寝太郎ブログ

106mm煙突と120mm煙突でなんちゃって二重煙突  


ホームセンターで売ってる106mmの煙突と120mmの煙突を重ねて、なんちゃって二重煙突にしました。(あと、長さも135cm長くしました)

20201128194621d04.jpg

施工は120の端をペンチで内側に折り込んでから重ねただけです。空気層を作っただけで、特に断熱材等は入れていません。

2020112819434038d.jpg

外に出してあった薪ストーブはまた室内に入れました。

202011281943441aa.jpg

ずっと、薪ストーブが変だったんですよね。吸い込みがあまりに弱い。一酸化炭素アラームが鳴る。煙が煙突の接続部から漏れてくる。

自分が下手くそになったのかなー、とか、薪の問題かな、とか、部屋が狭いからかなとか、いろいろ考えてたのですが、どうも納得がいかない。だって、薪ストーブなんてテントだって使うから。

で、薪ストーブ専門店へ行って、状況説明して、助言を乞うたんです。色々教えてもらったけれど、大きく二点。ストーブ自体は極論すればどれでも同じ。どんなに密閉性が高いストーブでも吸気がうまく行ってなければ危険性は変わらない。そして、とにかく煙突が大事。極端に言えば、煙突がちゃんと機能しているときは、煙突に10cmくらいの穴を開けても全く煙は漏れないらしい。

話を聞いて、もう一度煙突をイチからやり直そうと思った。長さは4.5m以上という目安があるらしいが、さすがに小さな小屋で4.5mは大変なので、少し伸ばして3.5mほどに。外に出ている部分にはひと回り大きい120mmを被せて、二重煙突にしよう。

それで、まず煙突をバラそうとしたのだけど、ふと気になって、煙突トップがついたままの状態で下から覗いてみた。そうしたら、真っ暗。一筋の光も見えない。なにか詰まってるのかなと思ってよく見てみたら、なんと煙突の直管が煙突トップの頂上まで突き刺さって、穴を塞いでいる。

20201128194625084.jpg

20201128220009209.png

これだったのかー、原因は。

直管もトップも同じメーカーのはずなんだけどな…??

せっかくなので、施工は続行、長くして、しかも二重にしました。

そしたらまあ、吸い込む吸い込む。吸気が素晴らしすぎて薪一本ずつ燃やせるからね…。

もちろん一酸化炭素アラームなんて鳴らない。

ようやく家が完成した、という感じです。

20201128202831295.jpg







category: セルフビルド、DIY

コメント


こんばんは

寝太郎様、お元気ですか?

>なんと煙突の直管が煙突トップの頂上まで突き刺さって、穴を塞いでいる。

煙突の管がグサッと煙突の頭の上まで刺さって、管の側面が頭の穴を…ですよね?
えぇぇっ!? そもそも、あれは頭の部分の天辺まで刺さるものなんですか!?

気付かなかったら、寝太郎様が永眠太郎様に…不謹慎で すみませんm(_ _)m
ともかく、御無事で何よりです。

エム #- | URL
2020/11/28 21:46 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ