寝太郎ブログ

2018年12月6日雑誌発売→『kotoba(コトバ) 2019年 冬号』特集・孤独のレッスン

HooplaDooplaのBooking.com予約キャッシュバック8ドル  


以前、TopCashbackというキャッシュバックサイトでBooking.comを予約するたびに14ドルキャッシュバックという案件があって、ずっと使っていたのだが、ある時ミスでダブルブッキングをしてしまい、それが不正とみなされて、それまで貯まっていたキャッシュバックも全て帳消しにされるという悲惨なことが起こった。あんまりじゃないかとクレームをつけたが、結局うやむやになったままである。

その後やけくそでいくつか試していた他のキャッシュバックサイトのうち、HooplaDooplaというキャッシュバックサイトのキャッシュバックが今頃になって振り込まれた。

hd2.jpg

予約一回につき、8ドルのキャッシュバック。

hd1.jpg

ペイパルが使えるので、支払いも問題ない。

今のところ受け取りまで確実に終えられたのは、結局、これ一つだけである。

8ドルでも安宿なら大助かりなので、旅行中 or 旅行予定の人は使ってみては。





category: 旅一般
cm: --

放浪準備  


気兼ねなく長期間留守にしていられるように、いくつか手続きをした。

・確定申告

先日帰国した決定的な理由がこれ。確定申告。よって今回e-taxの準備をしてきた。
住基カードを作成して、電子証明書を取得。合わせて1000円で、役所に行ってすぐその場でできる。アマゾンにてICカードリーダを購入(1730円)。

DSC_0019.jpg

あとはクライアントソフトをダウンロードすれば準備完了。ただ実際、源泉徴収票などは未だに郵送のケースが多いので、収入源によっては完全にオンラインでは難しいかもしれない。


・税金、保険料

たった半年間留守にしていただけで健康保険の督促状が何枚も届いてて、最後の葉書には「もうこれで最後です、これで払わなかったら財産差し押さえますよ」とまで書かれていた。そういえば飛行機で隣に座ったyasuさんという人も、税金関係は全自動化してあって3年間ほど日本に帰っていないと言っていた。

今さらながら、自動引き落としにしてきた。これは金融機関カードを持って窓口へ行って手続きしただけ(無料だが、地元の銀行か郵貯しか受け付けてなかったりする)。

ちなみに、年金はいまのところ全額免除だが(今年は厳しいかな・・・どうだろう)、将来的に保険料が発生した場合、自動引き落としにされると逆に困るので、現状維持。

DSC_0013.jpg


・CITIカード

クレジットカードに付帯の海外旅行保険は、日本を出国してより90日間が普通。渡航中に延長することはできない。CITIカードであれば、渡航中に何か旅行関係の支払いをしてから2か月間の海外旅行保険が適用されるので、VISAカードなどと合わせれば計5か月間になる。

年会費3000円かかるので迷いながらも申し込んだものの、結果的に審査で落ちた。基準が年収200万円以上らしい。


・スマートフォンのSIMロック解除

タイに限って言えば、現地SIMカードを使っていない旅行者のほうが珍しく、「無線LANだけで、SIMカードは使ってないよ」というと、どうやって友人と連絡を取るのかと驚かれることが多い。

七ヶ月間無線LANだけでやってみて、不可能ではないが、そもそも現地SIMカードは意地を張るような価格じゃないし、SIMカードがあるに越したことはないと思った。よって、スマホのSIMロックを解除。


・口座、クレジットカード

あとは、銀行口座やクレジットカードのオンライン取引や契約内容などの設定をゴニョゴニョ。こういうのはあまり書かないほうがいいのかな・・・。まあ要は、何かあった時にちゃんとオンラインで手続き可能なように、資金切れにならないように、あるいはクレジットカードの契約内容で損をしないように。


* * *

いろいろとデジタル化・オンライン化への過渡期にあって、苦労して部分的にデジタル・オンラインの恩恵を受けたとしても肝心なところで結局紙が必要になったりとか、今一番面倒くさいときという気がする。源泉徴収票のこともそうだし(オンラインで可能な場合でも、デフォルトでは郵送されてきたりする)、たとえば住基カードに必要な顔写真なんて、デジカメやスマホで撮って、サイズ加工して、いちいちセブンイレブンで印刷して、それを役所に持っていて、結局役所でまたスキャナで読み取る。何をやってるのだろうか・・・。


あとは家の湿気対策だけだー。





category: 旅一般
cm: --

空港に住む  


東南アジア諸国の空港のトイレは、ウォッシュレットが単なる長い水道のホースだったりするので非常に便利です。

P1060809.jpg

洗髪できるのがありがたいです。排水溝があるのでうまくやれば体も洗えそうです。簡単な洗濯もできます。使用後は「来たときよりも美しく」。

日本のトイレはハイテクで有名ですが、ウォッシュレットが下からニョキニョキ出てくるノズルで、Bライフのことを考えていないので失格です。

P1060811.jpg

空港にはもちろん電源もありますし、WiFiも飛んでますし、食べ物も売ってますし、空調完備ですし、横になって寝れますし、何より人がたくさんいるから目立たないですし、住めます。

成田なんかも、昔は空港泊ダメだったらしいですが、今は認められています。住む場所に困ったら空港行くのも手です。

ゆっくりしながら、次どこ行こうか考えてます。





category: 旅一般

人力による世界一周  


世界一周(circumnavigation of the world)の定義が気になったので調べていた。どこをどう旅したら「世界一周」と言うのだろうか。

ある地点から出発して、一方向に進みながら地球の反対側の地点(対蹠点)を通過し、また元の地点に戻ってくる

伝統的な定義はこのようなものらしい。直観的にも明快。他にも細かな定義がいろいろな団体によって様々に決められている。(参照:What is a Circumnavigation?

人類初の世界一周は1522年のマゼラン艦隊で、今では飛行機を使えば簡単。移動手段を限定した世界一周のルールも様々。その中でも「人力による世界一周」(Human Powered Circumnavigation)というカテゴリがあって、たとえばギネスブックによる定義は以下のようなもの。(参照:FASTEST CIRCUMNAVIGATION USING ONLY HUMAN POWER

1.スタートとゴールが同じ地点。総距離は北回帰線の長さ以上。赤道を一回以上越えること。全ての経線を跨ぐこと。
2.西から東へ、あるいは東から西への一方向の行程であること。
3.人力のみ。風力は認められない。
4.一時中断することは可能。
5.中断したら同じ場所から再開。
6.自分自身の力のみで移動すること。
7.砂漠など通行不能な場所は避けて計画すること。
8.協力者の援助を受けることは可能だが、移動を助けてもらってはならない。

ざっくり言うと、世界一周の条件に、徒歩、自転車、カヤック等の「人力」の条件を加味したもの。海を越えるのに「風力は使えない」の条件がかなり厳しい様子。

日本のwikipediaを見たら「ギネスがガイドラインを設定してから今日まで、人力世界一周の達成者はいない」とあったので、さらに興味が出てきた。(参照:世界一周 -wikipedia

興味、というのは、自分がやるやらないということではなく、素人目には(もちろん大変だとは思うが)そんなに絶望的な条件でもなさそうに見えるのに、10年間近くなぜ誰も遣り遂げていないのか、という興味。

しかし、ギネスの公式ページを見てみると、「Jason Lewisによって2007年に達成」となっている。(参照:First individual circumnavigation of the globe using human power

どうやら、「人力による世界一周」のギネス登録を巡っては一悶着あったらしい。ギネス登録を試みるも無視されてしまったColin Angusは、自らを最初の「人力による世界一周」の達成者と称した上で、「ギネスの定義に従えば自分もJason Lewisも未だ達成していない」と主張しており、それを日本のWikipediaにおいて誰かがそのまま引用した模様。(参照:What is a World Circumnavigation?

なお、Colin Angusはギネスに嫌われるもNational Geographicから「初めての人力による世界一周の達成者」として認定されている。(参照:Adventurers of the Year: The New Magellans

さらには2012年に、完全にソロでの人力による世界一周が46歳のErden Eruçによって達成されている。つい最近の話である。Colin Angusはチームだったし、Jason Lewisは個人であったが他人の力を借りていた。(参照:Around-n-Over: Erden Eruç completes the World’s 1st Solo Human-Powered Circumnavigation in 1026 Days

ギネスの「人力による世界一周」の定義には、「中断」に関する項目がある。

4.一時中断することは可能。
5.中断したら同じ場所から再開。

ギネスに認定されたLewisの世界一周は13年間のうちに断続的に行ったものだったし、Erdenも5年間の間に何度も中断している。(参照:Human Powered Circumnavigation

僕が調べた限りでは、中断をせずに人力で世界一周をした人はまだいないようである。

「世界一周中です」という人に、「赤道を一回も跨いでないから、あなたの旅はギネスブック的には世界一周ではないです」とか言ったら速攻で嫌われそうである。





category: 旅一般

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ