寝太郎ブログ

2018年12月6日雑誌発売→『kotoba(コトバ) 2019年 冬号』特集・孤独のレッスン

消費電力1WのUSB照明とUSB扇風機  


家では主に、USB接続のLED照明と扇風機を使っています。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

照明のほうは消費電力1Wと書かれています。モバイル号でも使ったやつです。本を読んだり、書き物をしたり、パソコンのキーボードを照らしたりするには十分な明るさです。向きをグリグリ調節できるので便利です。


扇風機のほうは、消費電力は書かれてないのですが、最大2.5WのUSB電源をご用意くださいと書いてあったので、モーターの動き出しで2.5W使うとして、常には1Wくらいなんじゃないかと踏んでいます。首振り機能等はありませんが、思ったより涼しく、音もうるさくなく、満足しています。


両方とも、他の商品と比べて選んだわけではなく、たまたまあったものを買っただけですが、一応貼っときます。扇風機のほうは値段の割りに安物感がなくて、かなり人気商品のようです。



ELECOM USB扇風機 レトロ調 ブラック FAN-U18BK
エレコム (2011-05-13)
売り上げランキング: 51
グリーンハウス USB 10LEDライト フレキシブルタイプ ブラック GH-LED10FLK
グリーンハウス (2009-05-19)
売り上げランキング: 6958



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 太陽光発電
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

電気引き込みについて  


前に電器店さんに電気の引き込みについてお話を伺ったとき、「ライフラインを固定して建築物にしたくない」という事情も話した。すると、電気については簡単に着脱可能に施工できるということだった(お望みならばコンセント一つ抜くだけで切り離せるようにできる)。


具体的には、敷地内に小さなポールを一つ立てて、それにブンデンバンやらメーターやらを全部ひっつけておく、ということらしい。そんで、家かポールのどっちかでコンセントにしておけばOKらしい。どっちにしてもウチくらいの大きさだと直接家に電線を繋ぐことはできなくてポールは立てないといけないんだって。工事費はコミコミで10万円弱。


そんなもんかと思いつつ、どっかのコメントにも書いたけど、いろいろあってソーラーにしてしまったので、そのままになっていたんだけど、最近お役所(町、市、県の三つ)に確認してみたら、いずれもそのくらいなら大丈夫(建築物にはならない)という返答だった。


何度か書いたように、今のところいろんな面で電力会社の電力のほうが圧倒的に優秀だと思う。けど、電線電力のデメリットは可能性が無限に広がってしまうことだ。可能性を広げておくだけならタダだという人もいるかもしれないが、私は可能性が存在しているだけで心が安らがない。電気を引いてしまったら、冷蔵庫が使えるようになって、食材を自由に買えるようになって、スーパーで立ち尽くしてしまうだろう。パソコンは常時使えるようになるし、電動工具の可能性も広がる。電気が無ければ、米と味噌、鋸と金槌でやるしかないからなんの迷いも無い。で、その結果はというと、たいした違いは無く、普通に健康に生きているし、家には雨も動物も入ってこない。


------------------------------

 政府は、若者に向かってこういっている。

「あなたに100坪の土地をあげます。好きなように豪邸を建築していいですよ。若者らしく大胆な設計で、近所でも目立つ家を建ててほしいですね。ただし、建築費用はあなたもちです。自分なりに資金の算段をして、返済計画もちゃんと考えてください」

 ところが、若者たちは、一向に設計プランを立てるでもなく、住宅ローンを組むでもない。どこからか小さなテントを調達してきて、その土地の片隅に張り、楽しそうに暮らし始めたのである。

「これで当分は十分だ。無理な借金もしないから貯金もできるだろう。手を伸ばせば欲しいものには届くし、快適で住み心地もなかなかいい・・・」

-------------------------------




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 太陽光発電
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

夜でも明るい  


そう、私も電球という文明の利器を使っております。


100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ

屋外に置いてあるバッテリーボックス(一応メンテナンスフリーの密閉型ですが、若干の排気はあるようです。室内では使いたくない。)です。ここにお日様のエネルギーが貯め込んであります。うしろから直流の線が出ていて、


100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ
壁にあけた穴を通り、途中で二本に分かれます


100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ
一本は室内階下のインバーター(定格135W)へと繋がっています。写真のインバーターから出ている白い線は既にAC100ボルトです。真ん中がスイッチになっています。



100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ

線はリビングのLED照明に繋がっています。これは常にスイッチONになっていて、インバーターのON・OFFがこの照明のON・OFFの代わりです。インバーターはつけっぱなしておくと最大130Wのインバーターで0.5Wくらいの待機電力を消費します。太陽発電の一つのデメリットは、このように、インバーターをONにしないと交流の電気が使えない点です。ちなみにこのLED電球は1500円で40000時間(1日6時間使って18年)、消費電力4.7W、明るさは40Wの白熱電球相当です。狭い部屋ならこれ一つで十分。少なくとも安い乾電池式のLEDランタンより圧倒的に明るい。

100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ
もちろんパソコンにも繋がっています。


100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ 100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ
キッチンとトイレの照明です。こちらのスイッチはもちろん、常にはOFFになっています。これらの電球は頻繁には使わないので、LEDではありません。電球型蛍光灯というやつで、250円で8000時間(1日6時間使って4年半)、消費電力9W、明るさはリビングのLEDより若干暗い。でも白熱電球より圧倒的に優秀です。初期投資がタダ同然ですが、トータルで考えるとコスパはLEDとトントンといったところ。ただ、トイレの照明は一生かかっても40000時間は使わないので、このようにLEDと使い分けていけばOKです。


100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ
分岐した直流線のもう一本は、ロフトのインバーター(定格135W)に繋がっています。

100万円で土地を買って家を建てる寝太郎のブログ
ロフトの照明も、電球型蛍光灯です。インバーターが枕元にあるので、寝る直前にスイッチOFFできるようになっています。このようにインバーターをうまく分ける必要があるのが、ちょっと面倒なところです。

以上、ホームページの更新内容のコピペでした。


この生活を始めてから、バイクで外を走っていると、いろんなものが気になって運転が危うかったりします。

あのビニールハウスは結構暖かそうだとか、あのバス停はうちといい勝負だとか、あの小屋は何のためにあるんだろうとか、この土地は何にも使って無いけどもったいないなとか。


追記

ホームページに書いたHTMLをそのままコピペしようと思っていたんですが、
外部URLの画像は表示されないようで??

大きな誤算です。どうしようか・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 太陽光発電
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ