寝太郎ブログ

人生の余裕  


実に簡単なことで、気持ちが落ちてしまうものだなと。

新しい小屋は生活環境も含め大体整ってきた。しかし、部屋を暖める方法が思っていたより難しく、適当にやれば命にかかわる。それで、ブログやYouTubeで温水暖房や外気導入の方法、小型の薪ストーブなどあれやこれや調べていたのだが、突然、「いやいや、こういうことがしたいんじゃない」という思いが鎌首をもたげてくる。複雑なことはしたくない。物はなるべく作りたくない。調べたくもない、学びたくもない。本当は今頃、ちゃっちゃと小屋を建てて、薪ストーブだけ設えて、自分の身体を包むような2畳の小屋で静かに過ごしているはずだった。

自分はだいたい、インターネットで調べものをするのがあまり好きではない。誰かの知恵を拝借したり、マニュアルを読んでその通りにやったり、集合知の中から正解を探し出したり、そういうことが好きではない。「最も賢い方法」を探しているわけではないのだ。むかし家の庭で段ボールハウスを作っていた時のように、自分の思い付きで、適当にやりたい。それ以上のことは、失敗してから考えたい。

そういうやり方しかできないので、今回のように、いざ「命にかかわること」に取り組もうとすると突然思考停止状態に陥ってしまう。思い付きでは駄目なのだ。失敗が許されない。なんでも適当にやる僕が苦手なことは、「命にかかわること」と「他人に迷惑をかけるかもしれないこと」である。だから、誰もいない山の中で好き勝手やるのが一番性に合っているし、他人の畑を借りたのは失敗だった。

さらに。YouTubeを見ていると、いろんなものを作ったり、嬉々として説明したり、エコやDIYで盛り上がっている動画の背後に、「人生の余裕」が映る。ああ、こういう余裕のある人たちがやることなのだ、と。自動車が映ったり、立派な家が映ったりして、「電気引いてるなら、自分なら炬燵買って終わりにするけど」なんて、つい思ってしまう。しかしこれは、結局自分も同じことである。

そこに映っている人生の余裕というのは、そういう金銭や物質的なことよりもむしろ、気持ちの余裕である。前に、ライフスタイルのマイノリティの「けれども」について書いた。マイノリティは、「立派な家に住んで、たくさんの物に囲まれて、という生活ではないけれども」の「けれども」の部分で、「あれもない、これもない、自分には何もないけれど、毎日明るい気持ちで、穏やかに、のほほんとやっています」みたいな「人生の余裕」が主張されると相場が決まっている。それがなければ、マイノリティとしてすら受け入れられないのだ。

僕にはない。人生の余裕なんて、これっぽっちもない。穏やかな時間というより、呆けたような空白の時間があって、そして思い出したように不安と焦燥感に襲われる。

僕は小屋というものに対して、安心して愚か者でいられること、将来的にもっと愚か者になりうることに対して安全地帯という保険をかけておくこと(そのためには物は少なく、なるべく複雑な仕組みは避けなければならない)、それが結果的に、「生の物語」に還元しようのない人格、世間では居場所のない人格の救済の場となりうること、そういうことを求めている。未だに。ただそれを伝えるために、物語の仮面を被る。

僕は昔、そうした諸々の思いを込めて「Bライフ」という言葉を使った。しかし生活形式を表現する言葉としては極めて使いにくいと感じ、自分ではあまり使わなくなってしまった。というのも、一たび生活形式としてBライフを捉えると、それはつまり自分の土地を手に入れて適当にやっていこうということであり、それは特段珍しいことでも何でもなく、その特異性も掻き消えてしまうからだ。

もっと心身ともに頑健であったら、本当に何一つ持たないのに。自分はほんと弱っちいからな。




category: ライフスタイル

二畳庵の生活・レイアウトと問題点  


・基本前提

広さ:二畳
電力源:ソーラーとガソリン発電機
熱源:薪と廃材
工具:手工具とインパクト
水:湧き水
移動手段:スーパーカブとリヤカー




・電気の確保


僕が電気を引かない(現在の)理由は「贅沢」です。あの野道の脇に電柱が立って、小屋に線が繋がれるとなると、なんか嫌だなと。365日生活している人はそんなわがまま言ってられませんから、やはり僕は小屋にいることで繋がれないという贅沢をして遊んでいるのだなと思います。というわけで電力源の主力は未だにソーラーなのですが、ソーラーは曇りだと晴れの3割くらい、雨でも1割くらい充電されると言われています(体感もそのくらい)。多少日陰になっても、昼間明るければ緩々と充電されたりします。ですから林に囲まれた我が家でもソーラーでやっていけるのですが、秋は本当に厳しいです。太陽の角度が浅くなるのに葉が落ちない(ちゃんと葉が落ち切るのは12月後半)。だから10月11月あたりはいつもどこかのゲストハウスや海外に行っていました。今回、バックアップとしてガソリン発電機を導入しました(直接の理由はインパクトドライバーを使うためでした)。インバーター内蔵のもので、AC100V、DC12V、USBが付いていて、精密機器も充電可能です。ただ、ガソリン発電機はただでさえ燃費が良くないのに、商用電力みたいに「少しだけ使う」ということができません。一応、オートスロットルという、負荷によって回転数を調整してくれる機能がついているのですが、ある値以下にはなりません。一方でバッテリーは扱いが難しく、急速充電を避けるためには、今のバッテリー容量が480Whなので、48W程度の充電しかできません。それらの事情も込みでいろいろ計算すると、商用電力の25倍もの値段になります。ただ、ガソリンさえ常備しておけばいつでも使えますから、雨が降って湿気た部屋の中で真っ暗になってパソコンすら使えないみたいな萎える状況は避けることができるようになりました。

IMG_20201014_093354.jpg


・食事のローテーション


健康に気を遣うようになってきたということは、健康ではなくなってきたということかと思います。この半年間で健康に関する本を読み漁りまして、当然必然、食事に関する知識も増しました。「食べたいものを食べるのがよい」というのは進化的ギャップの罠(生物としての遺伝的変化が社会や生活様式の変化に追いつかない)に引っかかりやすいというのは納得がいくし、やはり糖質・炭水化物は控えめに(糖質制限)、なまものや発酵したものは腸活・免疫力向上によろし(ローフード)、生物の一部より全体を食べたほうがいい(ホールフード)、空腹時間を作ることによるオートファジー効果(ファスティング)、などだいたい信じています。一方で、細かな食品添加物・人工食材などを「食べないほうがいい」というのはそこまで気にしていません。さてそこに、冷蔵庫無し、そしてズボラ、という制約が加わるとどうなるかなと考えた結果、朝飯はバナナとナッツ、昼飯は玄米を炊いてごま塩・煮干し等で食べる、そして夕飯は玄米の残りに卵をかけて雑炊と味噌汁、をベースにしておけば、間違いはないのかな、と思っています。特にナッツは何を読んでも推奨されていました。朝飯を抜きにしてオートファジー効果を狙い、ナッツをおやつにしてもいいかもしれません。あとはビタミンやタンパク質をどう補うかです。特にタンパク質は健康だけでなくメンタル面にも重要だそうで、タンパク質を摂らないくらいなら小屋暮らしなどしないほうがいいのかなと思います。タンパク質、常温保存可能、なら大豆でしょ、という安易な発想で大豆を1kg購入しましたが、考えてみると大豆が美味しいと思ったことはありません(枝豆はいくらでも食べられるのですが)。ご飯のお供やみそ汁の具として、常温保存できる食材はまだまだ開拓中です。常温保存と言っても、ここは避暑地の部類なので、秋・冬・春はそこまでシビアではなく、多少の誤魔化しは利きます。サプリメントは考慮し出すとキリがないので、今のところは視野に入れていません(マルチビタミンとかは持ってますが)。缶詰も同様の理由からあまり買わないことにしています。なるべく原始的な食材でまわしてゆきたいです。


・レイアウト

caDSC_0022~2 (248)

caDSC_0022~2 (235)

caDSC_0022~2 (241)

厚手の冬用寝袋を買ってしまって、しかもそれを敷布団にして夏用の寝袋で寝られている状態なので、忍びよる寒さに対して変な余裕があって、薪ストーブをどうすべきなのか、本当に室内で使えないのか、他に代替案があるのか、全く考えが進んでいません。そもそもこの薪ストーブがかなりの面積を占領しているので、これが無ければだいぶ広くなります。さらに、この薪ストーブがあるか否かでキッチンのレイアウト改善案や、シャワーの位置なども全く違ってくるので、結局そのあたりのことは全く手つかずのままです。現状ひとつだけ困っていることは、食器や調理器具の置き場所がないということです。


・洗濯の選択


小屋で衣服を洗えるなら石鹸なり重曹なりを使えばいいのですが、大量の水を使う洗濯は水場まで行ってやりたい、という事情があります。水場で石鹸や重曹を使うわけにはいかないので、マグネシウムでの洗濯に期待しています。マグネシウムによる洗濯の評判は真っ二つに分かれているようです。おそらく、普通の家庭の洗濯槽に対してはマグネシウムが少なすぎたり、合成洗剤並みの能力を期待したり、あるいは合成洗剤にマグネシウムを加えて合成洗剤単品よりもさらに真っ白になると考えていたり、そうして落胆の評価に繋がっているのではないかと希望的推測をしています。水と反応してアルカリイオン水になり界面活性効果を持つという理屈上は汚れが落ちそうなものです。まあ自分には選択の余地がありませんので理屈上落ちるなら落ちるはずだ、少なくとも水よりはましだと思って使う所存です。


・燃料の消費


廃材を燃やさなければならないのと、できれば同時に炊飯してしまいたいのと、両立させるためにはどうしたらいいか考えています。ロケットストーブもあるのですが、廃材というのは基本的に細かい薪ではないので、ロケットストーブは使えません。というか、ロケットストーブ便利なのですが、ああいう形状の薪って自然界にはそんなに大量にはないので、みんなちまちま薪を斧で細かくしているのでしょうか?というわけで、ある程度の大きさの木を燃やせて、なおかつ鍋に当たる火力も維持できるように、少しずつ改良しながらレンガを組み上げています。できれば工作などはなしで、レンガやブロックの組み合わせだけでなんとかしたいです。


・シャワー


ポリタンクに水を入れて1.3mほどの高さに設置、ブルーシートで囲い、下にはトロ舟を置いて、座ってシャワーにしてます。満タンのポリタンクを1.8mの高さに上げるのは大変そうだったので、立って浴びることは諦めました。前に小屋で浴びていたシャワーの大きさと変わらないはずですが、妙に狭く感じると思ったら、しゃがんでるのでした。そのせいでブルーシートの仕切りが体にベタベタまとわりついて、これはちょっとどうにかしないといけないかもしれません。水だけでさっと流すならまだしも、石鹸でもこもこになっているときにブルーシートがまとわりついて、挙句にブルーシートをぶら下げている洗濯ばさみが外れたりするとさすがに「この暮らし間違ってるな」って気持ちになります。手動空気圧ポンプでポリタンクからシャワーホースに水を促すグッズがあるらしいので、それを使って立って浴びられるように改良すべきかなと思います。気温が20度を下回ると水シャワーがきつくなってくるので、お湯の追加なしで浴びられるのはあと数日かもしれません。


・物置きと雨による土の跳ね返り


床下まわりもいろいろ問題があります。とりあえず物は床下に置いていますが、やはり埃っぽくなってしまうので、床下に裸でポンと置いておけるものは限られてきそうです。また先日の台風程度の雨でも、思ったより土の跳ね返りがひどく、基礎や床下に置いていた物も泥まみれになってしまいました。前の小屋ではどうして気にならなかったのかなと考えてみると、一面は薪棚の薪が跳ね返りの被害を受けていたし、前後はトイレと玄関の大きな軒があったし、もう一面は常に落ち葉で埋もれていて、なんとなくうまく(?)いっていたのだと思います。物置に関しては、前回木材で自作していたのですが、開口部が杜撰であったため、カマドウマの巣になってしまっていて、中の物がカマドウマの糞で汚れてしまっていました。やはりそういうものはキッチリ閉まる市販のものを買ったほうがいいのかなと思います。10000円程度出していわゆる物置を買うのか、それとも、プラ製のホームボックス的なものを床下に押し込んでおけばいいのか、また土の跳ね返りの対策はどうすべきか、思案中です。砂利を敷くのが王道なのかなと思いますが、たった二畳でも一周敷くとなると結構な量の砂利が必要になってきそうです。あとは、防草シートあたりでしょうか。


総じて、やるべきことはたくさんあるはずなのですが、暖かい寝袋があって玄米を食べていれば最低限大丈夫という余計な自信のせいで、遅々として進んでいません。




category: セルフビルド、DIY

Youtubeを始めてみて  


・Youtubeについて

Youtubeを始めてから風変わりな一週間が過ぎました。(前に動画を投稿したことがありましたが、それは"Youtube"に投稿したという気持ちではありませんでした。)
きれいな動画なんて作らないぞ、きたない動画を作るんだ、と思ってたのですが、一番新しい動画でBGMを入れたらそれっぽくなってしまって、変な気恥しさを味わっています。



撮影中は、カメラに向かって話すことに一日目こそ違和感があったものの、意外とすぐに慣れて、むしろ楽しんでいました。本来、音声としての言葉って誰かに投げかけるものなわけで、それを一人の時にやるというのはおかしなことですが、一瞬で慣れてしまいました。自分にこんな芸当ができるのだなと思いました。

問題は、編集しているときです。とにかく時間がかかるし、苦痛以外の何物でもないです。肩が凝って、抜け毛が増えて、睡眠の質も下がるし、絶対に健康に悪いです。「ああ、ウーバーイーツやりたい、自転車で走りたい」ってなります。もう簡単な編集以外は二度とやりたくないです。

そして、公開した後。妙に落ち着かない。慣れの問題でしょうか。一つの動画につき、1000人の人が見てくれているという事実に慄きます。世の中には再生回数の多い動画もたくさんある(というか目に付く?)ので1000という数字は普通だろうと思われるかもしれませんが、自分にとってはとても大きな数字です。前に投稿した動画で40万?50万?視聴されたものがありましたが、そういう数字はきっとネコの動画と一緒に「あら素敵」と流し見されたもので、水物なのです。それと今の1000という数字は比べようもありません。

特に「建築日誌」の1000という数字は自分の想定よりも一桁多く、録音状態の悪い動画を投稿し続けることを断念しました。元々ボソボソ話すのに、途中からスマホを遠くに置いて話すようになって、しかも山の中で心が落ち着いているものだから、どんどん自分の声も小さくなっていって、後半の素材はもはや自分でも何を言っているのか聞き取れないくらいの状態でした。

本当は、余白が好きなんですけどね。何もない無音の余白が好きなんです。でも、その余白がザーというノイズなので、それをなんとか埋めたり、詰めたりしないといけなくて、悲しかったです。僕自身が余白だらけの人間なので・・・。

ちなみに、チャンネル名の変更回数に制限があるのを知らなくて、「自作小屋暮らしTakamura」という変な名前に固定されてしまい、しかもチャンネル名がGoogleアカウント名と連動しているようで、これは日ごろ使っているものなので、メールを開いても何をしても「自作小屋暮らしTakamura」になってしまいました・・・。

いきなりYoutube始めたので飢えてるのかと心配してくださる方いましたが、東京でウーバーやればいくらでも稼げる(ただし秋は厳しい)のでご心配なく。小屋へ行ったり、東京でウーバーしたり、悪くないですね・・・。

いろいろと振り回された一週間でしたが、Youtube自体は楽しかったです。

旅(動画作り)の一番の効能は、故郷(書き言葉)の良さを思い出すことだな、とも思いました。


・廃材について

前回の記事で「新居の建築に廃材を使わなかったのか」という質問がありましたが、ほとんど使いませんでした。(最後のほうに木材が足りなくなって、一番目立つところに汚い廃材を使う羽目になった)
理由は一言で言うと、僕の怠慢です。最初は使うつもりで釘もタッカーも一本一本抜いて積み上げていったのですが、これではいくら時間があっても終わらないと思い、お金で解決することにして、廃材は釘ごと放り投げておいてそのまま薪にすることにしました。バールで解体しているうちに、どの木材にどのくらいのダメージを与えたのか整理がつかなくなっていったのも理由の一つです。


・寝具どうしよう

小屋に置いておいても不潔ではないもの、そして場所を取らないものを選ばなければなりません。となると、いわゆる布団、綿製品は除外かなと思います。いや、前回の小屋で、ロフトに置いておいた布団自体がカビたりとか臭ったりとかいうことはなかったのですが、やはり普通に考えて布団は置けない気がします。365日小屋にいて定期的に干したりできるならいいんですが。
現在の寝具は、Mozambiqueの折り畳みキャンプマット、歩き旅の時に使っていたアルミロールマット、安物の寝袋、寝袋のインナーシーツです。
いわゆるエアーベッド・エアーマットは、十年ほど前に路上で使っていたことがあって、たまたまかもしれませんが、どうもしっくりきませんでした。もう一度チャレンジしてみてもいいかもしれません。


・暖房

あと、暖房方法です。ほんと馬鹿なもので、夏には冬の寒さを、冬には夏の暑さを忘れてしまって、もう何十年も繰り返していることなのに、つい「意外と暖房なしでもいけるのでは」とか考えてしまいます。けれども、絶対に冬になったら「やっぱり必要だ」と思うわけです。
狭い室内では火は使いたくないなというのが正直なところです。室温は窓の開け閉めで調節できたとしても、やはり一酸化炭素中毒が怖い。前の小屋で既に怖かったですから。
温水暖房に興味津々なのですが、「電気がない」「冬は外に置いてある水が氷る」という条件で、外で焚いた火の熱を水を介して室内に伝えるのはなかなか難しそうです。普通に寸動でお湯を沸かして、手動で室内に運び込むとか?それでどれだけ効果があるか。
薪ストーブを外に置いて、煙突だけ室内を通す手もありますが、外に行かないと薪ストーブを操作できなかったり、薪ストーブが目の届かないところに行ってしまったりと、いろいろと考えてしまいます。


そのほか、調理器具を吊るすスペースを作るなど、やることはいろいろあります。




category: セルフビルド、DIY

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ