寝太郎ブログ

2018年12月6日雑誌発売→『kotoba(コトバ) 2019年 冬号』特集・孤独のレッスン

不毛の地  


ナスは実るには実るのだが、

P1030693.jpg

このくらいの大きさになると猿が持っていってしまう。
ひどいときには花の時点でむしってしまう。

一本だけ植えたこの苗、猿に折られて折られて、何度も再生し、殊勝に生き続けてはいるのだが、さすがにもう3つくらいしか実をつけない。

P1030900.jpg

今もこのくらいの大きさなんだけど「そろそろ食べようかなー」と思っていると猿がやってくる。

P1030675.jpg

こちらは青じそ。
猿は食わないけど、小さな虫が穴を開ける。
そうめんやラーメンにずいぶん楽しませてもらった。

P1030821.jpg
P1030891.jpg
P1030827.jpg

ゴボウはこんなサイズである。
掘り出すの楽でいいのだが・・・。

P1030874.jpg

ゴボウ料理いろいろやったけど、鶏のささみと炒めたのが一番おいしかった。

近所の広大な畑にナスやらトマトやら勢いよく育っているのを見ると、こんなアホな場所でアホな人間がアホな菜園をするのはやめなければいけないとつくづく思う。




category: 家庭菜園
cm: --

相変わらず霞(ミズナ)を食って生きている  


もうちょっと大きくなってから・・・とか欲張っていたら、みるみるうちにトウが立ち始めて、花が咲き、慌てて消費している。そういえば、サラダ用の小さな品種だった。

P1030467.jpg

黄色いのがミズナの花で、白いのがルッコラの花。
これで、100均で売っている50円の種一袋。コストパフォーマンスはいいんだけどな・・・。

ラーメンに入れてみたり、そうめんに入れてみたり、炒めて夜食にしたり、手を替え品を替え。天ぷらもやったけど、繊維が残っちゃってあまりおいしくなかった。他にも、

P1030445.jpg
P1030421.jpg

ハム&ミズナサンドウィッチ。

P1030471.jpg

ゆで卵とチーズとマヨネーズのミズナサラダ。

P1030517.jpg

本日は、鶏のささみとぽんずで。

P1030511.jpg

ミズナの畑にずっと生息していて、丸々太ったバッタ。日ごとに大きくなるから憎たらしい。

P1030482.jpg
P1030483.jpg

ジャガイモは一度アナグマに掘り返されて、また埋めておいたのだけど、今度は猿がやってきて完全にここ掘れ状態だった。
もうジャガイモは二度とやらない。
猿がいるとなんにもできないよ!

ミズナは猿には無視されてる。
現在は、もはや花が散って種ができている。
ちょん切ったところからは新たなミズナが再生してるけど、やっぱり最初のよりは元気ないかな。どうだろうな・・・。




category: 家庭菜園
cm: --

我が家の夏は比較的涼しい  


P1030306.jpg

ミズナは全く間引きしなかったから大小入り乱れワサワサしている。
もっと大きくなるような気もするけど、ちょん切れば再生するらしいので少しずつ食べていこうかと思ってる。

P1030307.jpg

球根から植えたネギ?ワケギ?は極めて順調に育ってる。
本当は、ホームセンターで球根とか買ってたらあまりコスパ良くないんだろうけど、とりあえず収穫の喜び優先で、種やら苗やらお金を払って購入してる。
それでも野菜を直接買うよりは安いし、畑が冷蔵庫代わりになるのは大きい。

P1030323.jpg

この辺は、ナス、キュウリ、ゴーヤなど、安売りしていた苗を適当に。
人参の破片が見えてる。もうずっと前(3月)にコンポストの中身を畑へ持ってきたときにあったもの。ウ○コもそうだけど、意外と土に埋めておいても分解されなかったりする。いろいろ不思議である。

P1030310.jpg

ゴボウとジャガイモ。どうだろうなぁ。採れるといいなぁ。

近くをバイクで走ってれば畑が延々と広がってるし、ちょっと林を歩けば山菜が山ほどある。
僕はこの狭い畑で一体なにをやってるんだろう、と思わないでもないが・・・。
でもまぁ、毎日すくすく育ってくのを見ているのはいいもんだ。

P1030318.jpg

このあたりはツツジが多い。ツツジじゃないかもしれないけど、僕はツツジって呼んでる。

P1030321.jpg

クヌギの木のおかげで我が家の夏はけっこう涼しい。
建物的には日光が当たったほうがいいのかどうかよく知らないが、薄い屋根で直射日光が当たったらロフトで死んじゃうから、とりあえず気に入っている。
気温が上がってきて集めた薪をカットする気がおきず、薪棚が全然埋まらない。




category: 家庭菜園
cm: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ