寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

梅雨に濡れし緑深まりて田畝活況を呈す  


僕の畑どこいった。

P1030624.jpg
P1030623.jpg

大変だ、邪魔だ、ふざけるな、と言いつつ、雑草だろうがなんだろうが、植物の勢いが嬉しい。

P1030490.jpg
P1030578.jpg

草刈りを始めたらバッタやカエルをはじめ無数の虫が花火のように飛び出して来て、害虫だろうがなんだろうがやはり嬉しい。特にカエルの数がすさまじく、カエルは土の上で生まれるものでもないし、空も飛べないのだから、どこかの田んぼからこれだけの数が道路を横切るなどしてピョコピョコやってきたと思うと、歓迎光臨、ようこそいらっしゃいませ。

P1030631_2017070414444711f.jpg

なんとか凹凸が出てきた(凹が雑草、凸が大豆)。

P1030682.jpg
P1030670.jpg
P1030669.jpg

VIPエリア(市販苗、マルチ、化成肥料)は収穫近し。

P1030656_2017070415151876a.jpg
P1030681.jpg

葉物やかぶ類はもう既に爆発している。誰か助けて・・・

P1030663.jpg

こちらわさび菜。少しピリッとする。

P1030661_201707041515337ca.jpg

メロン直播き。

P1030634.jpg

カボチャ直播き。

P1030586.jpg

人参直播き。

P1030647.jpg

Tomato直播き。

P1030654_201707041511081ad.jpg

シュンギクはとう立ち気味?

P1030676.jpg

サンチュ。少しずつむしって食べられる。

P1030683_20170704174747f50.jpg

アルギュラ。強烈な胡麻の匂いがする。胡麻ドレッシング要らず。

P1030664.jpg

ネギ(いただきもの)。

P1030694.jpg

福岡翁いわく(『自然農法 わら一本の革命』『緑の哲学 農業革命論: 自然農法 一反百姓のすすめ』)、

一反で、家建てて、野菜作って、米作れば、五、六人の家族が食えるんです。自然農法で日曜日のレジャーとして農作して、生活の基盤を作っておいて、そしてあとは好きなことをおやりなさい、というのが私の提案なんです。

一反で五、六人は若干きつい気もするし、僕はまだまだ勉強不足だが、とりあえずこの一反の畑があれば死ぬことはないなというおぼろげな感触が、植物の勢いに背を押されてチラチラと見え隠れしつつ。そういえばうちの畑は水も張れるようになってるんだよなあ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


農業

seakって農業ベンチャーやってました。寝太郎さんもイノベーション起こしてください

wbsで #- | URL
2017/07/10 23:25 | edit



じぶんも浜松で畑をお借りして野菜を作っています、今年は玉ねぎとニンニクを収穫出来ました。今は同じく夏野菜の恵みを受けています。ナス、ピーマン、トマト、コーン、ブロッコリー、キャベツ、枝豆、里芋、らっきょ、オクラカボチャ、観賞用にひょうたんなどなど9月からまた来年収穫予定の玉ねぎとニンニクを作る予定です。また参考に覗かせていただきます。

モフモフ #- | URL
2017/07/09 21:24 | edit



初コメです

最近更新されてないようですが…
寝太郎さんのブログ楽しみにしてますよ

k #- | URL
2017/07/07 14:52 | edit



雑草、憎し

こんにちは。

これだけの畑の草刈り、さぞ大変でしょう。
私は、家の庭の草むしりだけで、へこたれてしまいます。
どうにも、腰が痛くなってたまらないです。

猫山 #- | URL
2017/07/05 21:43 | edit



素晴らしいですね。道の駅に出されないのですか。みんな喜ばれるでしょうに。素晴らしい。うらやましいです。

c #5/FrFqd6 | URL
2017/07/04 23:36 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ