寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

パソコン断捨離、秋の畑  


少し前にパソコンが壊れて、よい機会なのでスマホのみでやってゆくことにした。デジカメも断捨離した。文章書く際に少し不便するが、逆に言えばそれくらいしか困っていないが、逆の逆を言えば文章書けないとだいぶ困る。一応、bluetooth接続のキーボードがあるので、大量に打とうと思えば打てる。確定申告がどうなるだろうか…まあ先の話だ。



畑は全てが初体験のファーストシーズンを終え、ある種の興奮状態(?)も冷め、冷めすぎて一時意欲を失っていた。



今あるのは長ネギ、ナス、カボチャ、サツマイモ、とうもろこし、里芋、枝豆くらい。

しかし再びぼちぼち耕しはじめ、耕しはじめるとそれなりに、玉ねぎが二畝、人参が二畝、じゃがいもが七畝。つまり、カレーである。これくらいなら、芽かきや追肥に何度か訪れればいいはず。秋の雑草の生え具合は未知。



左から、丸ごと、半分にカット、表面に瑕をつけたもの。他にも男爵やメークイン、少し奮発して種芋などいろいろ。秋ジャガは腐りやすいので切らないほうがよいというような記述を結構見たが、刺激を与えたほうが芽が出やすいという情報もあり、結局いつものように下手な鉄砲を数撃つ方向で。じゃがいもの芽出しは、適度な湿度、20度程度の温度、そして光が必要ということで、どこに置いたらいいのか難しい。日向に置いておいたが、触れてみるとそのまま食べられそうなくらいに熱く、日陰のほうがよかった。

そもそもこの辺は、中間地と冷涼地のボーダーくらいらしく、ここより南は秋ジャガやるが、ここより北はやらない。最寄のホームセンターも秋ジャガは入荷せず。近所の方も秋にじゃがいもはあまりやらないということだった。それでまた秋のモチベーションが下がったのだが、「植えてみたらい〜んじゃない?」というお爺さんの声に従い、期待せず植えてみることに。



大量のエダマメは、成長が遅く気を揉んでいたのだが、なんとかかんとか食べられるくらいに実が膨らんできた。まだ少し早いが、試しに一房収穫。



見事なうぶ毛。ちなみにうぶ毛がきれいに立っているのがおいしいらしい。



ナスとカボチャばかり食べていたが、ナスとカボチャとエダマメばかり食べることになりそう。まあ、焼きナスとエダマメの夜食なんて望むところだが。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


にんにく、去年初めて50ヶやりました、楽です。
今年は100ヶにしようかと・・・。
最強の野菜第一位です、たべるとホント元気になります。
ちなみに第二位はかぼちゃ、三位?

aoi #- | URL
2017/08/29 11:57 | edit



うまそうだ

No Name #- | URL
2017/08/27 23:22 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ