寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

スーパーカブのバッテリー交換&USBポート取り付け  


スーパーカブのバッテリー交換ついでにUSBポートを取り付けた。そういえば小屋の立ち上げ時など、バイク一台以外にソーラーやコンセントが無いとき、バイクからUSB充電できたら便利かもしれない。バイクは小さな発電機を積んでいるようなものだし。僕自身はもうソーラーがあるが、バイクで遠出したときなど、あるいは不測の事態に、スマホが充電できると安心である。

作業は簡単、猿でもできる、寝太郎でもできる。必要な物は全部、硬貨で開けられる左下の車載工具に入っている、と言いたいところだが、バッテリーボックスを開けるのに必要な10mm(または11mm)のスパナが入っていなかったので、DAISOで買って入れておいた。スパナとプラス、マイナスドライバーがあれば左の車載工具は開けなくてもOK。

P1030197.jpg

YT4L-BS互換のバッテリーをAmazonで購入。信頼できそうなメーカーのものだと2000円台、中には送料込みで980円もあったが、一応やめておいた・・・。



耐久性など詳しい選択眼はないので、自己責任で。

P1030200.jpg

まずは右のサイドカバーを外す。

P1030202.jpg

スパナでバッテリーボックスを開けて、内側に付いた蜘蛛の繭を眺めつつ(暖かくて居心地がいいんだろうな・・・)、バッテリーを取り出す。バッテリー交換だけならば、マイナス側から外し、新しいバッテリーをプラス側から付けて終わり。

カブのバッテリーは本来2年程度が交換の目安と言われている。もう7年使い続けて、エンジンをかけていないとニュートラルランプをはじめ一切のランプが点灯しないという状態だった。ちなみにバイク屋だと工賃込みで10000円程度。

ついでにUSBポートを取り付けることにした。



デイトナ社のUSB1ポート。

P1030207.jpg

これも特に難しいところは無いのだが、端子を取り付ける方向によってはバッテリーが収まらなくなるので、こんなふうに↑両方とも奥に向かって繋ぐとよい。というのも、

P1030206.jpg

バッテリーボックスは奥の上半分に余分な空間がある親切設計。

P1030216.jpg

サイドカバーの下に穴が開いているので線はそこから出すとよい。

P1030213_20170617141619294.jpg

こちら↑は悪い例。

P1030212.jpg

充電OK。

P1030225_20170617141211a80.jpg

通電テストもOK。

P1030219.jpg

線は前に持って来てスマホホルダーみたいなものを取り付けても良いのだが、僕はとりあえず運転中に使うことは無さそうなので、リアキャリアの下に格納。もちろんUSB側には防水キャップが付いている。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: スーパーカブ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


USB端子って思ってたより簡単に取り付けられるんですね
便利だなぁ!勉強になります
私もカブ購入したら取り付けよー

にゅー #mQop/nM. | URL
2017/06/20 15:43 | edit



家賃1万9千円アパートに住み、生活費7万円くらいで、ずっとのんびり生きてきたアラフォー独男。性欲に負け、彼女つくってしまった。週5日労働のふつうの底辺オジサンになるべきか?なお、彼女はごくふつうのお嬢さん。

飛山亮 #7cNMJH9Q | URL
2017/06/19 11:26 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ