寝太郎ブログ

インターネットがない  


インターネットがない。山梨に入ってから、甲府以外ほとんどの場所で繋がらない。どうやら自分の使っているスマホが古すぎて、楽天のパートナーエリアで電波をつかめないようだ。当然、小屋のあたりは完全にオフラインである。

初日の夜はどうしようかと思った。一瞬、甲府まで出てネットカフェでも使おうかとさえ思った(ちょうど次の日に甲府でフードデリバリーをやってみようと思っていたし)。

自分がオフラインだったからと言って誰も何も困ることはないのだが、ネットがないと少し不安なのだ。そもそも僕が東京に居を構えた理由の一つが、救急車を呼んだらすぐに来てくれるだろうと思ったからである。冗談みたいな話だが、僕がアパートを契約した頃はそのくらい精神的に不安定だった。

しかし、多少、変な夢をみたりしたものの、なにごともなく小屋の夜は明けた。眩しい朝日を浴びながら間抜けなあくびをした。

僕はもう、大丈夫なのかもしれない。多分もう、東京にいる必要もないのかもしれない。

それで、しばらくオフラインで生活してみたら、これがまた快適である。

誇張無しで言うなら、世界が美しく見える。

インターネット的な視点の特徴は、超越性である。超越というのは、物事から一歩退いて俯瞰して見ることである。あらゆる知識や情報、体験を一挙並列に並べて、その前に座って、全てのものがone of them、簡単に超越的な視点を取れる。超越性は、集合知にはもってこいである。

しかし、超越性に埋もれてしまうと、実存的な視点や感性は失われる。実存は、乱暴に言うなら、「わたし」が「いま」「ここ」に現に生きていることを出発点とする。「わたし」以外の人、「いま」以外の時、「ここ」以外の場所と比べられることが無い。実存は、「わたし」が「わたし」の人生で出会ってきたもの、出会ってきた場所がすべてである。「わたし」が「わたし」の文脈で美しいと感じたものは、美しい。

僕は僕の見ている美しい雑木林が、何の変哲もない平凡な雑木林であることを知っている。僕の小屋から見渡せる雑木林が実存的に言って美しいという事実は、インターネットには似つかわしくない。

だから僕はいつも、ブログをはじめコンテンツの発信は「実存のお裾分け」だと言っている。明確に役に立つ情報以外の発信は、お裾分けに過ぎない。野菜が採れすぎたら、色形の良いものをいくつか見繕って、ざるに載せて他の人に持っていくのだ。

もちろんこのことは、インターネットだけの問題ではない。その人の持って生まれた性格や、年齢(悲しい哉、これが最も重要)、生きてきた過程、他の趣味嗜好なども大いに関係してくる。

実存と超越、僕はどちらが重要だとか、どちらが人間の本質だとか、○○主義だとか、そういうことは思わない。実存の極限には生があって、超越の極限には死がある。その二極で全く分裂して矛盾しているのが人間だと思う。

小屋は相変わらず静かで、何もなくて、ホッとする。「これだけお金のかかる贅沢な部屋に住んでるのだから、その代わりに何か生産的なことをしろよ」という圧がない。

今回、緊急事態宣言があって、一応県を跨いでの移動は避けるということで、約三か月ぶりの山梨行となった。律儀に守りすぎたかもしれない。一回目の延長はまだしも、二回目の延長はきつかった。小屋に帰れないとなると、なぜか自転車でフードデリバリーすることが増える。なにか同じものを発散させているような気がする。

IMG_20210323_085450.jpg




category: ■未分類

コメント


僕も雲南は大理を目指してチェンマイで中国語の個人レッスンを少し受けてから行きましたが 中国はドミトリーもタイのゲストハウスの個室以上の値段で 元々ドミは引きこもりなので無理だったのでホテルに宿泊したのですが雲南大学の個室でさえも高くて長期には旅行できなかったです。結局 クンミン ジンホン ダーリーの3箇所しか行けなかったです。
ダーリーは長期滞在しやすいと聞いたのですが残念でした。
その点 ドミに強い寝太郎さんは雲南も自由自在に旅できるんだと思います。

雲南とミャンマーの国境ですが当時は国境の網の柵のこじ開けられた部分から自由に出入りして ミャンマー側の国境の街に入れたようです。
ミャンマーの国境の街は旅館が非常に安いし食べ物は美味しいので長期滞在には最適です。仮に警察にバレても中国側に追い出されるだけです。

ミャンマー人の人柄は仏教道徳の影響のせいか実直で誠実で親切な人たちでした。
今は内戦なので早く治まってほしいです。
以前の内戦は「ランボー最後の戦場」の光景よりも もっと酷いそうです。
ミャンマーの民主化は当初 外部からの圧力と国内では民主と軍部の妥協で成立だったので 今の惨事は当初から予想できたはずです。
またミャンマー経済は昔から中国の輸入品に頼って経済を安定させていたので当然 中国抜きには かたれませんでした。
早く平静で安全なミャンマーに戻ってほしいです。


安曇 #- | URL
2021/05/03 14:45 | edit



2畳の部屋は よほど整理整頓ができないと大変な気がします。
僕も北海道の山奥の寮で3畳の部屋というのを4ヶ月だけ経験したのですが ロフトがあって 荷物はそこに置けて外の気温がマイナス20度だったので暖房は快適だったのですが
小さな冷蔵庫と小さなテーブルと豪華なチェアーがあって そういう物があると邪魔でした。
寝たろうさんの2畳生活は想像に絶します。

安曇 #- | URL
2021/05/01 08:58 | edit



こんばんは

竹行灯、素敵すぎます。竹を手にして作るのが行灯…いいですね!!
「生産性」が低く、「効率的」でもなく、理屈抜きに綺麗という点が最高!

エム #- | URL
2021/04/30 00:37 | edit



連続投稿です。
寝たろうさんが新著書の発表をされたので うてしくなって発売が待ち遠しいです。

僕の予想では ウーバーイーツの話と東南アジアの旅ー特にチェンマイーのお話ではないかと今からワクワクしています。

今年は 新著でベストセラー そして何かの賞をお取りになり いよいよテレビなんかにも引っ張りダコになるのだと思います。

これは 僕の妄想では決してないです。
寝たろうさんの真の実績実力ですね。

安曇 #- | URL
2021/04/29 11:30 | edit



精神疾患のお話が出てきましたが これについては 自分の自覚とか家族の申し出とかがあって医者が何らかの方法で精神疾患の病名を決めるのだと思います。
精神疾患は複数同居していると思われる疾患もあるので 診断書には主の病名と従の病名 身体的に他の病気があれば それを記入する欄があります。
僕自身 精神疾患でメンタルヘルスクリニックに通院しているのですが
主の病名は検査で明確についたのですが 主の病名では薬がでないので従の病名もつけてもらいました。
従の病名をつけるとき 医者は何の病名にすると僕に尋ねたので これにしますと回答したら その病名を記載してくれました。

今は 精神疾患の病気についてハマってしまって一日中図書館で その分野の本を読み漁っていて 毎日飽きないです。

この分野は かなり面白いと自分は思います。大学院の方も論文提出だけなので これについて書けばいいかもとか妄想を巡らせてます。

寝太郎さんも理科二類だったのだから この分野に進めば今ごろは学会の重鎮になっていたと思います。

安曇 #- | URL
2021/04/29 10:18 | edit



今年あたり 寝太郎さんの新著が発売されるんじゃあないのかなあって
期待しています。
今回の書籍のタイトルはなんでしょうか?

安曇 #- | URL
2021/04/28 12:14 | edit



こんばんは

YouTube、拝見しました。
前よりも聴き易いですマイクを御使いだからですね。
実直で落ち着いた声を御持ちだなぁ…と、しみじみ思いました。

都会の方が孤独だと仰るのは、よく解ります。
高層ビル群の下の混み合う交差点を突っ切り、雑踏を歩く。
そういう時に感じる孤独は、誰と一緒にいても気が遠くなるほど圧倒的です。

エム #- | URL
2021/04/27 00:20 | edit



結局 僕は最初がバリ島を火切りに 東南アジアは18年の間 暮らしていたので 日本に帰国したときは浦島太郎でした。
当時は 半年日本 半年タイ滞在みたいな人たちが多かったので 今の寝たろうさんの旅行の仕方のほうが良いと思います。
特に日本が冬の時期はタイはお天気が良くベストシーズンで爽やかな季節ですよね。
チェンマイ 僕も最初は チェンマイに住もうと強く切望していたのですが 当時 お風呂屋さんが2000円とちょっとで毎日通って散財してしまったのでメーサイに逃れました。でもメーサイでも遊ぶところがあり過ぎて散財しました。

チェンマイを題材にしたタイ映画は沢山ありますが 北タイまで範囲を広げて 数年前の 「すれ違いのダイアリーズ」は日本のレンタルビデオ屋さんにもあり なかなか面白いです。チェンマイも舞台として出てきます。

また再びチェンマイに寝たろうさんが行って旅の報告をしてくれて このブログを一層面白くしてくれるのを願ってます。

寝たろうさんは とても男前なのでタイの女のコにはモテると思うのですが 現地では30歳差でタイ人と結婚している日本人男性もいるので寝たろうさんも50くらいで結婚されてタイで いずれは暮せば良いですよ。

安曇 #- | URL
2021/04/21 13:29 | edit



こんばんは

寝太郎様、動画を拝見しております。連続でアップしてくださって嬉しいです。
仕事に就こうと思われなかったと伺い、「そりゃそうだろう!」と笑ってしまいました。
「現役を退いて余生を静かに小屋で過ごす元殺し屋」というのも面白いと思いますが、
本当は、まだ現役で殺し続けておいでですよね、時間を。

エム #- | URL
2021/04/20 22:31 | edit



寝たろうさんの好きなチェンマイは僕も好きでしたが ちょっとお金使いすぎるので ずっと昔のメーサイは長く滞在してました。
ラオスは寝たろうさんはラオスのルアンプラパーンが好きなんですね。昔のタイ映画で グッドモーニング・ルアンプラパーンというのがあって ルアンプラパーンのことは それでしか知りません。
ミャンマーは どこの街が好きなんですか?
僕も合計でミャンマーで一年くらい暮らしたことがあります。ミャンマー人が凄く誠実で親切なので良かったです。
今は自分の家の周りが凄く便利になってしまって家に ずっといます。
ラオスもミャンマーもカンボジアもマレーシアもタイ語が通じるところしか行きませんでした。インドネシアは英語が通じたしネパールは日本語が通じたし。

このWiFiも隣のお店の電波が家の中まで飛んでくるのでネットは やり放題で良いです。

安曇 #- | URL
2021/04/20 20:31 | edit



動画の「裏での苦労」を拝見しました。
動画やブログ記事になっていない裏の部分、特に何のイベントもない日常の部分についてはこちらで勝手に想像してしまってごめんなさい。誰でもそういう時間の方が圧倒的に多いと思うのですが、私はむしろそちらを見てみたいです。

特に寝太郎さんの家族について。3作目の著書にはご家族について情報がありましたが、現在はどの程度の距離感なのか?
例えば、東京で大学に通うにしても、バイトをするにしても、アパート借りるにしても「保証人」が必要ですから、親とはある程度の関係は保たなきゃいけないと思うのですが、どうしているのでしょうか?

動画のコメントでの返信も嬉しいのですが、昔のようにブログのコメントにも返信してもらえたらありがたいです。

No Name #- | URL
2021/04/20 12:11 | edit



久しぶりに来たら色々やってますね
寝太郎さんは結構影響力ありますよ2chにスレが立つくらいですから
僕が寝太郎さんを知ったのは10年以上前に株板のcisスレで
面白いが奴いるってここのブログが貼られたのを見たのがきっかけです
僕は小屋暮らしは無理なので田舎の中古住宅を買い時々いって遊んでます

No Name #mQop/nM. | URL
2021/04/19 15:21 | edit



YouTubeの新しい動画を拝見しました。視聴者のコメントに対する動画投稿者のコメントを動画にしたんですね。「あなたは雑ですね」の動画に対してフォローのようなコメントがたくさんあってちょっと気持ち悪かったです(ごめんなさい)

特にやりたいことがないなら何もせずただ生活だけしてればいいと思いますが、なぜか社会(学校や会社や地域社会)では何かやりなさい、何かやりましょうって言われること多いですね。他人を気にする人が多いのかな?

No Name #- | URL
2021/04/17 12:21 | edit



動画を見ました。
寝太郎さんは こんな声してたのか?とか
巷で言われているほどに本当に男前だった。とか
ニュースキャスターとか映画俳優の道に進んだ方がいいんじゃないのかとか。思える動画です。
寝たろうさんは引きこもりのような雰囲気を受けたのですが全然イメージと違って普通の人でした。
僕は引きこもりなので仲間だと思っていたのですが間違えでした。

僕は諏訪の家で引きこもりの生活をしていますが
寝たろうさんが山梨に帰っているので近所の人のようで嬉しいです。
水道も電気もない最貧の生活をしていますが トイレは自分の家の裏にあるお店のトイレを勝手におかりしてます。

寝たろうさんからは いつも生活の知恵を教えてもらって嬉しいです。

安曇 #- | URL
2021/04/17 10:42 | edit



こんばんは

お久しぶりです。御元気ですか?

ツイッターを拝見したら、タラの芽をとられてしまったそうですね。
昔から「タラの芽がある所は親でも教えない」と伝える土地もあるくらい、
タラの芽は貴重で美味な食材として珍重されているそうです。
だから、タラの芽を見つけたら即、収穫!というのが当然らしいです。
…山の民の生活も世知辛いですね。

これから山菜の季節なので、ワラビ、ゼンマイ、ツクシ、スカンポ等々、
いろいろ手に入ると思いますから、呑気に御待ちになってください。
これを見つけましたので、どうぞ↓
http://www9.wind.ne.jp/matu-ko/sansai.htm

エム #- | URL
2021/04/13 02:04 | edit



この写真の、葉のない雑木林の明るい感じがいいなぁと思います。
夏の葉の茂った緑の雑木林も、涼しそうでいいなぁと思います。
樹木の、その場にいながらにして、
おのれを大きくするシステムが、本当によくできてるなぁと、
秋の落葉のころに思います。
(この葉はこの木の栄養にもなるんだなぁと。)

うまく言えませんが、
この平凡な雑木林は、とてもいい感じにうつってます。





コメツブ #- | URL
2021/03/29 00:00 | edit



こんばんは

寝太郎様、お久しぶりです。やっと更新してくださったのですね!
ブログの更新を今か今かと、毎日、必ず見にきていました。

>だから僕はいつも、ブログをはじめコンテンツの発信は
>「実存のお裾分け」だと言っている。
>明確に役に立つ情報以外の発信は、お裾分けに過ぎない。
>野菜が採れすぎたら、色形の良いものをいくつか見繕って、
>ざるに載せて他の人に持っていくのだ。

「お裾分け」ではなく「お福分け」をいただいていると、私は思っています。
寝太郎様がいつも凄く大量に収穫しておいでの美味しい時間や光景を、
ほんの一口でいいから分けて欲しくて、私はこちらに伺うのですから。

エム #- | URL
2021/03/28 01:50 | edit



>僕はもう、大丈夫なのかもしれない。多分もう、東京にいる必要もないのかもしれない。

以前AERAのインタビューでは「小屋にいると逃げ場がない」とおっしゃっていたので、必要なくても保険として東京も保留しておくといいかも。相模川沿いの土地と違って維持費はかかるでしょうが。
フードデリバリーも一番美味しい時期は過ぎたのでしょう。年金受給まで稼がなくていいくらいは貯金もできたのでは?

人生ですることやしたいことがなくなったら、あとは猫のようにただ生きるだけですね。私は残りの寿命と引き換えにもう一度学生時代を送ってみたいと妄想して日々を過ごしています。

No Name #- | URL
2021/03/26 12:56 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ