は忙しかったからよかったのだが、最近畑に行っても微妙に暇で、別にうまくいっているというわけでもないのだがやることは特になく、芽が出ないものは出ないのでどうしようもないし、芽が出たものはそんなに水を遣る必要もないし、まだ張り切ってネットを張るような段階でもないし、今日は行くのやめとくかーと思っていてもなんとなく行きたくなって、結局行ってブルーシートを広げて陣営を張り、一人ピクニック状態なことが多い。

P1030122.jpg

サトイモは順調だが、土寄せをよく考えずに草マルチしてしまった。まあ草マルチならどかすのは簡単だが。黒マルチで覆ってしまったサトイモの芽は半分くらい触感で探り当て、救出した。救出時、芽は不健康に黄色く、先端は黒くなっていた。

P1030121.jpg

ジャガイモタワー建設中。

P1030106.jpg

VIPトマトはワサワサしてきてもうどうしたらいいのかわからない。

14974498925130.jpg

こんなふうに教科書通りに素直にいってくれない。

P1030067_2017061401471315b.jpg

がっつりT字に分かれてたりして、主枝も脇芽もあったもんじゃない。野菜も栽培主に似るか?

P1030061.jpg

ちなみに直播きトマトは今このくらい。

P1030109_20170614225239987.jpg

育苗中の芽が一向に出ない。一つも出ないというのは、やはり培養土のせいなのか?苗が育ってくれないとスペースが余り過ぎていて困る。

P1030113.jpg
P1030111.jpg

ウリハムシにやられていたメロン(上)とスイカ(下)は何とか持ち直してきて、新しく生えてきた葉っぱには虫がついている様子はない。苗を植えてすぐに萎れていたところを狙われたか。弱肉強食、情け容赦ない。

P1030060.jpg

枝豆は安心して見ていられる。

P1030050.jpg

サブエリアに撒いた大豆はこのくらい。サブエリアは完全放置だが一番うまくいっているような気がする。やはりサブエリアのほうが少し土がいいか。来シーズンはメインエリアとサブエリアを交換するのもアリ。

P1030052.jpg

スーパーで買ったカボチャ。

P1030123_2017061423054504b.jpg

VIPきゅうり(地這い)。

P1030088.jpg

葉物とアブラナ科が一気に来ていて、いったい誰があんなに食べるのだろうか。

P1030125_20170614230504015.jpg

ミズナはサラダにして食べると意外と腹が膨れるのでそんなにたくさんは食べられない。

そういえば前もどこかに書いたが、生で口にできる冷水を手に入れるのが難しく、ミズナなんかをサラダにして食べるのに洗うことができず、畑からちょん切ってそのまま食べている。現在我が家は、シャワー、洗濯、洗顔、食器洗い、お茶やコーヒー、調理用水、ウォッシュレットなど全て湧水に頼っており、その湧水は一応生では口にしないことにしている。といっても、食器を洗ったりなどしているので厳密な管理はできていないが。畑から採って直接食べるのと、その湧水で洗うのと、どちらがリスクが大きいかは定かでない。

それにしても水はすごい。勝手に大量に降ってきて、これだけの仕事をして、しかも乾く。衣服をざぶりと浸けて、汚れのほとんどを洗い流して、またどこかへ消えてゆくなんて、液体洗剤や石油にできる芸当ではない。






このエントリーをはてなブックマークに追加

category:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


野菜ジュースにするのがいいかも。
私も昔は沢山植えていましたが、今は1株や2株です。
3年前のですが、野菜収穫数を見てください。
http://blog.livedoor.jp/navel00/archives/2014-11-04.html?p=3
ミニトマトは驚く程採れますよ。

サンバー #1Ncfmy3k | URL
2017/06/16 09:08 | edit



寝太郎さん、上手に作ってるね。
私の畑はガッカリだよ・・・。
種は5月26日に植えた。
古い種のせいかなとも思ってる。

水菜は、いつも軽く茹でてます。
中から小さな虫が出てくるのでサッと茹でた方がいいと
思います。

サンバー #1Ncfmy3k | URL
2017/06/15 20:32 | edit



タイトルを見て

「寝太郎君、来ちゃった・・・」(元カノ)

という展開を期待したのに・・・・

大泉原人 #- | URL
2017/06/15 16:19 | edit



一人ピクニック

寝太郎さん
 いいですね、一人ピクニック。至福の時間じゃないですか。平和、すごく平和、とことん平和。Bライフ100%の日常みたいじゃないでしょうか。
 でも、ちょっとだけ労働があるのも悪いことじゃないと思うので提案です。
 僕は肥やけと寝太郎さんがおっしゃっていたことが気になってます。そうなのか、そうじゃないのか、とか。で、思ったのは耕耘が浅すぎはしなかったろうか、ということ。
 秋冬野菜としては、やっぱりダイコンですよね。おでん用の大根はやっぱりぜひ作りたい。けっこうな量を連続で食べても飽きません(僕のばあい)。11月から2月くらいまで食べられるのじゃないでしょうか。これには深く耕しておくのが吉。
 耕耘が浅くてもその畑けっこうできてそうだから何とかなりそうなものですが、よほど強い方針や信念がなければ、ちょこっとした場所を深めに掘っておくというのは悪いことではないと思います。目標60センチ。耕耘機の使い方をマスターして場所があるならシステマティックにガガガと。そうでないなら、スコップと鍬で地道に。
 硬盤層とか耕盤層とかネットで調べると、僕の意図してることがわかると思います。大根にこだわらずとも、長い目でみてやる価値はあると思う。土に空気を入れるのは、やはり良いこと(だと思う)。夏は暑くてやる気にならないと思うから、広い場所でなくていいから、毎日ちょっとずつぐらいで。深いところに落ち葉とか入れると(贅沢な手間隙ライン)、ガッテン流。(秋冬野菜の苗つくりは、8月終わりとか9月初めからとかです。そんなに先のことではありません。大根は直播です。きゃべつ、ハクサイ、ブロッコリーはポット苗がおすすめ。全部アブラナ科。虫が大好き。)
 メロンが復活してよかった。
 種まきトマトに支柱をしてやりませんか。25センチの枝。ちょっと不安。案山子映像から風がけっこうあるところみたいに見えましたので。使いまわしがどれだけ効くか分かりませんが、その手の資材はきちんとストックしておくと、いろんな場面で便利です。昔、菜園を始めたころ、僕は何かあるたびに100円ショップへ走ってました。
 ここでF1がきてしまいますが、種取りを考えておくと、来年の種代がかなりうきますよ。楽なのは豆科、トマト、ピーマン類、ゴーヤなど。アブラナ科の種取りはめんどうなだけだと思うから、趣味か成り行きで。
 暴れてしまったトマト。2本仕立てで。実がなってるところに日が入るように、ちょっとずつ上の葉を落とすのは、暴れてなくてもやる処理です。わき芽は欠く!(肥料分を無駄に使わせるために20センチまで伸ばすのはあり) 水はほとんどぜんぜんやらない。キュウリには水をやる。キュウリの根は浅く横に、それ以外のVIPはたぶん直根的。ナス、ピーマン類は根元に垂直にガガガと水をやる。ナス、ピーマンの仕立ても作戦を立てましょう! こういう意味では、同じナス科でも、こいつら処理がみんな違う。

文太 #- | URL
2017/06/15 15:49 | edit



私はカナダで日本の種子にこだわって頑張っていますが、寝太郎さんは私よりずっと後から始められたのに、素晴らしい成長ぶり。うらやましいやら、我が身を振り返って情けないやら。愛がなくては植物を育てるのは難しいですから、寝太郎さんの愛があふれているのでしょうね。

c #qBCSNz6c | URL
2017/06/15 02:41 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ