寝太郎ブログ

2018年12月6日雑誌発売→『kotoba(コトバ) 2019年 冬号』特集・孤独のレッスン

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法とキャンペーンについて  


(2019年12月現在の情報です)

 アプリをオンにすれば仕事開始、オフにすれば終了。ウーバーイーツのメリットはこの気楽さに尽きる。仕事内容が飽きない程度に単純であること、濃い人間関係が無いことなども、ウーバーの特徴。

・案ずるより産むが易し

 仕事自体は拍子抜けするくらい簡単で、案ずるより産むが易し、とりあえずやってみたほうが早い。オンライン登録してパートナーセンターにバックを受け取りに行けば、その日から配達可能。アプリをオンラインにして待っていると、依頼(リクエスト)が来るので、お店に行って、商品を受け取って、注文者さんに渡しに行けば終わり。

201905100041452b5.jpg

・収入

 都内中心部、自転車で、一日数時間、臨時クエストを拾っていくやり方だと、時給は2500円程度です。
 参考までに、2019年10月、11月の僕の数字はこんな感じ。

【10月】
平均時給:2227円
一件あたり売上:638円(クエスト含む)
一件あたり売上:431円(クエスト除く)
一時間あたり件数:3.49件

【11月】
平均時給:2531円
一件あたり売上:682円(クエスト含む)
一件あたり売上:427円(クエスト除く)
一時間あたり件数:3.71件

 これまではフルタイムでやることにあまり旨味が無かったが、12月に入って報酬体系が変わり、ピーク時間帯だけ稼働するやり方でも、フルタイムでやるやり方でも、どちらでも良い効率で稼げるようになった。

・準備すべきもの

 自転車かバイク。一長一短だが、自転車のほうが圧倒的に多い。docomoのレンタル電動自転車(通称赤チャリ)は月額4000円だが、数が少なかったりバッテリー残量がなかったりで、場所によっては使える自転車を探すのが大変。
 バッグはかなり大きいので、中で商品が倒れてこぼれたりしないようにうまくスペースを埋めるような緩衝材なり梱包材なりが必要(僕は100均の保冷バッグ2つと梱包材のプチプチを何枚か使用)。
 自転車やバイクにつけるスマホホルダーもほぼ必須。スマホの着脱が容易なものがよい。
 現金払いを受け付けるなら、釣り銭。
 雨の日も稼働するなら、レインコートやスマホの防水ケースなど。

・登録前に知っておいたほうがいいこと(紹介キャンペーン)

 現在ウーバーイーツでは新規配達員の紹介キャンペーンをやっていて、新規配達員を紹介すると紹介者に結構な額の紹介料が支払われる(金額は登録地による)。キャンペーン自体は紹介者のためのキャンペーンで、新規登録者には特にメリットはないが、紹介料の一部を登録者に(個人的に)キャッシュバックするということが広く行われている。(僕自身も同様にキャッシュバックを受けた)
 僕の招待コードを使ってもらえれば、東京なら70000円(紹介料は80000円)をキャッシュバックします。その他の地域も相応の金額をキャッシュバックします。招待コードをSNSで公開することは禁止されているので(サポートに確認済み)、detailsuber@gmail.comに空メールを送っていただければ、キャッシュバック受け取り手続きの詳細を返信します。

・新人クエストについて

 仕事を始めて1週間程度すると、「クエスト」(あるいは「インセ」)と呼ばれるボーナスがつくようになる。3日以内に何回配達で何円ボーナスという「日跨ぎクエスト」と呼ばれるクエストと、雨の日や週末など配達員の不足が予想される日につく「臨時クエスト」がある。一般の配達員の日跨ぎクエストはだいたい1配達100円から、回数の多いものだと300円程度であるのに対し、新人の場合は回数が少なくても1回当たり300円程度である。最初だけなので積極的にこなすべし。

・新規配達員はとにかく稼げる

 上記の紹介キャンペーンや新人クエストにより、最初はかなり高時給で働ける。たとえば、最初の50回について、基本収入とクエスト、紹介キャッシュバック70000円で、配達一件あたり2000円、一時間平均3件で時給6000円以上である。新人は優先的に鳴るという真偽不明の噂も含め、新規配達員はとにかく優遇されている。

・ゴールドパートナーについて

 2019年12月から新ゴールドパートナー制度のパイロットテストが始まり、収入面でもゴールドパートナーが優遇されるようになった。

EKsjaFbU4AASBi5a.jpg

 パイロットテストに参加していない人でも、新ゴールドパートナー制度が適用される場合がある。一か月ごとに審査で、直近3ヶ月で150回以上でスーパーゴールド、500回以上でメガゴールド。スーパーとメガの差はほとんどない。ゴールドになったほうがお得なので、初月で最低150回やる算段でいるとよい。


-------------------- 仕事開始後のTIPS ----------------------


・いつ稼働するのが稼ぎやすいか


 いつどこで注文の数が増えるのかを予測することはある程度できるが、自分以外に無数にいる配達員もそうした予測を織り込み済みで動くので(効率的市場仮説のようなもの)、自分に依頼(リクエスト)が来るかどうか(いわゆる「鳴る」かどうか)を予測することはかなり困難。ただ、大まかには平日より休日が鳴りやすく(ただし平日昼はオフィス街が吉)、昼食と夕食時も鳴りやすいので、一日二~三時間の人は休日やピーク時間帯に稼働すると効率的。
 その他、(1)都心と僻地。一長一短だが、やはり安定しているのは都心。(2)昼間と夜間。昼間はファストフードの近距離ドロップ、夜間は個人経営レストランなどの遠距離ドロップが増える傾向にある。

・保険について

 ウーバー業務中は賠償・傷害保険に自動的に加入。業務中とはリクエストを受けてから配達完了するまで。それ以外の待機時間は補償されない。僕は業務外の時間帯のためにau損保Bycle(ブロンズ)、月額340円に加入している。示談交渉サービスとロードサービスはついているが、弁護士特約はついていない(もらい事故の時に便利)。業務中の事故は補償されない。業務中まで自分の保険でカバーしたかったらBiSPA法人プラスなどがある。LINEや楽天にも格安の自転車保険があるが、ウーバーの待機中が「業務外」と見なされ、保険が適用されるか要確認。

・カロリー消費とハンガーノック対策

 ごく普通の自転車を普通のスピードで漕ぎ続けたとして、一時間あたり300~400kcalを消費する。ダイエットしたい人にはいいが、ハンガーノック対策は万全に。(僕は砂糖とクエン酸でエネルギードリンクを自作)

IMG_20190625_022152 (1)

・配達員のデータ

応答率・・・依頼が来た時に拒否せず引き受けた比率
キャンセル数(商品ピック前)・・・依頼を引き受けてから何らかの理由で商品ピック前にキャンセル
キャンセル数(商品ピック後)・・・依頼を引き受けてから何らかの理由で商品ピック後にキャンセル
評価・・・お店及び注文者からのGOOD評価の比率

 これらのデータが配車にどう関係しているかは明らかではない。ただし、ピック後のキャンセルと評価はゴールドパートナーの認定に関わる。また、キャンセル数が上がるとアカウント停止の可能性あり。特に商品ピック後のキャンセルは数回でアカウント停止の可能性あり。
 効率良く配達を続けるにはロングピックに対して拒否ボタンをうまく使うのも大事。ただし、応答率と配車の関係も不明。
 配達員に落ち度が無くてもBAD評価をもらうことは必ずある。お店の梱包の不備のせいで料理がこぼれて破損BAD、お店で待たされたことによる遅延BAD、理由の分からない謎BAD等々、いわゆる理不尽BAD。BADは運営に言っても覆らない。

・配車アルゴリズム

 基本的に配車アルゴリズムは明かされていない。確かなのは自転車登録者よりバイク登録者にロングピック・ロングドロップが割り振られやすい、ということくらい。

・雨の日

 天気予報の雨量に基づいて1配達当たり100円~300円程度のインセンティヴ(ボーナス)がつく。インセンティヴがついても、雨の日は配達員が減り、注文が増え、結果的に依頼は増える。配達員が少ないからかロングピックが多くなる。注文者さんから労いのGOOD評価をもらえる確率が高くなる(体感で晴れの日の2倍~3倍)。

・ダブルピック(二件同時配達)

 1つの依頼を受けた後、その商品をピックするまでに、同じお店から重ねてもう1つ別の依頼があることがある。ダブルピック(二件同時配達)と呼ばれる。配達員は2つの商品を受け取って、それぞれ別の場所に届ける。2つの届け先は互いに近いこともあれば、お店から見て真逆のこともある。どちらを先に運ぶかはAIが決める。後になったほうの届け先は、配達予定時刻から大幅に遅延するが、注文者が支払う配達料は変わらない。したがって、事情がよくわからない注文者からは遅延によるBAD評価をもらう確率が高くなる。
 ダブルピックを受けるか否かは、配達員が決められる。よく鳴っているときや雨の日はあえてダブルピックを受けないほうが注文者さんに迷惑をかけずに済み、したがってBAD評価のリスクも抑えられる。
 新人さんで1件ずつ落ち着いてやりたいという人は、1つ依頼を受けた後に「依頼の受付を停止する」ボタンを押しておくとダブルが鳴って混乱することはない。

・ネット速度

 スマホのインターネット通信速度によって依頼が多くなったり少なくなったりということは聞かない。自分のデータ通信(楽天モバイル)は普段1Mbps、12:00-13:00と18:00-19:00は300kbpsだが、特に不利になった覚えはない。300kbpsの時はピック完了を押してすぐにマップ上の配達先のピンが立たない、という現象があるくらい。

・ゴールドパートナー

 毎月、直近三ヶ月のデータに基づき、幾つかの条件を満たすとゴールドパートナー(GOLD、SUPER GOLD、MEGA GOLD)として認定される。クーポン券がもらえたりなどする。ゴールドパートナーであることによる配車上のアドバンテージは特に明示されていないが、より条件のいいクエストが提供される。

・ウーバーイーツ必勝法

 事故を起こさないこと。





category: UberEats
cm: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ