寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

無題 小千谷~長岡  


寝ても覚めても体の熱が抜けない。熱が抜けないとまともな休息にならない。もうしょうがない、猛暑だけに。

P1000910.jpg

長岡に日陰はないらしい。

ss88_20160809095500596.jpg

さてどうするか・・・。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

暗夜行路 十日町~小千谷  


今日も一段と歩きたくない。徒歩旅行の悪いところは歩かなければならないところである。

P1000856.jpg

ギルドハウス十日町、お世話になりました。朝一番に抜け出してきたつもりが、マスターの西村さんは既に近所で草刈りをしておられた・・・。

P1000859.jpg

しかし暑い。もう九時くらいになるとヤバくなってくる。語彙貧困の世代と言われてもかまわない、とにかくヤバくなってくるのである。旅程で最も目を引くものは佳景絶景でも傾国の美女でもなく、日陰である。生活必需品とは何か。衣食住日陰である。8月8日は何の日か。日陰に感謝する日陰の日である。

P1000865.jpg

僕も暑い、オニヤンマも暑い。

P1000880.jpg

十日町の神明水辺公園。もう今日はここでいいや。

P1000879.jpg

川が流れていたので、さっそく水浴び。

P1000881.jpg

石に干しておくと一瞬で乾く。

P1000884.jpg

ここはきれいな洗面所もあるし。

P1000883.jpg

カッパもいるし。

何時間いただろうか、午後五時くらいにハタと思い立って、再び歩き出す。

P1000890.jpg

暑くない。歩ける。けど、新潟の夜って暗いのね・・・。

P1000896.jpg

足元が見えないほどの暗闇が続く117号線上で一瞬迷ったが、一泊4500円は出せない。

ss88.jpg

結局、今日も30km歩いてしまった。しかしいくら涼しくとも交通量のある道での暗夜行路はやめた方がよかった。反省している。

P1000900.jpg

AirsCafeかなりよかった。僕がよく使う快活クラブにはないシャワーが無料。マッサージ機も無料。他にも随所にネットカフェとしての気概が感じられた。料金は快活クラブと同じで一番安い料金が自動計算される後払い方式。

P1000901.jpg

P1000903.jpg

暗夜行路の末に足の裏を労る、これすなわちアンヨ行路。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ